R6PL:リオ世界大会2日目 “FaZe”インタビュー「MerieuxとPapiliaが特に強かった」

R6PL:リオ世界大会2日目 “FaZe”インタビュー「MerieuxとPapiliaが特に強かった」

現地時間11月17日からリオデジャネイロで開幕した『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』プロリーグSeason8 Finalは、EU王者のG2優勝によって幕を閉じました。こちらは2日目の準決勝後FaZeのcameram4n選手へのインタビューをお届けします。

FaZeインタビュー(現地時間11月18日、試合後)

FaZe vs 野良連合 : 2-0

  • 第1マップ:銀行 6-4
  • 第2マップ:国境 6-1

ハイライトは以下の映像にまとめられています。

FaZe vs NORA-Rengo | R6 Pro League S8 Finals Highlights

配信アーカイブ(00:20:20頃~)

【タイムシフト】レインボーシックス Pro League Season 8 Finals Day2 チャンピオンはどのチームに!?

FaZe cameram4n選手インタビュー

EAA:おめでとうございます。今の率直な気持ちを聞かせてください。

cameram4n選手(以下、cameram4n):チームを誇りに思います。観客も素晴らしかったし、すべてが良い方へ進んでいきました。チームと観客が最後まで一体感を持って戦えたことが良い結果に繋がったと思います。

EAA:各メンバーが遺憾なく強さを発揮していましたね。

cameram4n:とてもよくまとまっていました。

EAA:日本とはスクリムもできず、情報が少ない中でどのように準備をしましたか?

cameram4n:日本はブラジルのプレイスタイルとよく似ています。戦略よりもエイム重視で、特にMerieuxは撃ち合いが強く、Papiliaも同じく強かった。チーム全員が撃ち合いに強かったのですが、私たちはこういう試合には慣れていました。それが大きな差となり有利に進められたと思います。

EAA:ブラジルのファンの熱さには圧倒されてしまいました。選手側はどうでしたか?

cameram4n:ある程度こうなることは予測していました。ブラジルの人はブラジルのチームを熱狂的に応援するものです。とはいえ、顔や体にFaZeとペイントしたりイスの上に立って絶叫したり、まるでサッカースタジアムの応援のようでした。彼らをみて嬉しくなりましたし、その一部になれたことは光栄です。

EAA:次のG2戦はどう臨みますか?

cameram4n:彼らの戦い方は分かっているので、良い試合にしたいです。観客はきっと明日も一生懸命応援してくれて、力になってくれると信じています。

EAA:「FaZe+観客」対G2になるのでキツそうですね。

cameram4n:ええ、そうでしょうね(笑)

EAA:最後に、日本のファンに一言お願いします。

cameram4n:なかなか日本のコミュニティとは接する機会がありませんが、野良連合のメンバーはとても気さくで優しく、日本人や文化は素晴らしいと感じています。いつか日本でプレイしたいと心から願っていますし、その時はこの会場のような大声援や盛り上がりを感じられたら嬉しいです。

EAA:ありがとうございました。

関連記事

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。