レインボーシックス シージ:ランクマッチの”電話番号登録”義務化へ、イヤー7シーズン1より

レインボーシックス シージ:ランクマッチの”電話番号登録”義務化へ、イヤー7シーズン1より

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン4「オペレーション・ハイキャリバー」が進行中。日本時間1月25日にはシージ公式より新たな発表があり、次回イヤー7シーズン1からはランクマッチへの参加に電話番号の登録が必要となるそうです。

電話番号登録が義務化へ

北米のシージ公式Twitterから、現地時間1月26日にアップデートが行われ、Elaのショットガン(FO12)弱体化などを含むパッチY6S4.2がリリースされることが告知されています。

このツイートでは同時に、イヤー7に向けたアップデート作業も進行中であることが明かされており、その第一段階としてランクマッチへの参加に電話番号の登録が必要になるという点について説明されています。

ランクマッチへのアクセス認証

「以前のアンチチート・ステータス・アップデートで言及した私たちの次のステップは、各対戦モードに入るのに認証を追加するというものでした。

来シーズンの始めから、全プレイヤーはランクマッチに参加するのに、各自の電話番号をUbisoftアカウントとリンクすることが求められます

今回のセキュリティ措置には、チーターがBANされた後に再エントリーするのを遅らせ、同時にスマーフ(初心者狩り行為)を妨げようという意図があります。

アカウントのリンクは今すぐにできます:Ubisoft Connect→アカウント情報→復旧用の電話番号」

チーター撲滅に寄与するか

アカウント管理画面
電話番号登録が完了するとこのような画面になる

当該ツイートのリプ欄では「これはデカい」という喜びの声もある一方、「電話番号を登録するのは好きじゃないし、これは対症療法だ」というコメントも見られます。

今回の変更により、シージのランクマッチを妨害するチートアカウントの減少が期待されます。一方で電話番号登録によるセキュリティの向上効果については他のFPSタイトルでも議論になっており、たとえば『エーペックスレジェンズ』の開発者は以前のコミュニティ・インタビューの中で、こうした2段階認証は「皆さんが期待しているほど役には立たない」という見解を述べています。シージでは果たしてどの程度の効果が発揮されるのでしょうか。

チーターの戦いはさまざまなタイトルでいたちごっこが続いている現状ですが、2022年はさらなるチート対策の拡充に期待したいところです。

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    認証に使える電話番号なんて無料で作れるしRMTで金儲けが捗るだけですわ

  2. By 匿名

    2段階認証って去年くらいからずっと登録しろって言われてたし、まあようやくランクマのロックが来たかーって感じだな

  3. By 匿名

    対症療法でも対策するのは大事だろ
    根本的に無くすのは不可能なんだから

  4. By 匿名

    対戦するのに電話番号登録を義務化したFPSって前例あるのかな?それともシージが初?

    • By 匿名

      pubg
      なお効果

    • By 匿名

      私は元から登録してたからやってないんだけど 確かCoDWZが開始少しで二段階認証必須になってた気がする ただそのWZも今ではチートだらけでどうのーって言われるまで行ってるのが現状かと 

      • By 匿名

        わかるわ。対策されるからチート対策するとか馬鹿のやることだよな
        ホンマアホくさいわ〜

コメントする