ゲーマー国勢調査2023 結果発表!

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果:日本チームCAGとCGLは惜しくも敗退、SCARZはチャンピオンG2と激突

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
  • URLをコピーしました!

Ubisoft(ユービーアイソフト)の『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』競技シーンでは、秋の世界大会「BLAST R6 Major Atlanta(以下、アトランタメジャー)」が開催中。11月2日には「フェーズ1 DAY2」の8試合が行われた。

この日をもってメジャー・フェーズ1が終了。日本を代表する3チームのうち、CYCLOPS athlete gamingとCrest Gaming Lstは、惜しくも敗れアトランタの舞台から去ることとなった。

CONTENTS

『R6S』世界大会アトランタメジャーDAY2

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
DAY2の結果(A配信)
『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
DAY2の結果(B配信)

11月2日には「フェーズ1」の後半戦を実施。16チームのうち、フェーズ2に進出する8チームと、ここで敗退となる8チームが決定した。

  • フェーズ2進出:
    • Geekay Esports(MENA、サウジアラビア)
    • Ninjas in Pyjamas(ブラジル)
    • LOS(ブラジル)
    • Bleed(アジア、シンガポール)
    • G2 Esports(EU)
    • DarkZero(北米)
    • Spacestation Gaming(北米)
    • Wolves Esports(EU、フランス)
  • 大会敗退:
    • SANDBOX Gaming(韓国)
    • Crest Gaming Lst(日本)
    • TALON(韓国)
    • CYCLOPS athlete gaming(日本)
    • Knights(LATAM、アルゼンチン)
    • FURY(アジア、タイ)
    • Alpha Atheris(LATAM、メキシコ)
    • Team Bliss(オセアニア、オーストラリア)

Geekayの勢いに押されるCGL

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
メジャー初挑戦のGeekayがフェーズ1を堂々突破した

グループ突破をかけ、日本チームCrest Gaming Lst(CGL)はまずサウジアラビアのGeekayと「クラブハウス」で対戦。チャンピオン経験のあるチームNinjas in Pyjamas(NiP)を破ったことで注目の集まるGeekayに対し、マップの構造上有利とされる防衛側からスタートした。

しかし、最初の地下防衛、さらに2階のジム・ベット防衛を崩され、序盤は0-2と劣勢に。フラググレネードの投げ込みや突き上げを多用してくるGeekayの勢いに、対応を迫られ続ける展開となった。Geekayの助っ人として大会に出場したLeadr選手も、CGLメンバーとの1v2を制するなど暴れ回る。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
メジャーならではの「初見殺し」を披露するGeekay(ジムの窓からガレージの入口が見える、というもの)

2-4でリードされて攻撃にまわったCGLは、その後もMENAリーグならではの相手のテンポ感や、研究され尽くした射線に苦戦。持ち味を出し切れずに最終スコア2-7で敗戦し、NiPの待つルーザーズ・ファイナルに回ることとなった。

惜敗も、チャンピオンNiPとの大激戦を経験

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
CGLのロースター

勝てばフェーズ2、負ければ大会敗退となるCGLは、ルーザーズ・ファイナルでNiPとのBO3に臨んだ。

第1マップ「山荘」では、さまざまな作戦を駆使して攻撃するCGLだったが、NiPが重要な撃ち合いを制し、2-4でリードされて攻防交代となる。

しかし、第8ラウンドでTyopi選手のハイドが刺さった場面から状況が好転していく。どうにか5-5に追いつくと、第11ラウンドではEclair選手が突き上げによって拠点を守り切り、6-5で逆転マッチポイントを獲得。そして第12ラウンドでは、Sironeko選手が敵の背後を見事につくなどしてせん滅に成功。マップスコア5-7で、NiPに対し1マップを勝ち取る劇的な展開となった。

第2マップは「銀行」。防衛から入ったCGLは勢いに乗りたかったものの、オープニングキルを取られたところから粘っていく傾向が続く。しかしShironeko選手やTyopi選手がガンファイトで徐々に順応しつつ、なんとか3-3で攻防を交代する。

後半からはNiPによる巧みな守りを見せられ、3-6でNiPが先にマッチポイント。CGLも5-6まで寄せたものの、「銀行」はラウンドスコア5-7でNiPのものとなった。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
CGLのShironeko選手。初メジャーで強さをアピールした

ディサイダーとなる第3マップは「高層ビル」。立ち上がりこそNiPの防衛に阻まれたが、CGLはTyopi選手がガンファイトで活躍するなどして、3-3での攻防交代となる。その後は第8ラウンドまでNiPが優勢な展開が続き、マッチポイントをとられるも、CGLも5-6と粘った。

しかし第12ラウンドでは、NiPのKondz選手がAmaru(アマル)を投入。突如としてスピーディなエントリーを試みてきたその思惑が機能し、CGLのせん滅を完了。試合はディサイダーまでもつれこむ大接戦となったが、最終マップスコア1-2で、NiPの勝利に終わった。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
NiPを追い詰めるところまでは辿り着いた。CGLの来シーズンに期待しよう

ロースターやスタッフを補強しつつ、2023年は着実に実力を伸ばしてきたCGL。ガンファイトと耐久力の両面で日本屈指のチームとなり、ついにメジャー初出場を果たした。

結果こそフェーズ1での敗退となったものの、今大会の経験が、2024年以降の戦いに向けた糧になることは間違いない。CGLの次の公式戦で、今回得たものが見られることに期待したい。

CAG vs Bleed、BO3で再戦

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
東南アジア2位のBleedと再戦

CGLがNiPとの激闘を繰り広げていたその頃、CAGはもう片方の配信でフェーズ1最後の戦いを行っていた。ルーザーズ・ファイナルの対戦相手は、初日に屈したシンガポールチームBleed。彼らはブラジルチームLOSに敗れ、再びCAGと、今度はBO3で決着をつけることになった。

