WoT 祝砲 新時代の祝砲を鳴らせ!!

R6S: プロリーグS7第2週オペレーター使用率ランキング公開、LION・YING・GLAZがトレンド

R6S: プロリーグS7第2週オペレーター使用率ランキング公開、LION・YING・GLAZがトレンド

Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のプロリーグSeason7 が各地域で開幕しました。LION(ライオン)、FINKA(フィンカ)の新オペレーターを含むピック率が公開されていますが、第1週のLION+BLITZ旋風が早くも終わりを迎えたようです。

Year2 ⇒ Year3 で必須オペレーターに大波乱

前シーズンの世界大会「Invitational 2018」でのピック率ランキングは先日お伝えした通りですが、今シーズンのアップデートで、ELA(エラ)再びの弱体化、BLITZ(ブリッツ)強化に加え、ウォールハックができるLION(ライオン)が登場したことによりゲームが一変しました。

プロリーグSeason7第1週:ピック率の高いオペレーターTOP5(全101ラウンド)

「Invitational 2018」対比

ELAが姿を消しLIONとBLITZの猛攻が多く見られる中、対抗策としてようやくMUTEの使用率が上がった第1週でした。なお詳細は「Siege.GG」のツイートから確認できます。

プロリーグSeason7第2週 オペレーター別使用率ランキング

集計対象はNA、LATAM、EUで行われたプロリーグSeason7第2週の全107ラウンド。全体では防衛ラウンドの勝率が47%、攻撃では53%となり二週連続で攻撃優位が続いています。

ピック率の高いオペレーターTOP5

ピック率中堅オペレーター(6~10位)

あまりピックされなかったオペレーターたち


ELA、TWITCHの転落ぶりに心が痛みます。LIONで足止めできる分、BLACKBEARDもいらない子に・・・。新オペレーターのFINKAも当初の強さのままだったら状況は違ったかもしれません。

プロリーグSeason7第1週との対比

BLITZ凸戦法は一気に下火へ。YINGとGLAZのスモーク+カンデラ攻撃中にディフューザー設置、さらにLIONを起動して動きを封じるシーンが多く見られました。先日の日本の大会でもBLITZやLIONが猛威を振るっていましたが、対抗策でどのように戦略が変化していくか注目です。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: SiegeGG.com

コメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 虫

    インのカンデラ起動音好き

  2. By gm

    Lionは弱体化したところでどうせ強いからもう無くせ

  3. By DOGE

    プロリーグの試合でインさんがオレゴン地下の落とし戸にカンデラポイポイ投げて設置に行ってたのを何度も見ましたねえ

  4. By M7I7K7U

    なんでやFINKA強いやろ

    • By アステル

      どの辺りが強いと思うの?

  5. By コリュタ

    ブリッツのパック率下がったのなぜ

  6. By 鼎鬮

    ライオン起動させられたら設置中の敵に近づけん、さすがにこれは壊れてるから修正くるだろうな

  7. By K san

    罠系が使えるオペレーターが多い今だからサッチャーはもっと使うべきだと思うけど伸びないな

    • By ポジ

      恐らく、罠に気がつけるからpick率が低いのではないでしょうか?

    • By pepper

      でも結局リージョン以外はドローンで気づくしなあ 必要性が上がったような変わんないような

コメントする