R6S: 世界大会でのオペレーター使用率ランキング公開、新シーズンでは早くもLIONが必須に

R6S: 世界大会でのオペレーター使用率ランキング公開、新シーズンでは早くもLIONが必須に

日本時間3月14日からイヤーパス所有者以外にも新オペレーターが解禁された『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ですが、前シーズンの世界大会「Invitational 2018」予選を含む試合でのオペレーターピック率や生存率、勝敗数が公開されました。

全オペレーター別戦績

集計対象は「Invitational」のオンライン予選と本選、及びAPAC代表決定オフライン大会。全体では防衛ラウンドの勝率が52%、攻撃では48%と防衛優位となっています。

ピック率の高いオペレーターTOP5

防衛側はほぼ固定ともいえるこの5人。攻撃側はHIBANAが文字通り必須オペに。

ピック率中堅オペレーター(6~13位)

TWITCHのショックドローン弱体化が響いた?
攻守ともに電子系ガジェットが多いシーズンながらも有効なMUTEやIQはそれほど使われていない

ピック率ワースト5 オペレーター

BLITZ強化によるピックBANもあり得る・・・?

なお、つい先日から始まった北米でのプロリーグ予選初日では全35ラウンドのうち、新オペレーターのLIONのピック率が100%、ELAは5.71%(35ラウンド中2ラウンド)、Caveiraは2.86%(35ラウンド中1ラウンド)と早速大きな変化を見せています。本選が始まれば新ルールの「ピックBANシステム」ではLIONがBAN対象にされる可能性が高そうです。

ELA弱体化でのピック率激減と新オペレーター2人の活躍やいかに。

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: SiegeGG.com

RECOMMEND