『BFV』Al Sundanコンクエ完成記念:世界のゲームチェンジャー16人に聞く「4章新マップの感想」

『BFV』Al Sundanコンクエ完成記念:世界のゲームチェンジャー16人に聞く「4章新マップの感想」

バージョン4.0から実装する予定だった『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の新マップ「Al Sundan」。蓋を開けてみれば重大なグラフィックバグが見つかったとの事で、コンクエストやブレイクスルー等の大型モードは一時公開停止になってしまいましたが、この度4.6アップデートで長い間開発を悩ませてきたバグも修正され、めでたく公開となりました。

関連記事4.6アップデートノート

今回はそれを記念して、今年6月のEA Playで「Al Sundan」と「Marita」がテストプレイされた際に、筆者が出会えた世界各地の先輩ゲームチェンジャーに、後輩として伺った「Al Sundan」と「Marita」のテスト感想を公開したいと思います。もちろん、プレイテスト時の仕様なので現状の本実装仕様とはまた違うのですが、各地のBFコミュニティを代表しているメンバーがはじめて「Al Sundan」や「Marita」に触れた時に何を思ったか、何を感じたのか。少し長いですがぜひ読んでみてください。

※ゲームチェンジャーとは・・・EA社が「ゲーム開発の参考になる」と認定した人物。クリエイターや大型クランのマスターなど、コミュニティに対して大きい影響力を持ち、なおかつ品行に大きな問題がないというのが大体の選考基準になります。認定されればEA Play等のイベントへの招待、フィードバックの優先的な対応、クリエイターならば時にはEA社よりスポンサー動画の制作を依頼される等の便宜があり、開発とコミュニティ間の橋として尽力できる環境が与えられることになります。なおEAAからも2名選出されています。

また、本文で紹介することになるゲームチェンジャーは皆それぞれが素晴らしいコンテンツクリエイターやコミュニティリーダーで、中にはすでにもう知っていたという読者様もいらっしゃる事でしょう。そんなファンの皆様には彼らの生の声を、そうでない読者の方には、国が違えどBFファンは皆考えている事は一緒なんだなという一体感や、自分と気が合いそうなコンテンツクリエイターとの出会いを提供出来たら幸いです。

以下、クリエイター名のアルファベット順に紹介します。

Alex (TechnicalDIY)

Maritaの感想

Alex:面白かったよ、いい感じの近接戦・歩兵戦マップだね、BFに欠けていた要素だ。

EAA!!:一応近接戦闘なら今までならDevastationが相当すると言われてきましたが、あれでも広すぎる感じがありましたしね。

Alex:うん、Devastationは拠点間の空間が広めだし、マップデザインも円形だ、そして戦車も居る。その分Maritaは本当にみっちり詰め込まれているからね。オーガニックな流れを戦車抜きで遊べる、とても楽しいマップだと思うよ。

Al Sundanの感想

Alex:そこそこな感じだったかな?「Panzerstorm」と似たような問題を抱えることになると思う。

EAA!!:「Panzerstorm」で良く上げられる問題点というと、広すぎるとかです?

Alex:そうそう、拠点間の距離が開きすぎている。歩兵プレイヤーが置き去りにされてしまうのは「Panzerstorm」の大きな問題点だったね。でもこの「Al Sundan」には少なくとも山の上のCとD拠点が市街地で遮蔽も多い。歩兵の多くはここに集中することになるんじゃないかな?

EAA!!:そしてCとDなら戦車も近寄りづらいですしね。

Alex:そうだね、入れないわけではないけど高度差が強い。それを上手く利用すれば戦車は近寄れなくなる。

BillyEatWorld

Maritaの感想

Billy:ぎっちりとした歩兵マップだね。コンクエストも楽しいけれど、分隊コンクエストとかこのマップでやるととても楽しいんじゃないかな!

