Destiny 2: クルーシブルのテストプレイヤーになれる「クルーシブル研究室」開催中

Destiny 2: クルーシブルのテストプレイヤーになれる「クルーシブル研究室」開催中

Destiny 2(デスティニー 2)』のクルーシブルのテスト版をプレイできる「クルーシブル研究室」がひっそりと開催されています。

クルーシブル研究室とは

パッチ1.2.1で実装され、本日5月31日から開催されたばかりのクルーシブル研究室。これは現在開発中の新ルールや、既存のルールに変更をくわえたプレイリストをユーザーにプレイしてもらい、フィードバックをうけてより改良していくことを目的とした、いわゆるPTRサーバーのことです。

今回のクルーシブル研究室は、従来の2vs2から4vs4にかわったダブルのようなラウンド制のルール「ショーダウン」のテストが実施されています。

プレイしてみた感想や要望はこちらの掲示板から書き込んでください。

Destiny 2: クルーシブルのテストプレイヤーになれる「クルーシブル研究室」が開催中
研究室をプレイするにはすみっこにひっそりとあるロゴを選択

サンドボックス調整のテストはなし

残念なことに、クルーシブル研究室ではサンドボックス調整のテストは現時点では行う予定はないとのことです。 その理由をサンドボックスデザインリーダーのJosh Hamrick氏が説明しています。

  • サンドボックスのテストも行いたいがそれが不可能な理由が2つある
  • 1つ目は時間。 現在サンドボックスは大型の調整作業中な点 (その成果は近日公開)
  • 2つ目は技術的な問題。 小さいサンドボックスの変更ならうまくいけばテストできるかもしれないが、ほとんどのサンドボックス関連の調整はゲーム全体に影響をきたし、クルーシブル研究室内だけに収めておけないため

以上のことから、現在のクルーシブル研究室ではサンドボックスの調整を実装するのは難しいようです。

一方で、PvPデザインリーダーのDerek Carroll氏も未来はわからないと前置きしつつ、「サンドボックス調整のテストについての意見はBungieにしっかり届いている。クルーシブル研究室の目的(サンドボックスではなくクルーシブルのテスト)を明確にするつもりだが、最終的にはプレイヤーが何を望んでいるかが重要」と回答し、いつかBungieがサンドボックスのテストも可能な研究室の実装をできるかもしれないという希望を残しています。

なお、クルーシブル研究室は期日は不明ですが期間限定の開催となっており、突然消えるかもしれないので興味がある人は一度はプレイしてみるといいかもしれません。 報酬はありませんが招集命令の進捗には加算されます。

『Destiny 2』は絶賛発売中で、対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Twitter ( @_mantis_, @Josh_Hamrick), Bungie