E3 2018:アクティビジョンは今年もブース出展、 『CoD 2018』や『Destiny 2』大規模拡張を発表か

E3 2018:アクティビジョンは今年もブース出展、 『CoD 2018』や『Destiny 2』大規模拡張を発表か

海外フォーラムのユーザーが、現地時間の6月12日から6月14にて開催される「E3 2018」の暫定フロアプランをイベント会社の出展者マニュアルから発見。2016年にはブース出展を行わず、2017年からブース出展を再開したアクティビジョンの存在が確認されました。

Activision ブース確認

ベセスダ、バンダイナムコ、UBI、スクエア・エニックスも確認
ソニーや任天堂も大規模ブースを出展

アクティビジョンのブースですが、昨年のE3 2017では『CoD:WWII』と『Destiny 2』がメインで出展されており、一昨年は自身のブースではなくソニーのブースにて『CoD:IW』が出展されていました。

マイクロソフトは大幅縮小

他にも印象的なのはマイクロソフトのブース規模が昨年とくらべてかなり縮小されており、10分の1以下の規模となっていること。深刻なタイトル不足を報じられたこともあり、その影響があるのかでしょうか。マイクロソフトのゲーミングにおけるエグゼクティブ・バイス・プレジデントに抜擢されたフィル・スペンサー氏の戦略がそこにはある匂いもします。Electronic Artsの独自イベントEA Playも思い起こされます。

今年のE3ではTreyarchが開発を担当する2018年版『CoD』に加え、『Destiny 2』の大規模拡張の発表が期待されています。もちろん毎年恒例となっているリーク合戦も予想されるので、続報にご期待ください。

Source: Charlie Intel

コメント0
CATEGORY :