EAA!!:少人数の近接戦闘ルールなら全部イケそうですよね!TDMとかも。

Billy:それにマップの地形や導線が直線の流れになっているから、ラッシュにグランドオペレーションみたいな前進制圧していくルールも活きそうだ。連合国が街を守っている所に枢軸国が山から攻め降りるみたいなね。とりあえず、歩兵プレイヤーならきっとこのマップが好きになるはずだ、太鼓判を押せる

Al Sundanの感想

Billy:まず最初に言うなら、これは歩兵用のマップでは断じてないね。

EAA!!:戦車枠や航空機枠が何台も用意されていますからね。

Billy:そしてマップの殆どはオープンフィールドだ。BFの人口分布で考えてみると、このマップが皆に好まれるかは半々と言った感じじゃないかな?

EAA!!:ビークルを楽しめるプレイヤーと、そうでないプレイヤーですね。

Billy:そう。でも現状だとBFVはビークル中心なマップが歩兵中心のそれと比べると少ないから、Al Sundanはその欠けていた穴をちょうどよく埋めてくれたと思う。良い新マップだよ。

Dazs

Maritaの感想

諸手を挙げて言える、MaritaはBFVサービス開始以来最高のマップだ。とても丁寧にデザインされていて、とにかく楽しい。個人的には開発にはもっとこういうマップに注力して欲しいんだけど、そしたら古典的な「それじゃあBFじゃなくてCoDでも良くね?」っていう質問に回帰してしまう。バトルフィールドは戦車やビークルを中心にCoDと差別化するべきか、それとも割り切って歩兵中心マップをもっと出していくか。殆どのプレイヤーはどちらか片方のスタイルしか楽しめないからDICEも両方のプレイスタイルに手を出しているけど、そのせいでBFのマップはバランスのとりかたを統一できないんだ、マップによって取るべきバランスは完全に違うからね。他FPSに比べるとそこらへんBFは著しく開発が難しい、DICEにとってもっとも大きな難題だと言えるね。頑張ってほしい。

Al Sundanの感想

バランス関連でちょっとした問題を抱えているように感じたね。マップ全体の旗の配置と実際に焦点となりえる場所が乖離してしまっている。マップを見てみると分かるけど、殆どのプレイヤーは山岳側中央の二拠点を中心に行動することとなるだろう。つまり戦闘の焦点は歩兵用地形で、ビークルが入りづらいんだ。でもこのマップ自体は名目上は「ビークル用マップ」であって、とても広い。この設計コンセプトと実際の焦点の矛盾は遊んでて少しいびつに感じるかもしれないね。でも全体的には良い。Hamadaよりは楽しめそうだと感じたよ。

Deity

Maritaの感想

Deity:美しい、全BFVで最も美しいマップの一つに数えられるな。

EAA!!:他マップで頻繁に見られる青色フィルターが無いのが印象的でしたね。

Deity:ああ、黄昏時のオレンジ色が山肌の町並みと綺麗に溶け合っている。プレイング面でいうと、高度差がそこらじゅうに見られたね。

EAA!!:山道とその下の谷や、建物の二階部分とかですね。

Deity:そのせいで敵を見つけるのがとてもむずかしいんだ、高度が違っていて視界外から攻撃を食らうことが多いからね。それ以外にも、茶色い山肌は軍服が溶け込むし、草むらや茂みも多い。視認性が最大の敵だな。

EAA!!:なるほど、ここでも視認性問題が…

Deity:ああそれと、テストプレイではトラクターを飛ばせなかったのが残念だな。A横に置いてあるはずなんだが、毎回誰かに取られてた。

EAA!!:飛ばすつもりだったんですね…

Al Sundanの感想

Deity:これも美しいマップだ。

EAA!!:遠景が映えましたね。

Deity:オアシス周りに滝が有ったはずなんだが、これが本当に綺麗でね、それに夕日も。とりあえず美しさが印象に残るマップだった。マップデザインの話をするなら、スケールの大きさが最大のポイントかな?

EAA!!:ビークルに航空機に、フルスケールの全面戦争だと言えるマップでしたね。

Deity:ああ、とても良い「BFらしさ」を感じられるマップだと思うよ。というわけで昔ながらでちょっくらジープをかっ飛ばしてみたんだがな

EAA!!:はい…え?

