CoD:WWII: わずか1.5ドルの賭け試合でスワッティング、無関係の男性が射殺される最悪の事態に

CoD:WWII: わずか1.5ドルの賭け試合でスワッティング、無関係の男性が射殺される最悪の事態に

続報CoD:WWII: 無関係の男性が射殺されたスワッティング事件の発端は“チームキル”、偽通報を行った25歳男逮捕

アメリカの28日木曜日の夜に、カンザス州ウィチタの男性(28歳)が警察によって射殺されたという報道がありました。 これだけですとゲームとは全く関係ない一文なのですが、報道の直後に『CoD』のコミュニティが、これはアメリカの警察特殊部隊「SWAT」に人質事件といった偽の通報をし相手の家に送り込む「Swatting(スワッティング)」という悪質極まりない行為のせいだとの声が上がりました。

警察の調査の結果、SWATの出動は『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』の賭け試合に負けたプレイヤー2人が引き起こしたもので、被害者は完全に無関係な人物だという最悪な事態だったことが判明しました。

事件の経緯

CoD:WWII: わずか1.5ドルの賭け試合でスワッティング、無関係の男性が射殺される

  • アメリカの28日午後、UMGというサイトで掛け金1.50ドル(約169円)の試合が行われる。
  • 敗北したチームの2人のプレイヤーM1ruhcleとBaperizerが激昂しお互いをTwitter上で挑発。
  • M1ruhcleが無関係の近所の住所を自分の住所だと伝える。
  • Baperizerが、12月上旬にもテキサス州ダラスのイベントでもスワッティングを行ったと目されている人物(Swatter)にその住所を伝える。
  • 依頼を受けたSwatterが、カンザス州の地元警察に「父が銃を持ち家族を人質にして自殺を計っている」と嘘の通報。
    • 12月31日追記: 警察が通報の記録を公開し、「通報者自身が父の頭を撃ち、家族を人質にしている。 家にガソリンを撒いた。火をつけるかもしれない」と通報者が発言していたことが判明しました。
  • SWATは通報を受けた無関係の住所に突撃、住民のAndrew Finch氏が玄関から出たところを射殺される。
  • 報道後、当事者のプレイヤー2人のTwitter凍結。その後削除。通報した犯人はIDを変更。
  • 現在警察は、より詳細な調査を継続中。

偽の住所を公開したM1ruhcleは「誰かが自分をスワッティングしようとして、無実の男性が殺された」とツイート。 スワッティングを行った人物は「自分がSwatしたガキの家がニュースに出ている」、「自分は誰も殺していない、なぜなら銃を撃ったのは自分ではないし、SWATの一員でもないからだ」とツイート。 当事者達のあまりにも無責任極まりないツイートには言葉を失います。

Andrew氏の遺族が会見

突然命を奪われたAndrew Finch氏の遺族が会見に出席。 母親のLisa Finch(リサ・フィンチ)氏は「息子はゲームをしなかったし、スワッティングという行為の存在など知らなかった」と涙ながらに話しつつも、失望からの乾いた笑みまで浮かべ、怒りと混乱の様相が激しく伝わります。 またAndrew氏は銃を持っていたわけではなく非武装だったと伝えられています。また、Lisa氏は「息子は誤報で警察に殺害された」と警察の手順も厳しく批難しています。

「スワッティング」という行為が引き起こした今回の悲劇ですが、アメリカの警察はこれまでにも何度も無実の人間に危害、もしくは殺害を行ってしまったことや、Andrew氏へのSWATの対応が正しかったのかという点も合わせて、全米のニュースで注目される事件となっています。 地元警察は出動した隊員達の体に取り付けてあるビデオカメラの映像を公開しています。 (アメリカの警察はボディカメラの着用が義務付けられている)

注意: 以下の動画はAndrew氏が銃殺された場面が収められています。 ご視聴は自己責任の下でお願いします。

プロプレイヤーも同一人物からのスワッティングの脅迫を経験

そんななか、クラン「FaZe」で活動しているZooMaa氏が、同一人物からスワッティングの脅迫を事件と同じ日である28日に受けていたと告白。ZooMaa氏は「自分と彼女は1日中脅迫を受けており、直接警察に説明したから我が家はスワッティングの被害には会わなかった。 脅迫者は刑務所に送られるべきだ」とツイートしています。

アメリカが変わらない限りスワッティング被害はなくならない

スワッティングは主に有名配信者への嫌がらせとして行われることが多く、YouTube上には多くのスワッティングのシーンを編集したまとめ動画さえあります。 アメリカに住んでいる筆者は以前警察署の近くに住んでいたことがあり、SWAT出動時の慌ただしさと圧迫感には覚えがあります。家族と年末休暇の幸せな一時を過ごしていたAndrew氏の自宅前に突然あの物騒な部隊が出動してきたらと想像すると、筆者も冷静に行動できる自信はひとかけらもありません。

たった$1.5の賭け試合で激昂した少年達が偽の住所にSwattingを行った結果、無関係の28歳男性が警察に射殺される

スワッティング問題は度々目にすることがありますが、警察は全ての通報の真偽を確かめる余裕がないためにスワッティングが減ることはありません。 特にアメリカは銃の所有が信じられないほど簡単なせいで、ほぼ毎日の様に銃撃事件が発生しておりSWATの出動も頻繁にあります。 先日ある番組が13歳の俳優を雇ってお酒、タバコ、宝くじを購入できるかテストしたところ、どのお店の店員も販売を拒否しましたが、ガンショップで銃を買えるか試したところあっさり購入できてしまうという結果が出ています。

Kids can’t do much except buy guns

こちらのサイトでは全米での銃撃事件をまとめていますが、今月だけでも18件の銃撃事件が発生しています。 悲しいことに、筆者の近くのエリアでも本日1名が銃殺された後に、犯人も自殺するという事件が発生しました。

銃社会であるアメリカそのものが変化しない限り、アメリカのスワッティングが消えることがないのかもしれませんが、アメリカから銃がなくなることはないと断言できるので、スワッティングも永遠にゲーム業界にまとわりつく悪行として生き続けるのかもしれません。

Andrew Finch氏のご冥福をお祈りすると共に、ご遺族の方々が1日でも早く立ち直れる日が来ることを願います。

続報CoD:WWII: 無関係の男性が射殺されたスワッティング事件の発端は“チームキル”、偽通報を行った25歳男逮捕

関連記事

Source: kansas.com, Twitter, DEXERTO, UMG

RECOMMEND