CoD:ゴースト:ローカライズは米国で。その理由とスクエニの意気込み

CoD:ゴースト:ローカライズは米国で。その理由とスクエニの意気込み

例年通り、最新作『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』のローカライズも担当しているスクウェア・エニックスですが、スクエニのローカライズプロデューサー塩見卓也氏が、翻訳・改訂作業が日本国内ではなくアメリカロサンゼルスで行われている理由と、その意気込みをファミ通さんのブログで語っています。

『コール オブ デューティ ゴースト』ローカライズ担当が渡米する理由

square_enix_America_office

さて、前回「なぜアメリカに来ているのか」という事について後に語るとお伝えしましたが(*前回は挨拶のみ)、今回はその理由について、『コール オブ デューティ』(以下『CoD』)のローカライズの仕組みと共にお話していきたいと思います。

実は……「ゲームのデータがアメリカにあるからです!!!」

理由はそれだけです。なのでアメリカはLAにあるActivisionのオフィスに作業をしに来ています。

全世界で1000万本以上売れちゃうタイトルですから、セキュリティ面を考えたら当然と言えますよね。

塩見卓也氏のメインミッションは「可能な限りローカライズのクオリティを上げる!」ことで、今後も普段なかなか目にすることのできないローカライズ関係の続報を公開してくれます。情報が入り次第またお伝えします。

『Call of Duty: Ghosts』は2013年11月14日にプレイステーション3、Xbox 360、Wii U、そしてPC向けに字幕版が発売。吹き替え版はPS3版、Xbox 360版が2013年12月12日、PS4版が2014年2月22日発売予定、Xbox One版の発売日は未定となっています。

Source:ファミ通.com

RECOMMEND