Deity援護兵一人と突撃兵が三人いれば即席カタパルトが出来るのは本当に便利だよな!そんで英軍側のHQから飛ばしてみたんだが、なんとギリギリドイツ側A旗の滑走路まで届かなくてなぁ!(笑)

EAA!!:そ、それは残念でしたね。

Deity:滑走路の前にちょっとした丘が壁になってるんだけど、その手前に落下してしまったよ。でも移動手段としては十分良いかもしれないな。

Mason

Maritaの感想

Mason:Al Sundanとは真逆の性質のマップだね。歩兵戦中心で、戦車も航空機もない。

EAA!!:開けた空間もないですしね。

Mason:ああ、そこら中に十分な量の遮蔽があるから、とても近接戦闘寄りなマップだ。特に気に入ったのがD旗でね、中央の麓側にあるんだけど、あそこの小競り合いは結構楽しめた

Al Sundanの感想

Mason:拠点間に何も無いのはちょっとした問題点だと思う。

EAA!!:何もない、というと?

Mason:遮蔽とかだね。山の上はさておき、ビークル用空間の話だ。マップのデザイン的にはオアシスの開けた部分で戦車が衝突する筋書きなんだが、この空間が完全にまっさらなんだ。せめてビークル用の遮蔽とかでも用意しないと駆け引きも何もない、つまらない空間になってしまう。それに言わずもがな、歩兵にとっても近寄れない地形になっている。そこらへんは要調整だと思うね。

Lossy

Maritaの感想

Lossy:歩兵専門マップだね。D横からちょっとした裏とりルートが伸びているんだけど、そこを攻めるのが楽しかったなぁ。

EAA!!:あの山の麓らへん、案外人の目が少なそうですからね。結構抜けれるかも。

Lossy:うん、そして何よりもマップが美しい。素晴らしい景観だねぇ、しかも外見やガワだけじゃない、雰囲気も十分だ。

EAA!!:雰囲気ですか。激戦区の空気、みたいな?

Lossy:そう。これまでのBFVのマップは、なんだか静かなんだ。戦闘外だと環境音がひどく抜けている感じがしてね。でもMaritaは違う、常に砲撃音や爆音がどこからか聞こえてくる。レートをつけるなら五つ星の満点だね。

Al Sundanの感想

Lossy:ビッグボーイだねぇ。

EAA!!:とりあえず広いって感じのマップですよね。

Lossy:そうそう、ビークルと歩兵でちょうど良いバランスが取れているマップだねぇ。

EAA!!:ビークルはよく乗るんです?

Lossy:僕自身は全然乗らないけど、BFになくてはならない要素だと思っているよ。最近のコミュニティの傾向だと歩兵寄りのマップをもっと増やして欲しいっていう意見はよく聞くけど、僕はそうは思わないな。こんな感じの広い、ビークル要素もふんだんに取り入れたマップもBFには必要不可欠さ。

Slendy

Maritaの感想

Slendy:歩兵中心のマップだね、僕としては大好物だ。

EAA!!:サイズが小さめですしね。

Slendy:見た目はね。だけど実際に遊んでみると、想像や印象に反してとても広いマップだというのがわかる、拠点間の距離が結構あるからね。でもぎっちりと建物や遮蔽が詰め込まれているから小さく感じるんだ。高低差も、マップを実際の面積以上に広く感じさせるのに一役買っている。

EAA!!:なるほど。言われてみれば確かにサイズがそこまで小さいというわけではなく、戦闘エリア自体は中々の広さですね。

Slendy:マップの形や遮蔽の配置とかでプレイヤーが小範囲に集中しやすい構造になっているから、うまい具合に狭いマップだと感じさせているんだ。良いデザインだと思うよ。

EAA!!:競技畑のプレイヤーとしても楽しめる感じです?

