BFV:ローンチ後に登場する演習場、LMG「Vickers K」、新マップ「Panzerstorm」のプレビュー映像公開

BFV:ローンチ後に登場する演習場、LMG「Vickers K」、新マップ「Panzerstorm」のプレビュー映像公開

DICEは『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の開発者トーク最新版を公開。ローンチ後に行う無料コンテンツ配信サービス「タイド・オブ・ウォー」にて登場する演習場、新武器「Vickers K」、新マップ「Panzerstorm」のプレビュー映像を公開しました。

無料配信サービス「タイド・オブ・ウォー」

BF5:バトルロイヤル「FireStorm」は

『BFV』では既報の通りPremium Passが廃止され、無料でアップデートやイベントが開催される配信サービス「タイド・オブ・ウォー」が導入されます。ローンチから約2週間後に開始されるチャプター1「序曲」ではマップ「Panzerstorm」、シングルプレイヤー「大戦の書」の新章「最後の虎」、演習場(初期バージョン)が追加されます。

BF5:「Tides of War」での壮大なコンテンツ追加予定発表、新マップ・演習場・協力モード・バトロワなどすべて無料

マップ「Panzerstorm」

ベルギーを舞台にしたマップ「Panzerstorm」はその名の通り戦車戦が楽しめるマップ。各チームにビークルスロットが7台割り当てられます。

演習場

演習場では武器やビークルの練習が可能。特に今作ではランダム拡散が廃止されており、前作をプレイした人でも慣れが必要です。デフォルトではフレンドリーファイアはオフですが、オンにする方法もあることが示唆されています。

新武器「Vickers K」

チャプター1「序曲」ではライトマシンガン「Vickers K」も登場。かなり高めの連射速度を誇り、制圧射撃に役立ちそうです。

この他にも「タイド・オブ・ウォー」についての情報が以下で公開されています。

Battlefield V Dev Talks: Tides of War – The Road Ahead

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC