CoD:BO6 正式発表

『レインボーシックス シージ』は「次の10年を見据えている」 2033年には"100人オペレーター"達成か

『レインボーシックス シージ』は「次の10年を見据えている」と開発スタッフ発言、2023年は「シージのルーツに戻る」
  • URLをコピーしました!

Ubisoftは、タクティカルシューター『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』で2023年に行うアップデート「イヤー8」の全貌を公開しました。

2015年12月にリリースされ、あと2年ほどで10周年を迎えるシージですが、開発スタッフは(改めて)既に「次の10年」について考えているそうです。

CONTENTS

シージの2023年度が本格始動

eスポーツ世界大会「シックスインビテーショナル2023」は、EUの名門団体であるG2 Esportsが王座を奪還するという劇的なエンディングで幕を閉じました。シージ界はこれより本格的に2023年度を迎えます。

レインボーシックス シージ:イヤー8ロードマップ公開 [1/2] / "領事館"リワーク / 新アンチチート"QB" / プレイヤー表彰システムなど
イヤー8ロードマップ

2023年度(2024年2月頃まで)に行うアップデート「イヤー8」については、各シーズンの内容を記載したロードマップも既に発表されています。

現地時間3月7日にリリースされるイヤー8最初のシーズン「オペレーション・コマンディングフォース」では、ブラジル人の新オペレーターBrava(ブラバ)が登場。リロードのメカニズムがリワークされ、新たなアンチチート「マウストラップ」が実装予定です。

10年後も続くシージ、タクティカル性を強調

イヤー8の発表に関しては、開発スタッフから「次の10年」という気になる発言もありました。

『レインボーシックス シージ』は「次の10年を見据えている」と開発スタッフ発言、2023年は「シージのルーツに戻る」
Alexander Karpazis氏

クリエイティブディレクターのAlexander Karpazis氏は、配信の中で「我々は既にシージの次の10年を見据えています。皆さんがこのゲームに多くの時間や愛をかけてくれていることは承知しており、それを台無しにするつもりはありません」と発言。

また、新たに公開された動画「Rainbow Six Siege: Year 8 Overview」(英語)の中で、ビジネスストラテジー・ライブパフォーマンスディレクターのMohammed Benhenneda氏も、「数年前、我々は10年ここにいると約束しました。そして、我々は10年後もここにいると約束します」とコメント。今後のアップデートの方針として、シージのタクティカルな側面やクリエイティビティな側面を強化していくことに力を入れるともつけ加えました。

『レインボーシックス シージ』のルーツへ回帰

さらに、SiegeGGがKarpazis氏に行ったインタビューによると、イヤー8では「『シージとは何か』というルーツへ戻る」そうです。この方針は、先日公開されたばかりのシネマティックトレーラーの内容とも繋がっているのかもしれません。

レインボーシックス シージ:"イヤー8シネマティックトレーラー"公開 / 新たなヴィラン登場、「すべてのオペレーターが死ぬ」?
新たな敵Deimosが登場

トレーラーでは、新たなヴィランとしてDeimos(デイモス)なる正体不明の人物が登場。これまで数年間レインボー部隊を統括する「シックス」を務めていたハリーを殺害したことで、ストーリーは急展開を迎えています。

スポーツ色を弱めミリタリーへ回帰か

『レインボーシックス シージ』は「次の10年を見据えている」と開発スタッフ発言、2023年は「シージのルーツに戻る」
数年前はスタジアムでオペレーターたちが競技を行っていた

特殊部隊の「タクティカルシューター」としてデビューした『レインボーシックス シージ』ですが、eスポーツブームに乗って過去数年はスタジアムを舞台に観客の前でチーム戦を行うなどスポーツ色が強調されていました。しかしイヤー7ではこの路線を変更する意図がうかがえました。

現時点ではオペレーターたちは5つのチームに分割され、それぞれが独自に任務行動をするというミリタリーとしての趣が復活しています。

10年後にはついに100人オペレーター

シージには以前からオペレーター100人計画があり、来シーズン登場するBravaで67人目となります。1シーズンに1オペレーターとして、10年(40シーズン)後には既に100人を突破している計算になりますが、果たしてその日は本当に訪れるのでしょうか。

 #声優楽シージ も100人でやる日がくるのかもしれない

そして何より、2015年のリリースからあらゆる面がアップデートされ続けているシージの10年後、つまり2033年には、ゲーム全体やeスポーツシーンはどのような姿になっているのか。非常に興味深いところです。

コンテンツが増える一方で、ビギナーチャレンジなどの初心者向けコンテンツも充実させていく予定のシージですが、まずはイヤー8でどのような盛り上がりを見せるかに注目しましょう。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Logicool G
¥32,300 (2024/06/14 03:51時点 | Amazon調べ)

Source: YouTube, SiegeGG

『レインボーシックス シージ』は「次の10年を見据えている」と開発スタッフ発言、2023年は「シージのルーツに戻る」

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (13件)

  • キャラ増え過ぎとは言うが
    役割で覚えれば割とすぐ入れる
    それよりマップの覚えづらさと補強の考え方が学びづらいところ

  • 新規は居ない、人口も居ないと
    自分の願望延々と語ってる奴こそ消えてくれていいよ

  • ほとんどの記事に書き込むぐらい熱心なファンがいるから、まだまだ安泰だな

  • 新作出せ!(具体的にどうすればいいのかは不明)
    毎回思うけど復帰勢なんかほぼ新規なんだから肩の力抜いてやればええねん、色んな要素も増えてるからめっちゃ新鮮に感じると思うけどな。FPSプレイヤーのちっぽけなプライドが邪魔でもしてるのだろうか

  • 継続して課金したりキャラ増やしてる人なら良いけど 
    初心者がなんかのセット買って入ったとしても残り
    70人近くの課金キャラがいたら流石に萎えない?

  • クロスプログレッションもまともに出来ないで
    ps4のアカウントが消えたしキャラ増えすぎて新規入れないし
    新作出してや

  • オペ100人=声優100人って考えるとそれだけですごい話だ 兼役必至

  • 長年続いてるシリーズって新規が入りづらいから新作出した方がよくね

  • もう人口もいない廃れたゲームが10年先も見てるのアホらしくて草

1 2

コメントする

CONTENTS