Slendy:とても楽しめる。特に衛生兵専門としては、スモークを活かせるマップ構造になっているのが良いね。

EAA!!:道が狭くてスモーク一缶でカバーできますからね。

Slendy:それもあるんだけど、それ以上にスモークを応用できる空間があるんだ。常套手段だとスモークで正面を塞いでから、横から回り込む。相手からすると煙幕は突っ込みづらいし、かといって無視もできないからね。

EAA!!:投げられた側からすると、常にスモークを突き抜けてくる可能性がありますからね。

Slendy:そう、投げられた側が後手に回らざるを得なくなるからね。更にこちらの行動は相手から見えなくなるからやりたい放題だ。戦線が膠着しているなら、とりあえずスモークで視界を塞ぐんだ。無理に押すんじゃなくて、別ルートから回り込む。そしてMaritaの市街地はルート分岐が多いから、そういう戦術的な転進がやりやすい。アクティブで動きやすく、固まりづらい良い構造だと思うよ。

Al Sundanの感想

Slendy:このマップ、歩兵は難しいな。

EAA!!:ビークル向けマップですからね、歩兵は山頂周りじゃないと難しいですね。

Slendy:うん、でもビークルプレイヤーからしても難しいマップになっているんじゃないかな。

EAA!!:というと?

Slendy:開けすぎている。僕はビークルを遊べないほうだけど、流石にこの開けっぷりはビークル乗りからしても辛くなるはずだ。まずビークルの主戦場となるオアシス側は遮蔽が少しもない。だからといって山に近づくと歩兵が撃ちおろしてくる。

EAA!!:にっちもさっちもいかない、確かにそう考えるとビークル乗りからしても微妙になるかもしれませんね。

Slendy:どっちつかずのデザインだね。そしてビークルマップだというのに、中央の山間部は歩行者天国だ。ちょっといびつな印象を受けるね。

SgtDangerCow

Maritaの感想

Sgt:最初見たときはRushマップかなと思ったよ。

EAA!!:皆さん結構言われてますね、形がリニアだって。

Sgt:うん、ただ狭すぎる気はしたかなぁ。奇襲ルートが少ないんだ、どこに行っても何かしら敵兵が見張ってる。高度差を利用してやり過ごしたりするしかなさそうだね。

EAA!!:逆に家の二階をクリアリングしなければ見逃して裏取られるとかありそうですね。

Sgt:そうだね、民家を通過するときはきちんと全部クリアすることを心がけないと痛い目に遭いそうだ。

Al Sundanの感想

Sgt:素晴らしいビークルマップだね!

EAA!!:ビークル、お好きなんですか?

Sgt:ああ、少なくともこのマップは歩兵よりビークルで遊んだほうが楽しそうだ

EAA!!:ビークルマップだと銘打たれてるだけあって、初期ビークルに加えて拠点のビークル湧きもありますからね。

Sgt:だけど歩兵部分もちゃんと作り込まれているね。山岳部もスナイパー避けの遮蔽物が十分用意されていい感じだ。ただD旗が前すぎるかな、もうちょっと下げてくれればパーフェクトだと思う。

Shadox

Maritaの感想

Shadoxリニアな地形にありったけの興奮を詰め込でいるね。コンクエストなのにフロントラインモードを遊んでいる気すらしてくる。

EAA!!:マップが小さい、という意味ででしょうか?

Shadox:いや、寄せたり引いたりの繰り返しが、どうにもフロントラインを思い出させるんだ。そんな気はしないかい?直線状の拠点を巡って戦うことになるから、「魚群」を形成してお互いぐるぐると回ってばかりという現象が全然発生しない、とても楽しかったよ。魚群マップが嫌いな人にこそオススメだね

Al Sundanの感想

Shadox:「昔ながらのBF」っていう感じがするね。それに遮蔽を大量に継ぎ足したマップだ。

EAA!!:そう言えば昔の、『BF1942』の頃のマップはやたらただっぴろい割に遮蔽はとても少ないというのが多かったですね。

Shadox:ああ、ビークルと歩兵がシームレスに入り交じるデザインだ。でもそれだけじゃないな、「Hamada」や「Panzerstorm」と比べると歩兵用の戦場がきちんと用意されている。これはこのマップの一強だと言える特徴だね。

SpookyJedi

ツイッター:https://twitter.com/SpoookyJedi
Youtube:https://www.youtube.com/spookyjedi
肩書:コンテンツクリエイター・Redditモデレーター(アメリカ)

