総額60万円のゲーミングプレゼント

"東京ゲームショウ2023"取材レポート! 『タルコフアリーナ』や『虹モバ』、"ゲーミング家具"やマンションまで、ゲーミングの未来が幕張に凝縮

  • URLをコピーしました!
CONTENTS

これがVRの未来だ! 歩行型VRデバイス

バンタンゲームアカデミーのブースでは、KAT VR JAPANが「VR空間(メタバース)を自分の足で歩ける」という、歩行型VRデバイスの展示・デモイベントを開催した。自らの身体を動かし、VR世界で歩いたり走ったりできるこのデバイスは、目と指だけを使う伝統的ゲーミング・スタイルを革新するものだ。

全身を動かすことからフィットネス分野への応用も可能で、「ゲームは健康に悪い」という、こちらも伝統的なレッテルをはがすことができる。FPS視点では、いずれKAT VRの歩行型デバイスを用いるeスポーツタイトルが流行してくれれば面白くなるだろう。

VR用ハプティック・タクトスーツ

"東京ゲームショウ2023"取材レポート! 『タルコフアリーナ』や『虹モバ』、"ゲーミング家具"やマンションまで、ゲーミングの未来が幕張に凝縮
bHapticsのタクトスーツ

可能性の模索が続くVR機器のエリアでは、bHaptics(ビハプティクス)からVRデバイス「TactSuit(タクトスーツ)」と「TactGlove(タクトグローブ)」を紹介してもらった。

画像のタクトスーツには40ヵ所にハプティック(触感)ポイントが内蔵されてあり、ゲーム内で撃たれると、スーツ越しにその衝撃がプレイヤーに伝わってくる仕組み。もちろんあくまで振動なので、痛みはまったくない。これまではコントローラーを持つ手から伝わってきた「ゲームからのリアルへのフィードバック」が胴体にまで至ったことで、プレイ中の緊張感が一気に高まる。

会場では、Smilegate Entertainmentが手がけるVR・FPSの新作『Crossfire: Sierra Squad(クロスファイヤ:シエラスクワッド)』などのタイトルと提携していた。上で紹介したKAT VRの歩行型VRデバイスと組み合わせれば、自宅で毎日サバゲーをすることも可能になるかもしれない。

"東京ゲームショウ2023"取材レポート! 『タルコフアリーナ』や『虹モバ』、"ゲーミング家具"やマンションまで、ゲーミングの未来が幕張に凝縮
TactSuit X40 VR用ベスト(Amazon
1 2 3 4 5 6
"東京ゲームショウ2023"取材レポート! 『タルコフアリーナ』や『虹モバ』、"ゲーミング家具"やマンションまで、ゲーミングの未来が幕張に凝縮

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (1件)

  • とてもいいTGS記事でした
    ゲーム以外にも関連するもの(今回だとマンションとか)も取り上げてくれて情報助かる

コメントする

CONTENTS