Googleのクラウドゲーム「Stadia(ステイディア)」が2023年1月でサービス終了、パートナー企業やエンジニアにも事前通知なく突然撤退

Googleのクラウドゲーム「Stadia(ステイディア)」が2023年1月でサービス終了、パートナー企業やエンジニアにも事前通知なく突然撤退

Googleは突如、クラウドゲーム「Stadia(ステイディア)」のサービスを2023年1月で終了すると発表。閉鎖の理由はユーザー数が目標に届かなかったことで、ユーザーが購入したコントローラーやゲーム、追加コンテンツはすべて返金されます。また、2023年1月18日まではStadiaのライブラリにアクセスできると説明しています。

期待のStadia、日本で提供前にサービス終了

「Stadia」は2019年より海外でサービスを開始した、クラウド技術を利用して映像や音声をストリーミングするサービス。Windows PCやChromebook、タブレット、スマートフォン、Google TVなど、ネットワーク環境さえあれば機種を問わずにプレイできるという、聞いただけなら夢のようなサービス。しかし、日本では提供前に撤退となりました。

完成度が低く、まったく人気出ず

Stadia(ステイディア)
Stadia(ステイディア)

世界最大のテック企業が語る「Stadia」が壮大な構想は、当然世界最大の映像プラットフォームYouTubeとの連携も可能。発表当時は既存の巨大ゲーム企業にとって「強大な脅威」で「コンソールゲームを脅かす」と受け取られていましたが、実際に蓋を開けてみるとその脅威は徐々に縮小。

いざサービスが開始されると、「有料ベータ」と評されるほど完成度が低い状態でした。ゲーム別売りのサブスクというビジネスモデルが失敗だったと分析する向きもあります。

Google自身からもやる気が感じられませんでした。Googleは「Stadia」の自社開発スタジオを作りましたが、1年余りで閉鎖。自社スタジオに投資しないプラットフォームに、他の企業が投資するのはチャレンジが過ぎます。

コロナ禍により世界全体で多くの人々が自宅待機を余儀なくされた時期でさえ、「Stadia」が話題に出ることはほとんどありませんでした。

SonyやMicrosoftにとって脅威だったが

PlayStation版サブスクリプションサービスが来春にサービス開始か? Xbox Game Passの対抗馬になるか

「クラウドゲーミング」は、ゲーム業界における従来のビジネスモデルを根幹からひっくり返す取り組みです。

しかし実際にはクリアにするべき項目が多く、慣れ親しんだ「ゲーム機/PCとソフトを買えば完了(満足に遊べる)」というシンプルなゲーム体験を覆すには至っていません。契約前に知りたい項目はなかなかの量です。例えば「契約していない友達と遊べる?」「自分のデバイスでできる?」「ラグは?」「ネットが不安定になると?」「月額料金を払い続けるほど自分にとって価値あるゲームは何本?」「どのコントローラーを買えばいい?」「移植版の違いは?」「1本だけやりたい場合は?」「既存のセーブデータはどうなる?」「既存のファイルにアクセスできる?」「他のクラウドゲームサービスに移行したい場合は?」などなど。

これらは電子書籍や購入した映像などでも残されている問題も含まれており、ある種の完成形はNetflixだとも言われますが、シンプルな「買って完了」から移行するにはもう少し時間かかりそうです。

クラウドゲームは死んでいない

Logitechがクラウドゲーム特化の携帯ゲーム機”G Cloud Gaming Handheld”を発表、海外で10月17日に$349で発売

もうクラウドゲーミングに未来はないのでしょうか? Xbox Cloud Gamingは、まだベータ版ですが各種機器やブラウザでもプレイ可能で、NvidiaのGeForce Nowも継続的なタイトルの追加やフリープランで積極的に顧客の心をつかもうとしています。

PlayStationは単体のPlayStation Nowをシャットダウンしましたが、PlayStation Plusに統合しうまく落とし込んでいます。Amazonのplime video風のゲーミングサービスAmazon Lunaも拡大中で、Logitechからはクラウドゲーム専用携帯機「G CLOUD Gaming Handheld」発売というニュースが飛び込んできたばかりです。

パートナー企業やエンジニアも寝耳に水

Destiny 2: 5年目DLC「漆黒の女王」が2月23日に配信、これまでに判明している新要素まとめ

「急なシャットダウン」はGoogleの歴史の中で何度も繰り返されて来た悪い癖。今回も例外ではなかったようで、Stadia対応ゲームを提供している企業にとってもサプライズでした。

『Destiny 2』を手がけるBungieは、Stadiaの終了を「知ったばかり」であることをフォーラムで明かしており、『Destiny 2』のStadiaアカウントの今後の扱いについては後日発表するとしています。

同じくStadia対応ゲームを提供していたNo More RobotsのMike Rose氏も、パートナー企業でありながら、今回の発表から何時間経ってもGoogle側からメールが届いていないそうで、自分たちのゲームや契約がどうなるのか分からないことについてTwitterで不満を述べています

さらには、Stadiaのエンジニアたちに対する通知すら公表直前に届いたことがRedditで暴露されています。

なお、Googleは、Stadia終了後もゲーム業界に深く携わり、新たなツールやテクノロジー、プラットフォームに投資していくとのことです。

Gaming Device Power Tune for FPS

Razer
¥18,200 (2023/01/29 10:34時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
Rakuten

Source: The Verge, Afpbb

コメントする