エーペックスレジェンズ:PS4版「データ初期化バグ」原因特定、復旧作業へ

エーペックスレジェンズ:PS4版「データ初期化バグ」原因特定、復旧作業へ

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではシーズン8「メイヘム」スプリット2が進行中。しかし現在はデータが初期化されるというエラーが世界のサーバーで報告されており、Respawenが対処中。問題を特定するまでに至ったようです。

原因を特定し復旧へ

日本時間4月6日より世界のエーペックスプレイヤーが、ゲームを起動するとプレイヤーデータが初期化されていたという報告をあげており、開発を手がけるRespawnはこの問題の調査を行うとツイートしていました。

それから半日ほど経ち、Respawmは原因となっている問題を特定できたようです。

Respawn公式Twitter:データベース・シャードに生じていた問題を特定し、これがPS4版プレイヤーに起きていた直近の進行バグの原因になっていると考えています。切断の原因と思われるこのシャードからプレイヤーを移動させていきます。

Respawn公式Twitter:影響を与えているこのデータベース・シャードにデータが含まれているプレイヤーに向けて、日本時間4月6日の午前3時からの進行分を回復し、バックアップを行っていきます。

復旧の目処が立ち、またプレイヤーデータにはバックアップもあるということで、これまで集めたアイテムがすべて消滅する最悪の展開は避けられそうです。リプ欄では人々の感謝のコメントの他、「詫びパックをくれ」といった余裕も感じられています。プレイヤーにとって致命的とも言える今回の騒動がいち早く解決することを願います。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: Pressrelease

コメントする

*