レインボーシックス シージ:無料で遊べる”フリーウィーク” 12月8日まで開催! 最大75%オフセールも

レインボーシックス シージ:無料で遊べる”フリーウィーク” 12月8日まで開催! 最大75%オフセールも

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では現在、誰でも無料でプレイできる「フリーウィーク」が各プラットフォームで開催中です。期間は12月8日まで。まだシージをプレイしたことがない方は、この機会にぜひ「タクティカルFPS」の代表作に触れてみてください。

R6S フリーウィーク開催中!12月8日まで

ガンファイトのスキルだけではなく、敵を出し抜く知性が求められる「タクティカルFPS」の代表作『レインボーシックス シージ』では、新シーズン「オペレーション・ソーラーレイド」の開幕に合わせ、12月8日まで無料でプレイできる「フリーウィーク」が開催中です。

フリーウィークでは、PlayStation 4、PlayStation 5、Windows PCの各プラットフォームで無料で遊ぶことができ、製品版を購入するとデータを引き継ぐこともできます。

各プラットフォーム版のダウンロードはこちらの公式サイトから。「シージ」のルールや特徴を知りたい方は、EAA!!の「シージ初心者講座」や、eスポーツ国内リーグRainbow Six Japan League観戦ガイドをご参考ください。

レインボーシックス シージ 観戦ガイド

セールも同時開催、アルティメットエディションが安い!

フリーウィークに合わせて、各エディションでは最大75%オフのセールが実施中です。

  • PS4/PS5版セール(12月21日午後11時59分まで):ストアページ
    • デラックスエディション:990円(75%オフ)
    • オペレーターエディション:9,240円
    • アルティメットエディション:4,752円(60%オフ)
  • PC版セールストアページ
    • 通常版:1,056円(60%オフ)
    • デラックスエディション:3,960円
    • オペレーターエディション:3,696円(60%オフ)
    • アルティメットエディション:5,346円(55%オフ)

今回のセールでは、PC版はデラックスエディションのセールがない代わりに、その上位バージョンである「オペレーターエディション」が60%オフの3,696円。デラックスエディションよりもお安くなっています。

一方、PS版ではオペレーターエディションのセールがありませんが、最上位バージョンである「アルティメットエディション」が60%オフの4,752円となっています。各エディションの違いは下の方で説明しています。

フリーウィークのポイント

  • 製品版と同様、すべてのコンテンツにアクセス可能(製品版でもアンロック・別途購入が必要なものは除く)
  • フリーウィークで始めたフレンドとも一緒にプレイ可能
  • フリーウィーク終了後もデータは保存され、製品版を購入すれば続きをプレイできる
  • 対戦では自分のスキルをベースに敵や味方が選ばれるので、初心者は初心者同士でマッチングしやすい(逆に、熟練プレイヤーのフレンドと組むと敵も強くなる可能性があるので注意)

R6Sはどれを買えばいいのか? 各エディションの違い

各エディションでは、購入時にアンロックされているオペレーター(操作キャラクター)の数が異なります。各オペレーターの能力は公式サイトで一覧化されています。

製品説明ページにある「『YEAR1』から『YEAR6』のオペレーター」というのは、このゲームが発売されてから定期的に登場してきた追加キャラクターたちのこと。通常版でアンロックできる初期オペレーター20人のほか、現在45人の追加オペレーターがいます。間もなく始まる新シーズンでは、66人目のオペレーターSolis(ソリス)も追加されます。

「デラックスエディション」ではこのうち16人が、「オペレーターエディション」と「アルティメットエディション」では、今年登場した最新のオペレーター4名を除く42人が購入時にアンロックされています。

operatoredition

ロックされているオペレーターは、対戦などで獲得できる名声ポイントというゲーム内通貨を使ってアンロックが可能で、プレイし続けていればすべてのオペレーターを無料でアンロックできます。また、R6クレジットという有料のゲーム内通貨を購入することで、即座にアンロックすることも可能です。

