WoT 祝砲 新時代の祝砲を鳴らせ!!

R6PL:R6インビテーショナル2019 野良連Fnatic戦試合後インタビュー「リラックス状態で臨めて最強だった」

R6PL:R6インビテーショナル2019 野良連Fnatic戦試合後インタビュー「リラックス状態で臨めて最強だった」

現地時間2月15日からカナダ、モントリオールで開幕した『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』の公式大会「Six Invitational 2019」はG2の二連覇で幕を閉じました。こちらではFnatic戦を勝利で終えた野良連合インタビューをお届けします。

野良連合インタビュー(現地時間2月15日、試合後)

野良連合 vs Fnatic : 2-0

  • 第1マップ:銀行 8-6
  • 第2マップ:ヴィラ 7-1

試合のハイライト映像は以下で確認できます。

NORA-Rengo vs Fnatic | Six Invitational 2019 Highlights

配信アーカイブ(00:46:47頃~)

【タイムシフト】レインボーシックス Six Invitational 2019 Day4 野良連合が初の決勝ステージ!どこまで進めるか?


左からPapilia選手、Reycyil選手、Wokka選手、貴族オーナー、Ramu選手、Merieux選手

Fnatic戦 試合後インタビュー(全員)

EAA:おめでとうございまーす!!

メンバー:イェーイ!!!フゥー!!

EAA:念願のセンターステージですね。上がってみた感想は率直にどうでしたか?

Wokka:やったー! とりあえず俺と、Merieuxが入って最初の大会がインビの予選だったんですよ。

Merieux:そうだ!

Wokka:で、初戦負けてボコスカ叩かれて歪んだりもしましたが、1年越しでリベンジを果たして、自分たちの力でグループステージ突破して、決勝リーグまで来れて、その時点でも結構泣きそうだったんですけど…。

貴族:泣きそう! 長かったねー。

Merieux:長かった! ここまでが長い!

Wokka:1年間でここまで来れたの本当に長かったんですけど、そこからさらに一勝できて、歴史をどんどん変えられていることを誇りに思います。

EAA:入場シーンには、見ているこちら側も感極まるものがありました。

貴族:ありがとうございます。

EAA:Fnaticとは試合前に何か話しましたか? Twitter上でお互いの健闘を誓い合う姿はありましたが、実際では?

貴族:普通に話したりハグしたり握手したりしましたよ。

Ramu:朝ごはん一緒に食べました! 頑張ろうね! グッドラック! って言って。ほんとに仲良くしてました。

Papilia:グループリーグもアドバイスもらってたもんね。

貴族:そうそう、グループリーグ中もめっちゃアドバイスしてもらってて。Dizzle(Fnaticコーチ)とはバーでよく飲みながら話してたんですよ、あーでもないこーでもない言ってて。よくスクリムしてもらうので、こっちのダメなところを聞かせてもらって、逆にFnaticはそういうときどうしてるの? って彼らの作戦を教えてもらったりだとかしていて。だから銀行は彼らのやりたいことがちょっと分かってたんですよね。ただ、それは向こうも同じで、こちらの動きでバレてるところもあるので「あとは出たとこ勝負だね」って選手たちとは話してました。

EAA:世界大会の場に初めて出ると色々来るという話があったのですが、Ramu選手にもそれはあったのですか?

Ramu:いや、あんまり…。

貴族:なかったね。

Wokka:入場のときはめちゃめちゃ緊張してた(笑)

Ramu:やめて?そういうの恥ずかしいから、ね?(笑)

EAA:グループ予選のときは一番顔色が変わりやすかった印象があるのですが。

貴族:フフ(笑)

Papilia:1試合目のPENTAのときはすごい出てた。めっちゃテンション低くて、あ~ダメだダメだって言ってた(笑)。

Ramu:PENTA戦のときはオレゴンで激ハゲしてて、超萎えてて、もう~まじでほんまにやべぇってなってました。

貴族:でも、かわいいのは、本戦ではグループリーグよりも1キル取ると大喜びするところ(笑)「やったやったやったやった!!やったったったった!!!」

Ramu:でもアレ強かったっしょ!

Papilia:AshやったAshやったって超言ってた。

貴族:うん、強かったんだけど、逆にこっちの報告がすべて「YATTA!」にかき消されるっていう。

Ramu:あんまり特別に緊張っていう感じはなかったです。入場する時が一番緊張しました。

貴族:元々、他チームにいたときから彼は、人前に出るやイベントには慣れていましたし、東京ゲームショウで対戦したときもめちゃくちゃキルも取っていたので、移籍を受け入れるメンバー側も「彼なら緊張しないだろう」って安心していましたね。

Wokka:選考基準のひとつでもありました。

貴族:やっぱり我々ってオフラインだとバグるメンバーもいたし、バグったら勝てないというのは重々、身に染みて分かっているんです。特に僕とMerieuxはよく分かってる。なので、今のメンバーの基準は「オフラインでバグらない人」なんです。(メンバーに)だって今回ゼロバグじゃない?

Papilia:ゼロバグです・・・あっ

Merieux:1バグだ!

Ramu:や、1バグです。

Papilia:ハッチから落ちなかった?

Ramu:あ!俺もバグってた!それ映ってました?

Merieux:俺の映ってました?

(しばしの間わちゃわちゃする)

貴族:ん? マイライフ イズ バグ?

メンバー:イェア!(謎のハイタッチ)

貴族:オールバグ連合!ABRでもやっていくんで。

EAA:リオの反省時に「IGLのMerieux選手の指示系統を整える」という話があって、そのあとIGLとしてRamu選手が加入したわけですが。

貴族:あ、知られてないですけど、IGLとして入った後に「やっぱりフリーな動きの方が強い」ってなって1月の下旬にMerieuxに戻してからそう経ってないんですよね。

Ramu:合わせがあまり出来ていないです。

貴族:変えてから1週間か2週間詰めたくらい? 詰めきれたかというよりは、Twitterを見ている人には分かると思いますが、それぞれ自由に過ごしてるんで(笑)、リラックスした状態で大会に臨めたというほうが結果としては良かったのかなと。それと、今回は選手たちのマイラバー連れて来たりもしてますし。日本の感覚だと違和感ある方もいるかもしれませんが、僕ら世界大会に出てきて周りを見ていると奥さんや彼女同伴っていうのはまったく珍しくないことですから。リラックス効果があるのかなと思って、逆にこちらから提案しました。「いいんですか?」「全然いいよ」って。その結果めちゃくちゃ強くないですか?

EAA:やっぱり一緒に来ていると違いますか?

Papilia:間違いないですね。全然違います。

Reycyil:まあ、こっちは下がるけどね!

Ramu:だいぶ下がるよ!まあでも、こっちで夜はイチャイチャしてるんです(笑)

Reycyil:やだ!やだやだ!!

EAA:じゃあ、Wokkaさんのこのぬいぐるみはプレゼントなんですか?

Wokka:これは色違いのお揃いで、紫のが俺、ピンクのが彼女でお互いのを持ってます。

貴族:ツノの部分が俺です。

Ramu:鼻がオレです。

Wokka:右足がReycyilで、左足がMerieux、おしりがパッピー(Papilia)です。

Papilia:俺だけムチ打ちにされてそう(笑)

EAA:最後に意気込みをお願いします!

Wokka:ここまで来たらもう今までやってきたことを信じてやるだけ!楽しみます!

EAA:楽しんでください!

メンバー:はーい!

関連記事

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

コメントする