レインボーシックス シージ: 闘会議2018「PS4版国内最強チーム決定戦」優勝チーム“RiZE”は非ガチクラン?まったりインタビュー

レインボーシックス シージ: 闘会議2018「PS4版国内最強チーム決定戦」優勝チーム“RiZE”は非ガチクラン?まったりインタビュー

2月10日、2月11日に幕張メッセで開催された「闘会議2018」で『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』“PS4版国内最強チーム決定戦”が行われました。決勝戦、SengokuGaming MPK対RiZEの模様と優勝チームRiZEのインタビューの様子をお伝えします。

決勝戦、SengokuGaming MPK対RiZE

1stマップ「クラブハウス」ではオフライン大会に慣れているMPKが5-1で勝利。RiZEはMPKのtaigayume選手のモンターニュに苦戦していた様子ですが、2ndマップ「海岸線」ではMPKのマッチポイント4-3からRiZEが延長戦に持ち込み勢いをつけます。

このラウンド勝利で2ndマップを延長戦に持ち込み勢いをつけたRiZE

3rdマップ「国境」では両者ラウンドを取り合いながらのシーソーゲームでしたが、笑顔の絶えないRiZEがそのまま流れに乗って勝利。国内最強チームの座を掴みました。

優勝の瞬間

試合のアーカイブはJCGチャンネルで確認できます。

レインボーシックス シージ PS4版 国内最強チーム決定戦 闘会議オフラインファイナル

RiZEメンバー紹介

クランリーダー インタビュー応答は主にDebukan選手@xExceI__

@RIIPAceDKUMA

@SpeakEqsy

@AA_Megyumin

@GYsk25

優勝チーム「RiZE」インタビュー

シージ国内最強
記者:よろしくお願いします。優勝した感想はいかがですか?

Debukan選手:不安要素はありましたが、とにかく勝てて良かったです。

記者:2ndマップの海岸線で一気に盛り返していましたが、気持ちを切り替えたり何か対策はありましたか?

Debukan選手:なんかもう・・・あんまり記憶がないですね(笑)

記者:相手のRED_BARON選手をマークしようといった…。

Debukan選手:特にそういうのは無いです。

記者:最後は集中力の戦いになったと思いますが、普段から長時間の練習をしていましたか?

Debukan選手:いや・・・、特には。いつもテキトーに合わせてやってるだけなんで。(笑) そんなにガチガチのクランではないです。
SpeakEqsy選手:毎日4~5時間くらいは普通にやるかなと。やってる時間はそこまででは。

記者:毎日4~5時間は決して長くない感覚ですか?

megmin選手:俺はそんなにやってない(笑)
Debukan選手:こっちらへん(SpeakEqsy選手、RIIP選手)は時間があれば、寝る時間も捨ててやりますけど(笑)
megmin選手:俺がやってないから(笑)
Debukan選手:ここは、すぐ寝ちゃうんで。

記者:相手のチームで印象に残っている選手と、その理由を教えてください。

Debukan選手:taigayume選手ですね。めんどくさいところですね!(笑) ちょっかいかけてくるところがイヤです。
一同:

記者:これからの新シーズン対しての期待などはありますか?

Debukan選手:なんとなくでこのゲームやってるんで・・・(笑)

記者アウトブレイクなどについてはなにかありますか?

Debukan選手:え?何それ?
megmin選手:(新しいオペレーターとか)
Debukan選手:ああ・・・期待してます!(笑)

記者:予選と今日の大会までの間にパッチが入って弱体化などもありましたが、作戦に影響はありましたか?

Debukan選手:え、あったの?
megmin選手、NinNin選手:あんまりしてないですね。

記者:たくさんの観客が来ていましたが、熱気はブースの中にも伝わってましたか?

Debukan選手:画面に集中していたので見えてないです(笑) 終わった後は観客席を見たりしました。

記者:ちなみに音が聞こえにくかったりしましたか?

Debukan選手:ちょっと環境がいつもと違うので、ノイズが入ったりすることはありました。

記者:さきほど、優勝賞金はDebukan選手がPC移行に使うと言っていましたね。

Debukan選手:実際はAKRacingか、DXRACERの5万くらいするゲーミングチェアを買います。
記者:クラマスだけで使う?
Debukan選手:そうですね(即答)
他メンバー:おい(笑)ふざけんな(笑)

記者:女性オペレーターの中で彼女にするなら誰でしょうか?理由も教えてください。

NinNin選手:ELA。かわいいから(笑)
megmin選手:CAVEIRAです。よく使うからですね。
Debukan選手:Ash。理由はかわいいから。
SpeakEqsy選手:ぼくもAshですね。今日もAshピックしかしてなくて、いつもいる感じがするのでもうAsh一択ですね。
RIIP選手:ぼくはHIBANAですね。ずっと使ってきてますし。

記者:これからプロライセンスも誕生して、もっともっと盛り上がっていくと思いますが、まだプレイしたことのない人にシージの面白さを伝えてください。

Debukan選手:工夫したり、作戦立てたり、みんなで協力して合わせたりするのが楽しいです。

記者:プレイしていてケンカすることはありますか?

Debukan選手:今のメンバーではあんまりないですね。前はちょっと問題ありましたが(笑)

記者:今後の目標はありますか?

Debukan選手:メンバーを変えずに、また次の大会でも優勝を目指して、これからも続けていきたいです。

記者:(優勝)トロフィーはどちらに飾りますか?

Debukan選手:モニターの横?いつも見えるように。それかテレビの横。親に「俺優勝したんだぜ」って。

記者:(ゲームやり放題の)免罪符になりますもんね

一同:

会場の熱気はすさまじく、2015年にリリースされた『レインボーシックス シージ』ながら今後も益々の盛り上がりと人気の高さが伝わる大会でした。その大舞台で優勝を勝ち取った「RiZE」の皆さんは本当に仲が良くて、「楽しくやっていたらここまで来ちゃいました」という雰囲気で取材も和やかでした。ここまでの実力がありながら「ガチガチのクランじゃないんで」と言ってしまう彼らの今後の活躍にも注目です。

シージ コスプレ
すっかり恒例で年々豪華になるシージコスプレ
シージコスプレ
もちろんタチャンカの中身は「加齢た声」氏

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。