  • 通常版
    • 内容:ゲーム本編のみ。オペレーターは一人もアンロックされていない(※「新兵」のみ)
    • おすすめな点:最低価格
    • 注意点:最低価格ではあるものの、初期オペレーターも含めて全員がロックされているため、ゲームシステムや各オペレーターの特徴さえ知らない方にはおすすめできない
  • デラックスエディション
    • 内容:「YEAR1」と「YEAR2」の追加オペレーター16人がアンロックされている
    • おすすめな点:他のオペレーターをアンロックしていく過程を楽しみたい方におすすめ
    • 注意点:使えるオペレーターが限られているので、プレイの選択肢も限られる
  • オペレーターエディション
    • 内容:「YEAR1」から「YEAR6」までのオペレーター42人がアンロックされている
    • おすすめな点:オペレーターをアンロックしていく過程を丸ごと省略したい方におすすめ
    • 注意点:最初からプレイの選択肢が多いと、逆に混乱するかもしれない
  • アルティメットエディション
    • 内容:「YEAR1」から「YEAR6」までのオペレーター42人がアンロックされている
    • おすすめな点:追加特典として多数のゲーム内アイテムが入った「ディスラプターパック」を同梱
    • 注意点:やや割高。セール価格で買うなら最もおすすめ

自分に合ったオペレーターをいち早く見つけるためにも、最初から多くのオペレーターが使える「デラックスエディション」か「オペレーターエディション」がおすすめです。セール価格になっているときは「アルティメットエディション」を選ぶのもアリでしょう。

なお、最も低価格な「通常版」はゲーム本編のみで、初期オペレーター(発売当時の最初のオペレーター20人のこと)さえもアンロックされていないのでご注意ください。

どのオペレーターが強い?

シージの場合、「どのオペレーターが最も強いか」は各シーズンの対戦環境や、自分の得意なプレイスタイルによってさまざまに異なります。プロの競技シーンではピック率とBAN率のデータを通じて、現在の環境における各オペレーターの重要度が測れますが、カジュアルシーンではそこまで気にする必要はありません。

また、「最初の方に出たオペレーターほど弱い」ということはなく、むしろ初期オペレーターたちほどシージのゲームシステムに深く絡んだ固有ガジェットを持っています。たとえばハンマーを振るうSledge(スレッジ)のような初期オペレーターも、プロ競技シーンでも今なお必須級であるとともに、基礎を学ぶうえで重要です。

sledge
最初のオペレーターの一人であり、シージの顔でもあるSledge。その価値は今なお高く、最近も弱体化されたほどだ

一方で新しい方のオペレーターもそれぞれ特徴的な固有ガジェットを持っているため、プレイの幅を拡げるなど、敵の作戦に対して適切な答えを出していくのに役立ちます。

イヤー7シーズン4が12月6日スタート

フリーウィークと並行して、12月6日には2022年最後の大型アップデートである、イヤー7シーズン4「オペレーション・ソーラーレイド」がリリース予定です。

今回は防衛オペレーターとしてSolis(ソリス)が新登場。彼女は難易度「3」(扱いが難しい)のオペレーターであり、固有ガジェット「SPEC-IO エレクトロセンサー」も初心者が初日から扱えるようなものではありません。しかし、もしいつか彼女を使いこなせるようになれば、まさに向かうところ敵無しと言える強力なオペレーターです。

新規プレイヤーでも安心して参加できるコンテンツとして、レベル50以下のプレイヤーだけが参加できるニューカマーモードや、射撃練習場、オペレーターの取扱説明書とも言える「オペレーターガイド」などがゲームシステム内に組み込まれています。

フリーウィークは12月8日まで。まだシージをプレイしたことがない方は、この機会にぜひ「タクティカルFPS」の代表作に触れてみてください。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Logicool G
¥24,900 (2023/01/26 13:48時点 | Amazon調べ)

Source: R6S Official

  • 最近の投稿
  • 週間人気記事
  • Tag Cloud

コメントする