Destiny 2:アップデート2.0.0不具合まとめ 「コインの3」廃止、サンショットの想定以上の弱体化、PC版のリコイルが異常化など

Destiny 2:アップデート2.0.0不具合まとめ 「コインの3」廃止、サンショットの想定以上の弱体化、PC版のリコイルが異常化など

昨日、2年目拡張コンテンツ「孤独と影」に向けて大規模なアップデートが実装された『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、大型アップデートには開発の目を逃れた不具合が付き物です。その中にはサンショットなどが想定より弱くなってしまう炸裂弾、PC版ではハンドキャノンのリコイルペナルティが消えない、「孤独と影」の装備がドロップするなど多岐に渡ります。 当記事では日本時間2018年8月30日の時点でBungieが把握している既知の不具合リストをまとめました。

アップデート2.0、既知の不具合

  • 炸裂弾
    • 炸裂弾(爆発ペイロードなど)が想定よりも与ダメージが低い問題を調査中
  • シュトゥルムの媒体
    • アップデート2.0.0から媒体が進展しない問題を調査中
  • ゲームプレイのサンドボックス
    • PC版でハンドキャノンのリコイル、エイムの構えが正しくキャンセルされないといったゲームプレイのサンドボックスに影響のある問題を調査中
  • 装備のマスターワーク化
    • マスターワーク化に必要なマスターワークのコアの数は9月5日に配信されるアップデート2.0.0.1で大幅に変更
  • 融合の経済
    • アップデート2.0.0で融合の仕組みが変更されたが、9月5日に配信されるアップデート2.0.0.1で再び変更
  • 英雄ストライクの進捗
    • 英雄ストライクが関係するオブジェクトを所有しているプレイヤーは、2.0.0.1が配信されるまで進行できない
  • 経験値バーに変化しない
    • アクティビティの完了や敵を倒しても経験値バーが進まないという報告があるが、これは表示上のバグで、レベルアップ報酬は従来どおりにもらえる
  • 「孤独と影」のアイテムがドロップ
    • 想定よりも早く「孤独と影」のアイテムがドロップしている問題を認識
  • ケイド6のスパイシーラーメンクエスト
    • ケイド6のスパイシーラーメンクエストのマイルストーンがまだあるプレイヤーは、ラーメン屋がクーポンを配布しなくなったので完了できない
  • 防具の光レベル
    • 『Destiny 2』本編と拡張コンテンツ第一段階「オシリスの呪い」のみ所有しているプレイヤーは、「孤独と影」ローンチ後に「夏季の宴」防具を他の防具に融合できない
  • シュールの「コインの3」
    • アップデート2.0.0以降、シュールは消費アイテム「コインの3」を販売しなくなる。「コインの3」は「孤独と影」のローンチ後にレジェンダリーのかけらに分解できる
  • ハントの追跡
    • アップデート2.0.0から「孤独と影」ローンチまで、ハントを選択すると「一度に4つのアイテムしか追跡できません」というエラーでる
  • 武器の改造パーツ
    • アップデート2.0.0以降、エキゾチック武器は1年目の改造パーツによるパワー+5の効果を消失する。他のすべての武器や防具は「孤独と影」のローンチに合わせて1年目のレジェンダリー改造パーツによるパワー+5の効果を消失する
  • 保管庫の表示
    • アップデート2.0.0から「孤独と影」ローンチまで、保管庫に多数のアイテムを預けているとアイテムや説明文が正しく表示されないことがある
  • トランスマット効果のプレビュー
    • アップデート2.0.0以降、トランスマット効果の詳細を見ても以前のようにキャラクターが降りてくる動作をしない
  • トロフィー「使者の裁き」
    • アップデート2.0.0以降、ナインの試練は休止される。休止期間中は”使者の裁き”トロフィーを解禁できなくなる。これによりPlayStation 4プレイヤーは、プラチナトロフィーを取得できなくなる。ナインの試練の続報があるまでニュースページをご確認あれ
  • スロット変更とポストマスター
    • アップデート2.0.0以降、武器スロットが変更され、弾薬別に武器をスロットに振り分けしなくなった。フュージョンライフル、単発式グレネードランチャー、ショットガン、それにスナイパーライフルはパワーウェポンのスロットだけではなくなった。キネティックウェポンはメインスロットに入り、属性武器は特殊スロットに移行した。この変更により、特定のスロットがあふれてしまい武器がポストマスターに移される場合がある。この際、ポストマスターに空きがないとあふれたアイテムが消失してしまうのでポストマスターの掃除を推奨した
  • パーク「トリプルタップ」
    • 「トリプルタップ」は「孤独と影」の9月5日のローンチまで、予備弾倉から弾薬を引き出す。「孤独と影」のローンチ後は直接マガジンに弾薬が追加される
  • パーク「群れの縮小」
    • ファイティング・ライオンのパーク「群れの縮小」の説明文が、エネルギーウェポン弾をドロップするという以前の動作を誤表記している。アップデート2.0.0以降は、このパークはメイン弾をドロップする
  • パーク「ブリングヒート」
    • エキゾチック防具「アシェン・ウェイク」のパーク「ブリングヒート」には、”フュージョングレネードが直撃した場合、グレネードのエネルギーがチャージされる”といった誤った情報が表示されている。「アシェン・ウェイク」にこのような追加パークを付与されず、説明文は後日に訂正
  • 火種の進捗状況
    • アップデート2.0.0以降、火種のクエストを依頼したベンダーから進行状況のパーセントを確認すると、数値が1%のままと誤った表示がされる。この問題は、「孤独と影」のローンチとあわせて修正予定
  • ナイトフォールのスコア
    • アップデート2.0.0から「孤独と影」ローンチまで、ナイトフォールのスコアシステムが無効化

これまで非常に優秀だったエキゾチック武器「サンショット」が、炸裂弾の威力低下の影響により極端な弱体化を受けてしまいました。同レート帯のハンドキャノンはクルーシブルではヘッドショット3発でキルできるのに、サンショットだけ4発必要になります。同じく同レート帯よりヘッドショットが1発多くなってしまったエキゾチック武器の「スカイバーナーの誓い」も炸裂弾の影響を受けています。

PC版限定ですが、各武器のリコイルがおかしくなっています。Bungieの発表ではハンドキャノンのみとなっていますが、分かりづらいだけでこのバグは全ての武器が当てはまります。 このバグは1発目のリコイルペナルティが2発目以降も解除されないという代物です。現在は1発目の後にインベントリを開くことで解消されますが、死亡するとやり直しになります。 バグが修正されるまでの暫定的な対処法としてご利用ください。 なお、このバグは上記のサンショットにも適用されているせいでますますサンショットが悲惨なことになっています。

「コインの3」は効果があるのか疑わしいレベルでしたが、それでもエキゾチック入手のチャンスが減るのは地味に痛い仕様変更です。 なお、現時点で入手できるエキゾチック防具はどれも2年目仕様となっており従来のエキゾチックパークの他にランダムパークが付与されていますので、レイドの宝箱などは積極的に開けていきましょう。

その他に、孤独と影に合わせてゲーム内のコントラストが異常なほどに上がっています。 前作『Destiny』でもフィルム映画のザラザラとした砂嵐効果がゲームに適用されるというバグがありましたが、この変更についてBungieは見解を示していないので、何らかの発表があり次第お伝えします。

関連記事: Destiny 2:大規模アップデート2.0パッチノート公開、ケイド6がタワーを去る

『Destiny 2』は絶賛発売中で、2年目大型コンテンツ「孤独と影」は日本時間9月5日にリリース。対応機種はPlayStation 4/Xbox One/PC。

Source: Bungie