SCE吉田氏、PS4とXbox Oneでマルチプレイができる「クロスネットワークプレイ」に言及

SCE吉田氏、PS4とXbox Oneでマルチプレイができる「クロスネットワークプレイ」に言及

関連速報:マイクロソフト、“他機種と”マルチプレイができる「クロスネットワークプレイ」を発表

マイクロソフトがソニーへ“公開招待状”を示した、他機種とマルチプレイができる「クロスネットワークプレイ」ですが、この件にSCEワールドワイド・スタジオ代表の吉田修平氏(50歳男性)がインタビューに答える形で言及しています。


これまでにソニーは「すでにPS4とPCのクロスネットワークプレイをサポートしており、デベロッパーとの取り組みを行っていく」といった漠然とした見解を示しており、“招待状”にどのようなリアクションを起こすのか注目されていました。

そんな中、「GDC 2016」で行われたEurogamerでのインタビューで吉田氏は下記のように発言しています。

「彼らのポリシーが変わったと理解している。そうだろ?」「Xbox OneとPCにおいて一部のゲームのクラスプラットフォームプレイをやると」

「我々はPS3とPCでそれをやってきたし、最近ではPS4とPCでのクロスネットワークプレイを『ストリートファイターV』や『Rocket League』などで行っている。デベロッパーとパブリッシャーと協力して、クロスプラットフォームプレイをPS4とPCで実現することは、我々にとってはなにも新しいことではないんだ」

ここまで聞くとこれまでのソニー見解と何ら変わりませんが、Xbox OneとPS4でのクロスネットワークプレイについて聞かれると、吉田氏は下記のように発言。

「PCはオープンなプラットフォームなので、より単純だ」「2つの異なるクローズドネットワークを接続するのはもっと複雑で、我々はデベロッパーとパブリッシャーと協力し彼らの意図を理解する必要がある」

「我々は技術的な側面も見なくてならないし、ポリシーの問題やビジネスの問題などにも目を向ける必要がある。後者に比べると技術的な側面はもっとも簡単なことかもしれないね」

インタビューからは吉田氏は決して否定的ではないものの、実現には技術的な問題よりも企業間の問題を解決する必要があるだろうとしています。

さらに、『ファイナルファンタジーXI』で実際に実現したのでは?という質問に対しては、「その通り。実現に関わった人に話を聞いたがとても大変だったと聞いている。スクウェア・エニックスの元代表である和田洋一氏(ハウジングおじさん)に話を聞いてみてほしい」と締めくくっています。

近い将来、ユーザー同士が機種を気にすることなく同じゲームのオンラインで遊べる未来は訪れるのでしょうか。

Shuhei Yoshida interview: Will Sony allow cross-network play & what’s next for PlayStation VR?

source: Eurogamer