BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など

BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など

ソロモン諸島が実装されてから3週間目、チームデスマッチのピックアップがやっと『Battlefield V(バトルフィールド 5)』にやってきました。毎週Redditに投稿されるEA DICE公式「今週のBFV」第7号を交えて、BFVのニュースをまとめていきます。

今週のテーマは太平洋チームデスマッチ

太平洋の島々を巡ってコンクエストを繰り広げていた先週から一転、今週は戦線を縮めてTDM(チームデスマッチ)がメインモードとなりました。Solomon IslandsのTDMがピックアップされたのは今回が初です。

BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など

チームデスマッチというと『BF』シリーズからかけ離れた印象を受けるものですが、シンプルに撃ち勝つことだけを考えながら、絶えず敵を求めて走り回るプレイスタイルは独特の面白さがあるものです。『BFV』ではガンプレイが大きく改善されているのもあり、「銃撃戦の楽しさ」は間違いなくシリーズ中で最も作り込まれていると言えるでしょう。

太平洋マップはさらに全てのマップにピックアップである火炎放射器と刀が配置されているのが大きな特徴。コンクエストやブレイクスルーでは戦術的な理由から手を付けづらいこれらのピックアップ武器も、キルだけを考えるTDMでは使い放題です。

BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など
▲太平洋TDMは狭い地形も多いため、普段と比べると火炎放射器が活躍しやすい。一面を火の海にして暴れまわろう。

狭い通路で敵と正面切ってぶつかり合うか、もしくは迷宮のようなジャングルを抜けて敵の裏を突くか。視界の悪さと起伏の大きい地形が緊迫感に拍車をかけるSolomon Islandsのチームデスマッチを、心ゆくまで楽しんでみませんか?

報酬スキン「キャストアウェイ」

BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など

ToW(タイド・オブ・ウォー)の報酬は先週の日本兵スキン「砕け波」と対になる米軍用のコモンスキンセット「キャストアウェイ」。難破の遭難者という意味を持つ英単語ですが、タンクトップにベルトポーチ以外は何も持っていない、名が体を表す潔いスキンとなっています。

ToWの内容はキルや蘇生、与ダメージに集中したもので、全てのモードで達成が可能ですが、試合がキルデスに集中することとなるTDMではより簡単に終わらせることができるでしょう。特に上ルートは火炎放射器を応用すれば、TDM1試合で終了させることも可能なラインアップとなっております。火炎放射チャレンジのつもりでToW一筆書きを試してみるのも面白いでしょう。

  • ToW・上ルート
    • 3回敵をキルするか味方を蘇生する
    • 炎、格闘、銃剣で1,000ダメージを与える
    • 死なずに敵を5人キルする
    • ライフ5,000ポイント分味方を治療するか敵にダメージを与える
  • ToW・下ルート
    • 3回敵をキルするか味方を蘇生する
    • 15回、分隊員を蘇生するか分隊員に蘇生される
    • 分隊としてダブルキルを15回達成する
    • ライフ5,000ポイント分味方を治療するか敵にダメージを与える

BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など

「太平洋の戦い」ローテーションはチャプター6中続く!

今週の公式報道では、ついで感覚で気になる情報がサラッと公開されました。「太平洋の戦い」プレイリストが、チャプター6「ジャングルの中へ」の最中は常設モードとして実装され続けると発表されています。というのも今更な話ですが、このモードは本来は『BFV』の常設モードではなく、5.0「太平洋の戦い」実装時の最初の週間に限定された期間限定プレイリストの1つだったからです。

BFV:「今週のBFV」2020年第7号・今週はチームデスマッチ / 太平洋プレイリストはチャプター6中は常設 / 6.2情報は来週公開など
▲もともとは期間限定モードだったはずが、いつの間にかなじんでいた。

Pacific StormとIwo Jimaのコンクエストとブレイクスルーの合計4マップを含む期間限定のプレイリストだった「太平洋の戦い」は大盛況で、当時のコミュニティの期間延長の嘆願から「しばらくは実装を続行する」と発表されました。そうしているうちにWake IslandやSolomon Islandsなど新マップが実装され、「太平洋の戦い」もそれら新マップを順当に吸収しながらなんの違和感もなくプレイリストに居座っていたのです。