第1マップ「国境」はBleedのピックマップ。しかし攻撃スタートしたCAGは、2-4でリードしてうまく折り返す。前半ではBlackRay選手がガンスキルで貢献しつつ、じっくり囲い込んで相手を崩すことができた。

防衛でもCAGは、Bleedのセットプレーに対処しつつ、SuzuC選手が1v1を制するなどして先にマッチポイントを獲得。次のラウンドは粘られるも、第11ラウンドでは5v3で人数不利になった状況から逆転に成功。CAGが第1マップを4-7で制覇した。

このまま、第2マップ「カフェ」で勝利を決めたかったCAG。しかしメジャーならではのドラマなのか、ここから思いがけない展開になる。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
第2マップ「カフェ」ではBleedに全ラウンドを取られてしまう

防衛から入ったBleedは、Fenrir(フェンリル)やEcho(エコー)、Mira(ミラ)、Solis(ソリス)など強力なガジェットを盛り込んでCAGに時間を使わせる。スキル面でも、Hoven選手が好プレーでCAGの猛攻を耐え、一方ではReeps選手が暴れ回るなどして、気が付くと6-0と一方的な展開にされてしまう。

攻防を交代するも、CAGは逆襲の糸口をつかめなかった。結局「カフェ」での戦いは7-0でBleedの大勝で終わる。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
CAGのAnitun選手。今大会も縦横無尽に活躍した

意外なほど早々に決着した第2マップを経て、ディサイダーは「領事館」。メジャー開幕戦で両チームが対戦し、CAGが敗れたマップだ。

第1ラウンドの地下攻撃こそどうにか通したCAGだったが、盤面をうまくコントロールしながら果敢に撃ち合ってくる相手を捕らえきれず、4-2とBleedがリードしてマップ後半戦へ。

Bleedは上下左右からの組み立てで冷静にCAGの地下防衛を崩し、6-4で先にマッチポイントを獲得する。しかしCAGもSuzuC選手が奮戦し、ラウンドスコア6-6と、試合をオーバータイムに突入させることに成功した。

CGL vs NiPと同様こちらも大接戦となったが、最終的にはBleedが上回る結果となった。第13ラウンドでは、2v4とCAGが数的有利を得た状況で、Reeps選手が個人のスキルでラウンドを勝ち取り、7-6。Bleedがオーバータイム・マッチポイントを獲得する。次のラウンドでは逆に4v2の形にされたCAGだったが、ここではBleedにうまく守り切られ、最後のポイントを奪われることとなった。

こうしてラウンドスコア8-6。全体マップスコア2-1で、東南アジア勢からの期待を集めたチームBleedが、フェーズ2への進出を決めた。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
CAGは惜しくもメジャー敗退。チーム自己記録を更新する日に期待したい

2019年のローリーメジャー以降、日本を代表するチームとして世界大会に出場し続けているCAG。2023年春のコペンハーゲンメジャーこそ出場を逃したものの、今回のアトランタメジャーでは、フェーズ1の突破が見込まれていた。

しかし、世界での結果だけを見ると、チームの自己ベストを越えられていない時間が今なお続いている。現在の体制となり、スタイルの多様性が増した点は高く評価されるべきだが、今後さらなる強化が行われるのだろうか。それとも、チーム全体で念入りに修正点を分析しつつ、次のチャンスに備えるのか。CGLと同様、CAGの次の試合にも注目したい。

フェーズ2がスタート! SCARZは初戦でG2と対決

1日の中休みを挟み、日本時間11月4日からはメジャーの第二段階である「フェーズ2」がスタートする。ここでは「フェーズ1」を勝ち上がった8チームと、各地域の予選トップ8チームが合流し、16チームによるスイス式トーナメントが行われる。

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突
フェーズ2初戦日程(日本時間)

CAGとCGLは敗退となったが、日本のトップチームであるSCARZが、フェーズ2からいよいよ登場する。初戦の相手は、「シックスインビテーショナル2023」の世界チャンピオンチームG2 Esportsだ。

アトランタメジャーのG2は、フェーズ1からの出場ということもあり、優勝候補の大本命というほどの立ち位置ではない。スターティングメンバーやスタッフの変更もあり、ステージ2のリーグ戦では調整に四苦八苦していたのも事実だ。しかしインビテーショナルのときも、優勝を危ぶまれた状況から、劇的なチャンピオン戴冠を果たしたことは忘れられない。EU予選から今大会までに、着実な仕上がりを見せている。

世界チャンピオンタイトルを有するeスポーツ界の名門チームに対し、日本チャンピオンSCARZはBO1でどのような戦いを仕掛けるのだろうか。

SCARZ vs G2 Esportsは日本時間11月4日午前1時45分スタート。その前に、韓国の筆頭チームDplusと、ブラジルのLOSの試合も要チェック。CAGを破ったシンガポールチームBleedは、夜が明けて午前8時30分から、北米有数のガンナーチームM80と対決する。

「フェーズ2」でも、コミュニティ総出でアジアチームの応援に集まろう。

Logicool G
¥32,500 (2024/05/24 03:06時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
Rakuten

Source: YouTube

『レインボーシックス シージ』世界大会"BLAST R6 Major Atlanta" PHASE 1 DAY 2結果 / 日本チームCAGとCGLは惜しくも大会敗退 / SCARZはチャンピオンG2と激突

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • CAGはともかく、CrestもBlissもFURYも旧APAC時代とは比べ物にならないくらい成長してるように見えるなあ…

コメントする

CONTENTS