Maritaの感想

Spooky:美しいマップだった。

EAA!!:皆それ言ってますね!やっぱり今までのマップと比べると格別だって。

Spooky:雰囲気やライティングが明らかに他のマップより綺麗だからね。あと建築システムの使い方が上手いと感じたね、土嚢の配置が結構要所になっている。おかげで戦闘に幅が生まれて、毎回異なる結果になりやすいんだ。

EAA!!:工兵プレイができるのは今作の楽しい点の一つですしね。

Spooky:楽しい点といえば、戦闘中に唐突に横からトラクターが飛び出てきてたんだよ!びっくりして思わず何発か撃ち込んだら、そのまま横を抜かれてどこかに爆走してってさ。あれは実機で遭遇するとすごく楽しいと思う。

EAA!!:イースターエッグのトラクターがある!って盛り上がってましたもんね。

Spooky:あとはマップ全体の形がバナナ型になっているという点。バナナマップは良マップが多いからMaritaも良いマップになるさ。そして最後にひとつ、このマップはちゃんとした分隊が無かったらとてもつまらなく感じるから、信頼出来るフレンドとかと一緒に遊んだほうがいい。絶対にだ

Al Sundanの感想

Spooky:17年前のゲームを思い出すねぇ。

EAA!!:というと、『BF1942』ですか。

Spooky:うん、砂漠のオープンフィールドときたら…なんだっけな?1942に似たマップがあったはずなんだけど。それを思い出したね。(訳注:おそらく「Operation Battleaxe」)

EAA!!:ビークルと歩兵がごっちゃになっててバランスが大味だった時代の『BF』ですね。

Spooky:「やれやれ、またオープンフィールドのビークルマップかよ」って嫌気がさすプレイヤーも多いかもしれないけど、とりあえず試してほしい、そこまで悪くはないはずだ

EAA!!:なるほど、他に感じた事とかはあります?

Spooky:そうだね、「キャンペーンから直接持ってくるとか手抜きだろ」って言い出すプレイヤーが出るかもしれないけど、そんな事はない。ちゃんとマルチ用に作り直された、手の込んでいるマップだ。あとは市街地以外で歩いているとスナイパーが問題になりそうだとは思ったね。歩兵は無闇に空き地を歩かないことだ。

SQUiD-G

Maritaの感想

Squid:最高だ!とても楽しいし、欠点が一つもない、完璧なマップだな!(Shadox:トラクターの数が足りてないぞ!)ああそうだ、トラクターがもっとあれば完璧だな(笑)一台だけじゃちょっと物足りない。

EAA!!:歩兵戦の方が好きなんですね。

Squid:そうだな、だから実装されるのが楽しみなんだ。一つだけ心配点を挙げるとするなら、現状のデザインだとスポーンキャンプされるんだ。

EAA!!:押し込まれると反撃できないと?

Squid:ああ、攻撃側がHQの外で出待ちしやすい構造になっている。狭い直線マップだからね、回り込むっていうのも難しい。プレイテストは人数が揃わなかったからそこまでひどくなかったけど、本実装されて32対32になったらちょっと調整を入れないとやばくなる気がするな。

Al Sundanの感想

Squid:テストプレイだけだとあまり体験できなかったから、正式に実装されるまではなんとも言えない、っていう意見でもいいかな?

EAA!!:問題ないです。

Squid:その上で軽く遊んでみた感触としては、やろうとしている事に反してサイズが小さすぎる感じがしたね。

EAA!!:小さいというと、例えば『BF1』のSinaiと比べて、みたいな感じでしょうか。

Squid:その通りだ。ビークルマップとしては狭いんだけど、歩兵で遊ぶにはオープンフィールドが大きすぎる。個人的にはちょっと避けたいマップになるかもね。オアシス側になんらかの手が入れば面白くなるとは思う。あとマップの景観自体は綺麗だね、とてもクールだ。

Suicide Buggy Squad (SBS)

Maritaの感想

SBS:Al Sundanとは真逆のコンセプトなのが面白いね。壁や家屋が沢山配置されている。

EAA!!:まさに接近戦ですよね。

SBS:でも遠距離戦闘をこなせる位の空間もある。私はスナイパーライフルを担いでたけど完全に問題なかったね。ちょうどいい間合いを保てているのがMaritaの素晴らしい点だ。マップの全体的な形がリニアだから、回り込む隙もない。Al Sundanではこうはいかないな。

