CoD:BO6 正式発表

BF2042:チート対策ツールがカーネルレベルの「EAアンチチート」に変更、EpicのEasy Anti-Cheatは廃止

  • URLをコピーしました!

シーズン6「ダーク・クリエイションズ」が開幕した『Battlefield 2042(バトルフィールド2042)』だが、今シーズンからチート対策ツールがEpic Games製の「Easy Anti-Cheat」から、自社製の「EAアンチチート」に変更されたことが明らかになった。

CONTENTS

新チート対策ツール「EAアンチチート」

BF2042 | シーズン6「ダーク・クリエイションズ」先行プレイ映像!多数の新コンテンツを紹介 - EAA

EAアンチチートはElectronic Artsの社内で開発された、カーネルモードのチート対策および不正対策ツール。2022年に発売された『FIFA 23』より徐々に導入されている

アンチチートシステム変更の理由は?

導入の経緯としてはカーネル空間で動作するチートプログラムが近年大幅に増加しており、ユーザーモードで動作するアンチチートでは検出できないためと説明。またサードパーティーによるチート対策は開発チームにとって不透明であることが多く、追加のプライバシーコントロールや、EA固有のゲームモードに特化したカスタマイズが導入できないことも挙げている。

EAアンチチートはゲームを開いているときのみ起動し、ゲームに与える影響も「無視できる度合い」とのこと。

プライバシーの問題についても、チート対策のみを目的として必要なもののみを閲覧するとしている。一般プレイヤーには困るような支障はないと思うが、気になる方はEA公式サイトを確認するといいだろう。

カーネルレベルのチート対策は他のFPSでも進められており、『コール オブ デューティ』のRicochetは「緩和措置」というユニークな方法を採ることでチーターからの被害を防いでいる。

あわせて読みたい
CoD:MWll&ウォーゾーン2.0:アンチチート"RICOCHET"シーズン03アップデート / 社内用対戦リプレイ稼働... ActivisionおよびInfinity Wardの『Call of Duty: Modern Warfare ll (コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2/ MWll)』および『ウォーゾーン2.0』では、まん...
エレクトロニック・アーツ
¥2,880 (2022/04/23 14:38時点 | Amazon調べ)

Source: Battlefield

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (7件)

  • 2042とかどうでもいいからVに入れてくれ
    そしたらBF復帰できるわ

  • まだサービス続いてたことにビックリ
    失った信頼は戻ってこないし新規も増えない現状ビジネスになるんか…?

  • むしろ購入した被害者には悪いが今作捨てて
    これを1と5にぶち込んでテストしてからのほうが・・・

  • 優秀なアンチチートいれても管理体制がしっかりしてないとどうにもならんようにも思えるけど、今のEAに数百人規模のアンチチート部隊運用する資金はあるのだろうか…
    apexと一緒のシステム入れたからそのチームを併用してコスト削減って感じか?

  • apexに導入されたのはHyperionです。
    あれも所詮ユーザーレベルなので効果は...
    カーネルレベルの監視だと現在作動するチートのほとんどが機能しなくなるので期待できます!

  • これapexで導入されてなかったっけ?
    apexの方はその後もチーター普通にいるけどbfはどうなるんだろうね

  • これの実装自体は悪かないんだがなぁ
    EACすらないサバのプラグインも使えないとか言うノーガード戦法を1とVでやった後に今更こんなことされてもなぁ
    こういうのすっ飛ばしてeスポーツモードだとかBF1時代にほざいてたのユーザーは忘れませんよ

コメントする

CONTENTS