ゲーマー国勢調査2023 結果発表!

[速報] BFV:偵察フレア弱体化!アップデート5.2にて

  • URLをコピーしました!

先日様々なアップデートプレビューが公開されたばかりの『Battlefield V(バトルフィールド 5)』ですが、コアゲームプレイデザイナーのFlorian氏のツイッターを通して偵察フレアに関する追加情報が発信されました。

CONTENTS

偵察フレア弱体化

発信が行われたのはツイッターでのユーザーとの会話の最中。「フレアの強化でブレイクスルーが特に難しくなった」、「目標に絡まずとも弾薬箱の横で棒立ちしてフレアを撃つだけで1位になれる」という、偵察フレアの調整要望を語るユーザーに対しての返答です。

Florian氏の返事によると、偵察フレアはアプデ5.2で以下の調整を施される予定です:

  • フレアの持続時間の減少(現30秒)
  • 範囲半径の減少(現最大で40m)
  • 持続効果が発生するスポット(偵察スコープ、スポットカメラや兵科のパッシブ能力)は効果時間を減少

更に補給ステーションのクールタイムも相応に調整され、全体的には補給ステーションを頼りにしすぎないように環境を変えるとのことです。

5.0での強化はやりすぎか?

10月末のアップデート5.0で効果時間を30秒に延長されたばかりの偵察フレア。地道に偵察を通してチームワークに貢献してきた斥候プレイヤーからは喜びの声が多く上がりましたが、一方で拠点攻撃が著しく難しくなったという声も上がり、特に太平洋のブレイクスルーマップでは日本軍(防衛側)が堅牢すぎるという米軍の嘆きも。

もちろん、ブレイクスルーは全体として慣れないうちは防衛側が有利になるデザインですので、硬いというのも様々な要因が絡み合ったものです。ですが、大幅強化された偵察フレアがその一因となっているのは間違いないでしょう。

[速報] BFV:偵察フレア弱体化!アップデート5.2にて BFV Flare Nerf Vehicle

▲ビークルのフレアはただでさえ2発射出な上に、持続時間だけでなく効果範囲まで強化されていた。間違いなく現環境の洋上戦闘機無双の一因だろう

アップデート5.2では銃器の遠距離ダメージが全体的に削られ、戦闘環境が今までより大幅に近距離化することが予想されますが、全体的なスポット手段の弱体が合わさると、横や裏を取りマルチキルにつなげる立ち回り力が今までよりも試される事になりそうですね。

『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は11月20日で、対象機種はPlayStation 4Xbox OnePC

[wpap service="with" type="detail" id="B07D85MDDM" title="Battlefield V (バトルフィールドV) - PS4"]

Source:

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (13件)

  • やっぱりこの運営はズレてるなー
    バグを直せ航空機の鬼畜ナパームを弱体化しろよ

    • ホンそれ。
      フリーガーも遠距離ダメも修正する必要ないと思う。

  • フレアは持続時間以外は今のままで良いと思う。
    じゃないと援護兵の弾薬箱とか拾われないと思う。
    あと撃ち落とした時にスコア欲しい。

    • 次のアプデでスコアもらえるようになるらしいよ

  • フレアが強いのはまあ分かるけども偵察スコープまで弱体化はマジで意味が分からない
    せっかくいい感じになりかけてるのになぜ水を指すような真似をするのか

  • 逆に今の歩兵フレア援護するってどんなプレイしてるんだ。

  • フレアゲーになってたからこの調整は必須だろ
    全体に与える影響が強すぎる

  • 正直、5.2は要らん調整ばかりな気がする。
    それより細かいバグ直したり、武器迷彩解除を緩和して欲しい。

  • 偵察フレアナーフか・・・それなら索敵スコープでキチンとスポットしないといけなくなるな

  • バランス調整下手かよ
    まじで不要な事しかやらない

  • 撃ち落すときの当たり判定を大きくすりゃええやん

1 2

コメントする

CONTENTS