CoD:BO4:「ブラックアウト」プレイ中に人気ストリーマーの家が2日続けて銃撃される(動画あり)

CoD:BO4:「ブラックアウト」プレイ中に人気ストリーマーの家が2日続けて銃撃される(動画あり)

世界中で多くのストリーマーが楽しんでいる『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』のバトルロイヤルモード「ブラックアウト」ベータですが、配信を行っていた人気ストリーマー「Dr DisRespect」氏の住んでいる家が銃撃され、配信を停止せざるを得なくなるというという事件が発生していたことが分かりました。


Dr DisRespect氏は主に『PUBG』、『H1Z1』、『フォートナイト』などのバトルロイヤルゲームを主にプレイしているストリーマー。Twitchチャンネルでのフォロワーは270万人を超えており、2017年にはストリーマーオブ・ザ・イヤーを獲得。カツラとサングラスをトレードマークに、横柄なキャラクターと確かな腕で大きな人気を博しています。

人気ストリーマー、2日続けて家を銃撃

銃撃に気づいた氏は一旦配信から離れたあと、トレードマークのかつらとサングラスなしで動画に再登場。震えながら、「放送を今すぐやめなきゃならねぇ。だれかが家を撃ってきやがって、上の階の窓をぶっ壊しやがった! これで2回目だ! 昨日もだれかが撃ってきやがった。昨日も誰かが家を撃ってきやがって、いまさっきも誰かが撃ってきやがった! 上の階に当たっただろ!? 車で通り過ぎながらやったんだろ!? 臆病者め!! 配信を止めなくちゃならねぇ」と発言したあとに配信を停止しました。

配信再開も心配の声が相次ぐ

海外メディアKotakuが地域の警察に問い合わせたところ、捜査官が現場にいて捜査を行っていることが判明。Dr DisRespect氏はTwitchページにて自分と家族の無事を報告。9月11日時点での配信を休止することをファンに伝えていました。

その後、警察は地方局に銃撃はBBガンによるものの可能性が高いこと。そして、容疑者がまだ特定されていないことを伝えているとのこと。Dr DisRespect氏はTwitterにてストリームの配信を再開することを発表していますが、ファンからは心配する声が相次いでいます。

当サイトEAA!!では虚偽の通報を行って配信者やプレイ相手の家に警察や特殊部隊を送り込む「スワッティング」を幾度となくお伝えしていますが、ストリーマーの家を特定しての嫌がらせや危険行為は表に出ていないだけで、かなりの件数が存在していると思われます。

ゲームシーンには欠かせない存在であるストリーマーですが、その前に家族を持った1人の人間です。他者の平穏と安全を脅かす卑劣な犯罪者が一日も早く捕まってくれることを願います。

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。

Source: Kotaku