総額60万円のゲーミングプレゼント

『CoD:MW3』イギリスにおける11月の売上ベスト1、発売3週間の売上は『CoD:MWll』から38%ダウン

『CoD:MW3』イギリスにおける11月の売上ベスト1 / 発売3週間の売上は『CoD:MWll』から38%ダウン
  • URLをコピーしました!

Activision(アクティビジョン)が手がけるCoDシリーズ最新作『Call of Duty: Modern Warfare Ⅲ(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 3/ MWⅢ)』は、イギリスにおける11月のゲームソフト売上において1位であったことが報じられた。

しかし、昨年のタイトル『Call of Duty: Modern Warfare ll (コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2/ MWll)』と比較すると、発売後3週間の売上が38%ダウンしたという結果が出ている。

CONTENTS

『CoD:MW3』がイギリスで売上1位

CoDMW3
イギリスにおける11月の商戦を勝ち抜いた『CoD:MW3』

Game Sales Data(GSD)によると、イギリスにおける11月のゲームソフト売上ランキング・トップ10は以下の通りだった。

  1. 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 3』
  2. 『EA SPORTS FC 24』
  3. 『ホグワーツ・レガシー』
  4. 『スパイダーマン2』
  5. 『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
  6. 『Football Manager 2024(フットボールマネージャー2024)』
  7. 『アサシン クリード ミラージュ』
  8. 『マリオカート8 デラックス』
  9. 『Nintendo Switch Sports(ニンテンドースイッチスポーツ)』
  10. 『グランド・セフト・オートV』

ランキングはデジタルと実物ソフト、両方の合算。GSDでは、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアなど世界の50地域におけるゲームソフトの売上を週次で集計している。しかし任天堂のタイトルについては、デジタルの売上データは含まれない。

トップはActivision Blizzardの『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 3』。『FIFA』シリーズを引き継ぐ定番タイトル『EA SPORTS FC 24』や、Switch版のリリースによって売上が前月比100%アップした『ホグワーツ・レガシー』を退け、コール オブ デューティ最新作がブラックフライデーの激戦を勝ち抜いた。

『CoD:MWll』からは38%ダウン

CoD:MWll:"プレシーズン"コンテンツ全情報&アップデート日程公開、スペシャルオプスのミッション3種や進行システム概要など
怒濤のセールス記録を残した『CoD:MWll』からは大きく下落

しかし、昨年のタイトルである『CoD:MWll』と比較すると、発売後3週間の売上本数は38%ダウンした。

『CoD:MWll』は、タスクフォース141の活躍を描く「モダン・ウォーフェア」シリーズの最新作として注目を集め、10日で10億ドルという破格のセールスを記録(詳細記事)。『CoD:MW3』はその直接の続編としてリリースされたものの、イギリスではさらなる売上増を果たせなかった。

世界での合算売上については、今後Activisionの決算などを通じて明らかになると思われる。しかしCoD大国の1つであるイギリスのセールスは、全体の数字を暗示する。

一方では良い報せもあり、『CoD:MW3』は、発売2週間における1人あたりのプレイ時間については『CoD:MWll』を上回ったことがActivisionより報告されている(詳細記事)。

全体売上はわずかにダウン、コンソールはPS5がトップ

『CoD:MW3』イギリスにおける11月の売上ベスト1、発売3週間の売上は『CoD:MWll』から38%ダウン EGS EASPORTSFC24StandardEdition EACanada S1 2560x1440 f1772618b782ca975f0bbe33db3a88b3
『EA SPORTS FC 24』も全体売上に貢献した

すべてのゲームタイトル合算では、11月は455万本のゲームソフトを売り上げた。

しかし、これは2022年11月と比較して3%少ない数字。昨年とラインナップを比較したとき、『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』や『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』のような、売上のけん引役となるタイトルに乏しかったことが一因とされる。ブラックフライデーの期間に限れば、全体売上は昨年から0.8%増と、わずかながら伸びている。

一方でコンソールの売上点数については、GfKのデータによると、前月比176%、前年比32%と大きく上昇した。今年のブラックフライデーには、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のPlayStation 5も参加できたことがその理由として挙げられている(昨年まではブラックフライデーに備えた在庫が確保できていなかった)。PS5は現地におけるコンソール売上の約半分を占め、前月比149%、前年比126%の売上増が見られた。

  • タイトル:Call of Duty: Modern Warfare Ⅲ(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア Ⅲ)
  • 発売日:2023年11月10日
  • 対象機種:PS5/PS4, Xbox X|S/Xbox One, PC(Battle.net / Steam)

Via: gameindustry.biz

『CoD:MW3』イギリスにおける11月の売上ベスト1 / 発売3週間の売上は『CoD:MWll』から38%ダウン

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (11件)

  • 強いなー

    >PS5は現地におけるコンソール売上の約半分を占め、前月比149%、前年比126%の売上増が見られた。

  • 手抜きでもMW3も立派な「本編」やぞ
    4割売上落として次回作からはゲーパス入りもするだろうから更に落ちるやろな。何年も運営してて大したアプデのないCODモバイルに本家が負けてる時点でもともとヤバいが

  • 開発費と時間極限まで削ったDLCが本編の6割売れてるなら十分だろ

  • 減りはしてんのは肌感覚でわかってたがそれでも一位かー

  • 38%って思ってたよりも減少してるな。
    使いまわしが多かったせいなのか、スレハンのせいなのか、ゲーパス待ちのせいなのか。

  • 約四割ダウンなら全く喜べる売り上げじゃねーな
    CDLも劣化してきてるしマジでやらかしてる

  • 秘蔵版問い合わせないと多分一生対応してくれないよ
    自分問い合わせた結果反映されたけど、Steamの購入履歴とかスクショで送らされたから、自然と直ることは多分当分ないよ…

  • フルプライスでDLCを購入してくれたファンのことを大切にしてやってくれ

1 2

コメントする

CONTENTS