では、このタイミングで改めて実装期限を発表した理由はなんでしょうか?まずBraddock氏の過去数週間に渡るコミュニティとのQ&Aを参考すると、『BFV』のライブサービスに関するあらゆる意思決定はDICEの上層スタッフたちの会議の元になされている事がわかっています。今回の発表も裏を返すと、DICEの上層部がチャプター6中は太平洋戦争をメインテーマとすることを決定したと受け取る事ができるでしょう。さらに一歩踏み込めば、以下の推測ができます:

  • チャプター6の新規実装コンテンツは引き続き太平洋戦争
  • チャプター7(想定は5月頃)のメインコンテンツは別の戦線となる事が確定

期間限定モードやToWミッションが、DICEにとってバランス調整用のデータ収集として使用されている側面を考えると、チャプター7以降は太平洋マップを調整するつもりがない(=大きく力を入れることがない)という可能性にも行き着きます。これは上記推測を裏付けています。

その他

2月21日の金曜に、DICEが慈善組織SpecialEffect主催のチャリティー放送イベントに参加し、8時間に渡るプレイ放送を行いました。

DICEが21日夜9時からチャリティー放送を実施、BFVやSWBF2の制作秘話が語られる?

身体障害を抱える人にゲームの楽しみを届けるための募金活動で、最終的な募金額は3,055英ポンド(約440,000円)となったそうです。

放送ではEAコミュニティマネジャーのAdam Freeman氏が司会をつとめ、DICE所属の開発スタッフが入れ代わり立ち代わり『BFV』や『SWBF2』といった自社ゲームや、『Apex』に『Overwatch』などの他社ゲームを遊びつつ、制作秘話やゲームへの情熱を語っていきました。

放送タイムシフト(英語)DICEのTwitchチャンネル

おまけのQ&A

Braddock512:EAコミュニティマネジャーのJeff氏。浮上率がますます減っているので、その分口外できない動きが開発内で発生しているのではと推測されている。

Q:開発はもう6.2のパッチノートを執筆したんだって?どうだった?

Braddock512:来週のいずれかのタイミングでAdam君がプレビューを公開すると思うよ。期待させすぎるのも悪いから多くは言えないけど、結構長くて内容も多岐にわたるパッチノートだった。

Q:『BFV』の任務システムの改善については話されていないかな?4つしか設定出来なかったり、試合を抜けないと再設定出来なかったり、いろいろと不便なんだ。

Braddock512:大きなフラストレーションになっているというのは、開発も認識している。開発内でもいろいろな提案が上がっているし、私も皆からの提案を逐一報告しているんだけど、具体的にどうにかしようっていうのは残念ながらまだ聞いていないんだ。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

2,950円(04/08 09:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENTS

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    gua bi

  2. By 匿名

    MWやってたらチーターに出会って萎えて、BFやってもチーターに出会って萎えて、しょうがないからPS4のBFやってる。

    BFや他のゲームにしても、PCゲームはもうチーターだらけで駄目やね。

  3. By RedBull

    航空機がウザすぎて楽しくない

  4. By 匿名

    コメント7個あるはずなのに1個しか表示されないとか検閲ひどすぎませんかね?

  5. By 匿名

    銃撃戦が楽しいとかちょっと理解できない…記事書いた奴BFvやってないだろwwそれか試製で暴れてるだけの脳なし回遊魚かな?銃撃戦なんて今の環境じゃおもしろくねぇわ、そんなんするぐらいならダメ安定しなくても刺突爆雷でタンクに特攻する方が100倍楽しいわww

    • By 匿名

      「銃撃戦が楽しい」は拡散値廃止とかシステム面の事を言ってるんだろ
      BTKに修正が入る事が分かってるのに現環境だけの話をする意味とは?

  6. By 匿名

    この記事を書いている記者はBFVの惨状(チート跋扈)を分かっているのですかね?

    • By Jeff

      割とBFVを巡るチート関連(販路、需要、なぜ根絶できないのか、どうして根絶が難しいのか、アンチチート技術の有効性、etc.)について私以上に理解度が高い人はそうそう居ないんじゃないかという自負があるぐらいには、BF1の頃から研究を重ねています。

      いつか記事化しようとは思っています。

  7. By 匿名

    パッチ遅すぎます

  8. By 匿名

    さっきも遊んでてチ一タ一で萎え落ちしたし、DICEはBFを存続させる気があるのか疑問になってくるわ

  9. By 匿名

    PC版ユーザーだけど流石にチの者が多すぎて辞めた

  10. By 匿名

    お得意の『まだ言えない』『開発担当にまだ聞いてない』
    ほんと連携取れなさすぎじゃないか

コメントする

*