Destiny 2: 「多数の収集要素」と「秘密のコンテンツ」を追加へ

Destiny 2: 「多数の収集要素」と「秘密のコンテンツ」を追加へ

前作『Destiny』のイベント「真紅の日々」の復活が発表された『Destiny 2(デスティニー 2)』ですが、北米時間の12日に発表される将来の新コンテンツの一環として、前作でも人気のあった「死んだゴースト」集めのようなコレクター向けの要素が追加されるようです。

多数の収集要素を追加へ

今作には前作の「死んだゴースト」集めのような収集家の心をくすぐる要素が希薄で、度々コミュニティからは復活の要望がありました。BungieのディレクターChristopher Barrett氏がTwitterにて、隠されたアイテム集め要素の復活を認めました。

質問: 「死んだゴースト」のようなアイテム集めの復活の可能性は?
Barrett氏: はい

コレクター向けの要素が復活することを認めたBarrett氏ですが、「死んだゴースト」そのものではないとコミュニティマネージャーのCozmo23氏が示唆しています。

Cozmo23氏:「死んだゴースト」そのものではないが収集家向けの何かです。

Barrett氏は「多くの収集要素」と「秘密の要素」を今後の拡張コンテンツで追加すると補足しています。

「真紅の日々」は「暁旦」のフィードバックを活かす

プレイヤーサポートを担当しているdmg04氏は、「真紅の日々」の詳細は12日に公式サイトで発表すると改めて告知。「真紅の日々」は「暁旦」のフィードバックをうけているとコミュニティに向けて発信しています。

While Crimson Days is confirmed, we’ll have more details on how it’s changing based on community feedback collected throughout the Dawning.
Looking to have some info for you soon – Thursday in particular.
Stay tuned.

これは公式掲示板に立てられた「真紅の課金が発表! エバーバース存続!」という皮肉のスレッドにて回答したものなので、「真紅の日々」は課金要素が薄くなり報酬はゲームプレイを通じての入手に比重を置いたのかもしれません。 昨日のリークでは、エバーバースがクエストに関わってくること、エバーバース模様の報酬箱が確認されましたが、解析に利用されたファイルは「暁旦」実装前のデータなので、フィードバックを受けたことで変更があったことを祈ります。

関連記事: Destiny 2: バレンタインイベント「真紅の日々」復活確定、詳細は12日発表

『Destiny 2』の今後を決める発表は明日12日に公開

今作で抜けていたコレクター要素、課金要素が大きすぎた「暁旦」のフィードバックを活かした「真紅の日々」を含む、今後の『Destiny 2』の行く末についての発表は日本時間の12日金曜日に公開されます。収集要素やグリモアスコアのような要素の復活、 失ったプレイヤーを取り戻すインパクトにも期待したいところです。

『Destiny 2』の発売日はPlayStation 4/Xbox One版が2017年9月6日、PC版は2017年10月24日。拡張コンテンツ第1弾「オシリスの呪い」は12月6日に配信。

Source: Bungie

コメント3
CATEGORY :