EAA!!:スナイパーにとっても問題ない距離で戦えるというのは魅力的ですね。必ずしも至近距離に縛られないのは良い点だと思います。

SBS:心配事を上げるとするなら、PS4版でこのマップで64人コンクエストをやるのにはちょっと不安があるね。狭所にありったけのアクションを詰め込んでいるから負荷に耐えきれるかどうか。それとスポーンに押し込まれるとデッドロックになってしまうデザインも問題だな。ただ、そこまで押されるのは稀だろうし、全体的には良いマップだと思う。

Al Sundanの感想

SBS:拠点のサイズと配置の流れがあまり気に入らないね、BF的には上手くいかない気がする。

EAA!!:上手くいかない、ですか?今の所サイズが大きくてまさにBFらしいマップだという評判が多いですが…

SBS:Zerging(魚群)を形成しやすいデザインだと感じたね。環状マップだから堂々巡りに2グループの歩兵がぐるぐる回っているだけの試合展開が形成されやすいんじゃないかな。マップのサイズ自体は問題ないんだけど、中央のなにもないオアシスの部分はもう少し手を入れるべきだと思う。

EAA!!:キャンペーンマップを忠実に再現しすぎたといった感じでしょうか。

SBS:そうだね、そしてマルチプレイに合うようにするにはもう一声足りないと思う。野外でオープンフィールドが多いから、歩兵にとっては大群で動くか、遮蔽のある拠点に引きこもるかの二択になってしまう。もしくはスナイパーを持ち出して芋るか、戦車で芋るか。ここらへんはデザインの調整が必要だと感じたよ。

Two Angry Gamers(TAG)

※TAGはAdamさんとTomさんの二人組のチームなのですが、都合によりAdamさんはイベント後ボイスチャットにて補完という形になりました。

Tom

Tom:Al Sundanか…その話に入る前にちょっとした自己紹介を挟んでもいいかな?

EAA!!:もちろんです、どうぞ。

Tom:まず、私と今Adam君、私の仲間で一緒に実況している人なんだけどね、私達両方とも割と古株のゲーマーでね。『BF』シリーズは1942の頃から全部遊んできたんだ。そんな私達に言わせてもらうと、『BF』の時代は大きく2つに分けられる。

EAA!!:時代というと、『BF』のプレイスタイルが劇的に変わった、という感じでしょうか?

Tom:まさしくそのとおりだ!『BF1942』から『2142』までが一つの時代で、『BF3』からそれ以降が二つ目の時代だ。『BFBC2』はちょっと分類が難しいけど、私は前者寄りだと思うね。

EAA!!:なるほど。古株としては、やはり昔の『BF』が懐かしい感じですか?

Tom:いや、私達はシリーズ全作を通して『BF』のファンさ。ただ確かに初期の頃の『BF』特有の楽しさも覚えている、特に『BF2』の思い出は忘れたことがないよ。

Al Sundanの感想

Tom:そんな所でAl Sundanだが、ちょっとしたフラッシュバックな気分だったね。本当に昔を思い出した。

EAA!!:『BF3』よりも昔の、戦場がまだただっ広かった頃、ですか?

Tom:ああ、広くベーシックで何もないサンドボックス。『BFV』は今までは結構歩兵戦闘に重視しているから、とても新鮮な気分だ。ここ数年のFPS界隈の市場を見るに、しょうがないとは分かっているだけれどもね。

EAA!!:年々スピード感のある近距離戦闘が人気になっていますもんね。

Tom:Al Sundanはそんな雰囲気から距離を置いて、久し振りに昔のBFらしさに立ち返ったマップだ。ぶっちゃけ『BFV』コミュニティの大半からすると好きになれないマップになるだろうけどね。視界が開けすぎていて、スナイパーやMMGにも狙われ放題だ。

EAA!!:そういう意味ではPanzerstormマップもありますが、そっちと比べるとどう思います?

