エーペックスレジェンズ:新常設モード「アリーナ」 新マップで本格3対3/戦略性重視/ランク戦実装予定/開発秘話 など

エーペックスレジェンズ:新常設モード「アリーナ」 新マップで本格3対3/戦略性重視/ランク戦実装予定/開発秘話 など

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ではいよいよ現地時間5月4日より新シーズン「英雄の軌跡」がスタートします。今回はエーペックス初の新規恒常モード「アリーナ」について、詳しい仕様を紹介していきます。

本格対戦モード「アリーナ」

エーペックスレジェンズ:シーズン9「英雄の軌跡」

現地時間5月4日から始まる新シーズン「英雄の軌跡」では、バトルロイヤルゲームの『Apex Legends』に新たなプレイスタイルのモード「アリーナ」が実装されます。『Titanfall 2』時代から続くいにしえのガントレットのひとつで、地下闘技場的なイベントとしてパイロットの間で伝わっていました。バトルロイヤルであるエーペックスゲームの前身である「アリーナは」、3対3の3点先取試合で、試合開始前の購入フェーズがあるのが特徴です。

「アリーナ」モードでのゲームの流れ

エーペックスレジェンズ:シーズン9「英雄の軌跡」
  • アリーナマッチ開始
    • 3対3のマッチングを行ったら、まずバトルロイヤルモードと同じくレジェンド選択を行う
    • バトロワと同様に部隊メンバーと敵部隊が順番に表示される
    • レジェンドはその試合を通して変更できない
  • 購入フェーズ(購入メニュー)開始
    • 購入フェーズは30秒で、カウントダウン終了後にマッチ開始
    • スキル・アビリティ、消耗品となる回復系と投げ物、バックパック、武器を購入できる
    • 最初の所持素材(マテリアル)は550個
    • アイテム購入に必要な素材集:アークスターは100、シールドバッテリーは150、ハボック350、マスティフやボルトは500、EVA8は250、R-99は550、P2020やモザンビークは0で購入できる
    • 消耗品は前ラウンドから持ち越せずリセットされるが、アビリティは持ち越し可能
    • ラウンド数に応じたマテリアルが配布されるので、購入画面を開き武器、消耗品および戦術アビリティとウルトを購入していく
    • 武器カテゴリは「ピストル、ショットガン、SMG」「アサルトライフル、LMG」「マークスマン、スナイパー」
    • マークスマンにはG7スカウト、30-30リピーター、ロングボウDMR、センチネル、ボセックコンパウンドボウ、チャージライフルが含まれる
    • 「次のエアドロップ武器」としてケアパッケージの武器3種が表示されるので、それを見てから武器を購入するのもアリ
    • 「次のエアドロップ武器」はラウンド1がレアリティ青(レア)で、ラウンドが進むごとに豪華になり最終的にはすべて金(レジェンダリー)になる
    • チームメイトが何の武器を購入したか表示される(敵チームの選んだ武器は見えない)
    • 弾薬は武器購入時についてくる。かなり数が多く、残弾を心配する必要は基本ない
    • 戦術アビリティとウルトには所持上限が存在する上に、ウルトは購入できるラウンドが限られている
    • 武器をアップグレードすることもでき、その際にスコープを武器のレアリティ以下のものから自由に選べる
    • 使用しなかったマテリアルは次ラウンドに持ち越せるほか、ラウンド中のキルや抽出デバイスの使用でも獲得できる
    • アーマーとヘルメットは購入不要で、ラウンド数にごとに白(コモン)、青、紫(スーパーレア)と自動で強化される(ラウンド3以降は全員すべて紫)
    • 購入フェーズを抜けると全体マップを確認できる
    • 一度抜けても「購入メニュー」に戻ることができる
    • ラウンド終了後には加算される素材は「前回ラウンドの余剰」「ラウンドボーナス」(800や1500など)、「キルボーナス」(75?)やマップ内での「抽出」(200)の4種
  • ラウンド制バトル開始
    • 購入画面を速く抜ければマップに入れるが、カウントダウン中はマップにバリアがあり敵陣へ進むことはできない
    • マップ両端からスタートし、お互いの動向を探りながら交戦
    • バトルロイヤルモード同様、一定時間ごとにリングが縮まっていく
    • 「イベントチャレンジ」の表示も
    • マップ上に回復アイテムが入ったサプライボックスが配置されているほか、ケアパッケージも投下される
    • デスした敵はデスボックスにはならず、アイテムがそのまま地面にばら撒かれるのでアイテム回収は迅速に行える
    • ノックダウンシールドはラウンドが進んでも白しかない模様
    • 片方のチームの3名が先にダウンしたらラウンド終了、次ラウンドに移行し、購入フェーズからスタートする
    • 3点先取したチームが勝利だが、ラウンド差が1の場合はタイブレーカーモード、タイブレーカーが続いたらサドンデスモードに移行する
    • 勝利時には「エモート」ボタンが表示される
  • その他
    • 誰もダウンせずに勝利すると「完勝」と表示され、アナウンスのアッシュが「完璧なチームワークによる攻撃でした」とほめてくれるなど、いくつかのパターンがある模様
    • ラウンド開始前に「一気に行くぞ(ランパート)」や、ラウンド後の勝敗によりチームメイトが叱責したり励ましてくれる(敗北時に「おーい相手が勝っちまうぞ!(ランパート)」など)

