レインボーシックス シージ:Clashがまたもゲームから除外、新たな盾グリッチ発覚で

レインボーシックス シージ:Clashがまたもゲームから除外、新たな盾グリッチ発覚で

Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』にてまたしても盾グリッチが発覚し、Clashが一時的に使用不可となっています。

悲劇は繰り返す

昨年2019年にも、複数回に渡ってグリッチにより一時的な使用不可となっていた盾持ちの防衛オペレーターClash。またもや運営が意図しない不正行為が蔓延し、現地時間2月20日からゲーム内で使用不可となっています。UbisoftはこのことについてTwitterredditなどで発表しており、問題が解決するまではClashをゲームに戻さないとのことです。

今回のグリッチ詳細

今回のグリッチは、Clashの見た目上は盾を構えておらず射撃可能なのにも関わらず、銃弾の当たり判定が限られているというものです。ランクマッチではそもそもClashがBan対象となる場合が多いので、このグリッチに遭遇しなかったというプレイヤーも少なからずいるのではないでしょうか。

レインボーシックス シージ:新たな盾グリッチが発覚し、またもやClashがゲームから除外
グリッチ使用者の視点。ADS状態だとかなり視界を盾に奪われる模様

Clashはパーティーで使用すれば戦術の幅が広がる面白いオペレーターなので、いち早い復活を期待したいところです(戻ってきたところでBanされるのでしょうが…)。

簡易アンケート

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

コメントする

*