Tom:Panzerstormはだな、コレとは逆に広すぎるんだ。拠点と拠点の間が開きすぎていて、歩兵を完全に置き去りにしている、ビークルのためのマップだ。「Al Sundan」はもう少しバランスが取れている感じだな。ビークル、空、歩兵のバランスが良い感じに取れていると思うよ。

Maritaの感想

Tom:裏取りマップだな!

EAA!!:裏取りマップですか?結構狭くてやり辛そうに見えますが。

Tom:いーや、17歳の頃からBF歴15年の私にはわかる。長年の経験が私にこのマップは最も典型的な裏取りマップだと告げている。中央で硬直している間に裏とりが上手いチームが勝つ。とりあえず開幕は輸送車を飛ばして裏とりだ。

EAA!!:な、なるほど!

Tom:この形状のマップは大抵これが必勝ルートだからな、ガハハ!

Adam

※以下、後日収録したAdamさんへのインタビュー。

Maritaの感想

Adam:非常に優れた歩兵マップだね!私はあまり歩兵プレイにこだわっている訳ではないけど、それでも面白そうなマップだと感じたよ。

EAA!!:Tomさんもそうでしたけど、お二人とも大きいマップのほうが好きなんですね。

Adam:ビークルこそが『BF』の真骨頂だからな!いや、今作は歩兵のガンプレイもきちんと作り込まれているのはとても素晴らしいんだけど、私にとっての『BF』はやっぱり大スケールの戦場だね。戦うときも、常に目標を確保する事は、銃撃戦で他のプレイヤーを倒すのに勝ると信じているよ。

EAA!!:一部の人からはまるで「アルゴンヌ」の森だなと言われていますが、そこはどう思います?

Adam:「アルゴンヌ」?ゲームプレイは似ても似つかないと感じたけど、ビジュアル面は同じく素晴らしいと思うね。

Al Sundanの感想

Adam:こんなにBFらしいなと思えたマップは久し振りだよ、本当に何年ぶりだろうね。『BF1942』を思い出したさ。

EAA!!:大きいマップに3要素全てが詰まっているのは既存のマップだと「Hamada」もそうですが、あれはちょっと違うんです?

Adam:Hamadaはまだ歩兵向けのマップだと感じたんだ。遮蔽や起伏が多かったからね、実際にあのマップで戦車戦を繰り広げようものなら結構難しく感じるんじゃないか?どこからでも兵士が死角から襲ってくる。

EAA!!:そうですね、遺跡側には死角は事欠きませんし、A~D拠点も結構山肌に隠れられる所が多いですし。戦車枠が多いのは良いのですが、実際はかなりキツい手応えでしたね。

Adam:まさにそこだ、一方Al Sundanは見た所、細かい起伏が少なく、オアシス側や滑走路は完全に開けているし、平べったさもある。

EAA!!:なるほど、そこが「Al Sundan」の良い点だと?

Adam:ああ、でも同時に悪い点でもある。現状の設計だとオアシス側に拠点が有るわけでもないから、そもそも戦略上わざわざオープンフィールドに関わりに行く必要がないんだ。ここは要改善だな。

ThetacticalBrit

Maritaの感想

Tactical:このマップは間違いなくDICE LAの手によるものだな!レーンの作りや迂回ルートの配置の隅々にクセがにじみ出ているぞ!

EAA!!:わかるものなんですね(笑)

Tactical:おうとも!ビジュアルを美しく作り込んでいるのもLAならではだ、現状もっとも美しいマップじゃないかな?それに、BFBC2を強く思い出すね。輸送車両の数や歩兵の為に用意されたレーン配置も完璧だ。最も楽しい歩兵マップになるだろうさ。

Al Sundanの感想

Tactical:最高に好きなマップだな、愛していると言ってもいいよ。

EAA!!:おっ、ビークルマップが好きなんです?

Tactical:ああ。こんな感じにビークルと歩兵がシームレスに交差するマップはたまらないね。HamadaやPanzerstormはこうはいかなかった、「流れ」がどこか欠けていたんだ。

EAA!!:流れ?というと、戦線がくっきりしていないとか?