アリーナ専用マップ – Party Crasher

エーペックスレジェンズ:シーズン9「英雄の軌跡」

ミラージュの船がダウンタウンプラザに墜落した現場が、そのまま闘技場に転用されました。プラザの町並みやミラージュボヤージュ号の残骸が立体的な遮蔽を作り出していて、地形を頼った戦いが多くなるでしょう。

アリーナ専用マップ – Phase Runner

エーペックスレジェンズ:シーズン9「英雄の軌跡」

オリンパスの山頂に隠された実験エリアです。開いた地形が多く、戦闘テンポがやや遅くなることが予想されますが、マップの片側にはプロトタイプのフェーズランナーが。両チームとも使用したら、ラウンド開始即接敵というハイペースな戦闘になるでしょう。

アリーナは細部までこだわりぬいて作られた – アリーナ開発秘話

プレビューイベントでは、Respawnの開発スタッフによるさまざまな開発秘話も語られました。

  • 開発を開始したのは2019年9月
    • 最初は24人参加のトーナメントモードだった。キングスキャニオンの砲台を流用し、4つの分割されたエリアで8チームがそれぞれ同時に3対3バトル。ラウンドごとに敗者が淘汰され、最後の一組になるまで試合が行われた
    • ドロップアイテムもマップ上にばら撒かれており、通常のバトルロイヤルと同じく、まず装備を漁ってからの交戦だった
    • 色々と未完成だったが、とりあえず他のチームに妨害される心配のない3対3は最高に楽しかった
    • バトルロイヤルとは違うけど、また別ベクトルでの競技性を求めてブラッシュアップを続けた
    • 『Titanfall 2』の対戦モードとはルーツは似ているが、どちらかというと『Apex』のシステムで面白い3対3を作ることに集中した
  • 試合人数を6人に変更
    • バトルロイヤルは相手が変わり続けるので、長期的な戦術の構築が楽しめない
    • 3対3の3点先取試合なら、試合前半は軽くあたって、後半の得点に向けて戦術を組み立てるという駆け引きが生まれる
    • 全く同じ相手と数ラウンド連続して戦うことになるので、試合中にいかに成長していくかが勝利の鍵
  • マップ上のアイテムをほとんど削除
    • 戦術やプレイスキルを競うモードなら、運要素はなるべく減らすべきだと感じた
    • ラウンド開始時に所持金から、仲間や相手の状態に応じて自由に装備を購入する形に
  • キャラクターのアビリティもショップシステムに移行
    • 個性豊かなアビリティは『Apex』の肝で、バトルロイヤル・アリーナ両モードでの性能を統一したかった
    • アリーナモード専用仕様を避けるために、ショップでの購入コストという形でバランスを調整
  • ラウンド移行時に装備品を全部ロストする仕様
    • プレイ想定時間が15分と短いので、勝者が装備をキープできた場合、1ラウンド目に勝つだけで雪だるま式に勝ち続ける可能性があった
    • 試合ごとに装備品はすべてリセットされるが、配布される所持金が増える。節約して後半ラウンドに持ち越すという駆け引きも生まれた
  • アリーナ専用マップの開発
    • もともとはバトルロイヤルモードのマップを流用していたが、ブラッシュアップするうちに専用マップがあったほうが良いと気がついた
    • 最初は小さめのマップや、レーンが区切られたマップを試したが、上手く行かなかった
    • 反応的な戦闘になりやすく、ゲームテンポも早すぎて、またブラッドハウンドのスキャンなどのアビリティが強力になりすぎた
    • 両方のチームがお互いを視認し、接近しながらフォーメーションを整えて接敵する、バトルロイヤルの戦闘テンポを再現したかった
    • このように予測的な戦闘は、戦術を整えてからぶつかる余裕も生まれ、『Apex』の今までのコア体験にも合っていた

『Apex Legends』に3対3モードが実装されると聞くと、オマケ的なサブモードなのかなという印象を抱きがちですが、Respawnスタッフのスタンスを見るにそんなことは全然なく、真面目に『Apex』のゲームプレイを支える柱の一本としてアリーナを開発してきたことが伺えます

プレイテスト中も確かに、『Apex』のコア体験を残しながらも、横槍などのアクシデントを全く考えず、目先の相手だけに集中できる環境はとても楽しいものでした。バトルロイヤルというプレイスタイルを敬遠していた方でも、アリーナから『Apex』を楽しむことができるのではないでしょうか。将来的にはALGSのような専用トーナメントを開催することも視野に入れているそうですが、今はひとまず「英雄の軌跡」アップデートが待ち遠しいです。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin) / Xbox One

Source: Pressrelease

コメント

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    “戦術やプレイスキルを競うモードなら、運要素はなるべく減らすべきだと感じた”ここの文章ヤバいでしょ
    apexのバトロワは運要素で競ってるって言ってる様なもんでしょ
    このゲームで食ってるプロは戦術やプレイスキルではなく運要素で勝ててますって競技性もクソもないわ

  2. By 匿名

    エリア縮小はランダムなのでしょうか?

コメントする

*