CWLロンドン:100 Thievesが初優勝し約1,400万円獲得、オープン大会は日本とも対戦したMindfreakが逆転優勝

CWLロンドン:100 Thievesが初優勝し約1,400万円獲得、オープン大会は日本とも対戦したMindfreakが逆転優勝

Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の公式大会「CoD World League London(CWLロンドン)」が日本時間5月3日から開催。100 Thievesが優勝し、賞金125,000ドル(約1,400万円)を獲得しました。

グランドファイナル:100 Thieves 3-1 eUnited

  • ハードポイント(Hacienda):250-176
  • サーチ・アンド・デストロイ(Gridlock):1-6
  • コントロール(Gridlock):3-0
  • ハードポイント(Gridlock):250-238

100 ThievesはグランドファイナルにてeUnitedと対戦。ウィナーズブラケット第1試合での対戦では100Tが勝っていますが、eUnitedは3日目の3試合で1マップも落としておらず乗りに乗った状態でした。最初のハードポイントは初手でリードを奪った100Tがそのままキープし勝利。

しかしeUnitedも負けじと返します。以下は前回大会でも活躍した若き天才Simp選手の3枚抜き。

続くコントロールは100Tがストレートで取り、2-1で迎えたハードポイント。お互い全く譲らず互角の戦いとなりますが、先に次の拠点を確保した100Tが勝利しました。

今シーズンから「CWL」プロリーグへ再参入した100 Thieves。シーズン序盤はCS新人賞のKenny選手が大不調でしたが、アサルトライフルへロール変更するとその才能を存分に発揮します。「CWLフォートワース」ではルーザーズブラケットから巻き返しを図りますが、Priestahh選手が体調不良になり大逆転は叶わず。3度目の挑戦で初めてトロフィーを手にしました。

MVP:Octane選手

MVPを獲得したのはOctane選手。SnDには課題を残したものの、リスポーン有りのゲームモードでは無類の強さを発揮しました。

  • ハードポイントK/D:1.41
  • サーチ・アンド・デストロイK/D:0.69
  • コントロールK/D:1.25
  • リスポーン有でのK/D:1.39(1位)
  • DPM:481(1位)

順位および賞金

  1. 100 Thieves – 125,000ドル
  2. eUnited – 80,000ドル
  3. OpTic Gaming – 50,000ドル
  4. Team Envy – 25,000ドル
  5. Gen.G – 15,000ドル
  6. Heretics – 15,000ドル
  7. Luminosity – 7,500ドル
  8. Reciprocity – 7,500ドル

オープン大会はMindfreakが逆転優勝、日本チーム同士の対決も

CWL_London_2019_

  • 第1試合:Mindfreak 3-0 Kairos Esports
    • ハードポイント(Friquency):250-216
    • サーチ・アンド・デストロイ(Hacienda):6-2
    • コントロール(Seaside):3-0
  • 第2試合:Mindfreak 3-0 Kairos Esports
    • ハードポイント(Hacienda):250-81
    • サーチ・アンド・デストロイ(Payload):6-2
    • コントロール(Seaside):3-1

同時に開催されたオープン大会では、大会開催地となる地元イギリスのチームKairos EsportsとオーストラリアのMindfreakが対戦。Mindfreakはトーナメントで1敗しているため2連続で勝利しなくてはならなかったのですが、そんな不利な状況を物ともせず終わってみれば6-0の完勝。エキシビションマッチでは日本チームを全く寄せ付けなかったMindfreak、豪州最強の貫禄を見せつけました。

日本からはLibalent VertexRush Gamingが出場しましたが、それぞれベスト48、ベスト32で終了。少しずつではありますが着実に順位を上げています。ルーザーズ第4試合では不運にも日本チーム同士で戦うことに。CWL史上初の日本チーム同士の対決はLibalentに軍配が上がりました。

また地域を日本からオーストラリアに変更して臨んだSCARZはベスト24という結果に。オーストラリアのチームという点に戸惑う人もいるかもしれませんが、APAC地域全体の『CoD』eスポーツを盛り上げるためにもぜひ応援しましょう!

CWLプロリーグは来週14日より再開。CWLアナハイムは6月15日、CWLファイナルは7月20日(いずれも日本時間)より開催されます。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そうだぞTDM民

  2. By 匿名

    こういう大会やeスポーツの流れでマルチもスポーツよりの調整になってるけど、どうも馴染めんな俺が時代に取り残されてるのだろうか

    • By 匿名

      お前が普段ノンオブジェクティブでLMG握ってるからやぞ

コメントする