Tactical:いや、歩兵だな。歩兵があの2マップだと居場所が無い感じがしたんだよ。だけど「Al Sundan」にはちゃんと歩兵の場所が用意されている。B、C、D、E拠点は歩兵戦闘に充分な、しかし広すぎない空間を提供してくれている、そのバランス感覚が良いと感じたね。

Westie

Maritaの感想

Westie:市街地版の「アルゴンヌ」だね。マップ中央は縦に空間が広いのは特にその点を思い起こさせる。

EAA!!:植生と建物がごっちゃになっているのもそういう雰囲気をだしていますね。

Westie:そうだね、ただしやっぱり市街寄りの構造になっているけど。構造と言えば、気になったのは建築物の硬さだね。気のせいかもしれないが、やたらと硬い気がするんだ。ダイナマイトやPIATを何発も撃ち込んでも壊れなかった。「破壊表現」を活かしにくいマップだから、今までとは変わった戦略やアプローチを試せるかもね。

EAA!!:破壊表現が効きにくいこと自体もマップの特色というわけですね。他に気になった点とかはあるんです?

Westie:それ以外で言うと、そうだな…あ!A旗にトラクターがあったな。皆で乗り回して遊んでいた。あれは楽しかったよ。

Al Sundanの感想

Westie:最初に気づいたのは「旗なき戦い」からは殆ど変わっていないという点だったね。

EAA!!:マルチプレイ向けに特別に調整した箇所は見当たらなかった、という感じでしょうか?

Westie:うん、それだけ調整が上手いのかもしれないけれどね。空港の配置は面白そうだったし、Fも戦車枠が増えるから非対称的なボーナス拠点になっているのは面白いね。B、C、D拠点は歩兵向けだし、様々な要素がミックスされた味わい深いマップになりそうだ。そして、色彩が素晴らしく美しかった。

EAコミュニティマネージャーのAdam Freeman氏とJeff Braddock氏よりのコメント

EAA!!:で、お二方はどう思うんです?

Jeff:私達にも聞くのかい?

EAA!!:ええもちろん。開発内でもテストプレイをなさるのでしょう?これも貴重なフィードバックというやつですから。

Jeff:(笑)そうだな、実は「Al Sundan」はまだやれてないんだが、「Marita」だけで良いなら。レーンがあって、迂回路があって、楽しい。シンプルに纏めるとそんな感じだな。あとは、『BFV』内でも最も美しいマップだ。「Mercury」に匹敵する、もしくは超える美しさだね。

EAA!!:ありがとうございます。では続いてAdamさんも!

Adam:ん?えー…「Fucking, Great.」以上だ。

EAA!!:シンプルな答え、どうもありがとうございます(笑)

Jeff:実装された暁には、皆に心ゆくまで楽しんで欲しいね。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4

1,550円(11/12 03:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENTS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    Maritaはかなりの良マップだけど、D拠点を連合軍側のほうが高い位置から攻撃できるから枢軸が結構不利に感じる。Al sundanはHamadaと同じような問題がある。あと、航空機を結構使うんだが、蜃気楼マップで歩兵が見えなくて残念。

  2. By 匿名

    昨日プレイしたけど本当にMaritaは美しく、そして歩兵重視のプレイが楽しめて自分史上最高のマップだった
    しかし本当にチーターが多すぎる
    どこのサーバーにいけばまともにプレイできるんでしょうか?

    • By Jeff

      オセアニアサーバーは100ping前後だけれども、そちらもたまにチーターが居るので要注意です。
      米国サーバーはサーバー名からは判別できませんが、実は西海岸(130ping前後)と東海岸(150ping前後)の二種類があるので、前者の方に入ればギリギリ快適にプレイできるPingでチーターも比較的少ない環境で楽しむ事ができます。それでもたまーにチーターが来ますが。

      プライベートサーバーが来たら状況が大分改善されると思うので、それまでの辛抱ですね。

  3. By 匿名

    あぁBF3楽しいわぁ
    いまだXboxに普通に満員サーバーあって草生える

  4. By Gon taro

    こういう記事見れるのは、Jeff氏だからだよね。もっと深堀りした話みたいです

コメントする