CoD 2019:2019年版『Call of Duty』はキャンペーン復活、広大なマルチとCo-opも搭載

CoD 2019:2019年版『Call of Duty』はキャンペーン復活、広大なマルチとCo-opも搭載

Respawn Entertainmentからの開発者たちの“復帰”や、シングルプレイヤーキャンペーンの復活も示唆されたInfinity Wardによる2019年版『Call of Duty』ですが、ActivisionのCFOであるRob Kostich氏が四半期決算発表会にて、『Call of Duty 2019(CoD2019)』に関する興味深い内容を明らかにしました。

CoD2019 概要

  • 全く新しいキャンペーンモード
  • 巨大で広大なマルチプレイヤーの世界
  • 楽しいCo-opモード(協力プレイモード)が登場

噂だったキャンペーンの復活が確定しました。『CoD:BO4』でのキャンペーンカットを残念に思っていたファンには嬉しいお知らせです。

更にRob Kostich氏は、『Call of Duty 2019』が既存のファンと新しいファン、どちらにも両方に広くアピールするものになり、CoDフランチャイズの大きな前進でもあると述べています。Call of Duty 2019はInfinity Wardによって開発中ですが、E3 2019には正式発表されることが予想されます。

新スタジオの設立、ゾンビモードの開発着手、Respawn EntertainmentからInfinity Wardへの複数の開発者の移籍などで話題を呼んだ、Inifity Wardが担当する来年リリース予定の『CoD 2019』。以下の関連記事もぜひご覧ください。

CoD 2019関連記事

Source: dsogaming

COMMENTS

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By tesu

    Apex Legends

  2. By TV イッチョマン

    CODに飽きたってより、FPSっていうジャンル自体に飽きた

  3. By uma

    huge,expansiveだからスケール的な意味であって、マップサイズではないとは信じたい

    とりあえず戻ったメンバー含めてIWらしさを出して欲しいところ

コメントする

*