CoD:BO5(仮):2020年の『Call of Duty』にもジェットパックは登場せず、理由はBO3でのトラウマ?

CoD:BO5(仮):2020年の『Call of Duty』にもジェットパックは登場せず、理由はBO3でのトラウマ?

通例であればSledgehammer Gamesが担当するところを、Treyarchが開発を担当し『Call of Duty: Black Ops 5(コール オブ デューティ ブラックオプス 5)』となることが噂されている2020年版『CoD』ですが、開発者がTwitterにて次回作にもスーパージャンプなどが可能になるジェットパックが登場しないことを明言。わずかではありますが次回作に関するヒントをほのめかしました。

Vahn氏はジェットパックの復活を強く否定

登場したのはTreyarchのデザインディレクターであるDavid “Vahn” Vonderhaar氏。ファンからの「次のCoDにはジェットパックを導入した方が良いよ」という投稿に対して、Vahn氏はシンプルに「NO」と返答。

さらに別のファンから「ジェットパックはCoDを復活させる」と冗談めいたコメントを受けると、Vahn氏は「記憶力がないね」と切り出し、ジェットパック時代(CoD:BO3)へのファンからの反応がトラウマとなりPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えていると冗談混じりに続けました。

氏は同じツイートでファンが「私を最も高い枝からつるし上げた」とまで発言しており、『CoD:BO3』での反響に相当ショックを受けていたことも強調しています。

2020年の『Call of Duty』タイトル

[速報] CoD:BO5:2020年版CoDは『コール オブ デューティ ブラックオプス 5』、混乱の中で開発が Treyarch に変更されたと海外メディア報じる

CoD:BO5(仮):Treyarchが「2020年に次世代のAAAタイトルを届ける」エンジニアを募集、2020年版CoDの開発はやはりTreyarchか

現時点では2020年の『Call of Duty』に関する公式情報はなく、海外メディアが独自に入手したリーク情報などをもとに下記の情報が噂されています。

  • リードスタジオはTreyarchに
  • Sledgehammer GamesとRaven Softwareはサポートスタジオとして参戦
  • シングルプレイヤーキャンペーンが復活
  • 冷戦が舞台となる(おそらくベトナム)

なお、ゲームエンジンは『CoD:MW』にて刷新されたエンジンが使用されることが予想され、そのエンジンが2020年の年末商戦期に発売されるPlayStationの次世代機「PlayStation 5(PS5)」に加え、2020年末に発売されるXboxの次世代機「Xbox Series X」にも対応していることから、現世代機と次世代機をまたぐタイトルとなることも予想されています。

新作の『CoD:MW』が発売から3ヶ月目に突入したところではありますが、通年のパターンでは具体的なリーク情報が出始めるのが1月から3月にかけて、正式発表は4月から5月にかけてとなるので、今にも新情報が飛び出してもおかしくありません。今後の続報にご期待ください。

COMMENTS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    せっかく開発が3つあるんだから分けるかズラしたらいいのにね

    インフィニティ「近未来にするわ」
    トレイアーク「じゃあ俺も!」
    スレッジハンマー「そして私も!」

  2. By 匿名

    バッタCoD楽しいが、出たら出たでマウサー達の心がぴょんぴょんするのが目に見える。
    AW・BO3・IWと一応マッチング出来て(ほぼTDM)遊べなくは無いから、それで充分という見方もある。けどDOM等オブジェクトルール重点となると新作のぴょんぴょんに期待するしかない。

  3. By 匿名

    BO3はピョンピョンCoDの中では一番よかったと思うけどね
    でもやっぱりピョンピョンしない方が楽しいわな

  4. By 匿名

    BO新作は毎年冷戦が舞台とかリークしてるな

  5. By 匿名

    同じエンジン使ってMWみたいな虹6+BF+COD÷3みたいなものになるなら流石に見限るわ。後コンバーターマウサーなんとかしろ。

  6. By 匿名

    今度こそ!?今度こそ!!!頼むぞ!!!!

    ちな受験生なんだけどなw

コメントする

*