アメリカのマクドナルドがTwitter大喜利の結果、『Destiny 2』の新DLC「漆黒の女王」を宣伝

アメリカのマクドナルドがTwitter大喜利の結果、『Destiny 2』の新DLC「漆黒の女王」を宣伝

『Destiny 2(デスティニー 2)』は日本時間2022年2月23日(水曜日)に5年目コンテンツ「漆黒の女王」を配信します。 そんな『Destiny 2』の新情報をあのマクドナルドが一方的に告知をするという微笑ましい光景がTwitter上で繰り広げられました。

事の発端は一つのツイートから

日本でもTwitter上で企業PRアカウントの中の人がネタを投稿したり暴走したりといったいわゆる「Twitter大喜利」が度々見られますが、アメリカでも同様のケースが多々発生しています。

アメリカのマクドナルド公式Twitterアカウントが「今日の看板は何を告知すべき?」とツイートしたことから全てが始まりました。

その結果、様々なアカウントがマクドナルド公式アカウントへネタを投稿しますが、とあるユーザーが「Destiny 2 漆黒の女王は2022年2月22日発売。予約受付中。」とツイートしたところ、マクドナルド公式アカウントの目に止まります。

ネタへの驚異的な反応速度

マクドナルド公式アカウントはこのツイート文を掲載してもよいか、Bungie公式アカウントとDestiny 2公式アカウントに尋ねたところ「告知してください!」とのリプライ。

それから25分後、マクドナルド公式アカウントが実際に『Destiny 2』の新DLC「漆黒の女王」を告知するというコラボが生まれました。

このツイートは記事執筆時点では3,300件を超えるリツイートと13,000件を超えるお気に入り登録など十分な数値を記録しており、一人のユーザーの呟きから大きな宣伝効果を生み出すこととなりました。

マクドナルド公式アカウントの中の人は『Destiny 2』ネタにも精通しているようで、「ケイド6が恋しい」や「バンシー44に聞いてみる」といったリプライをしており、海外での『Destiny 2』の大きな人気が見えます。

関連記事: 今から始める無料FPS『Destiny 2』: 前作から最新DLC「光の超越」までの6年間のストーリーあらすじ

その他のゲームネタにも反応

マクドナルド公式アカウントは『Destiny 2』以外のネタにも軽快に反応しています。 Xboxと『Halo (ヘイロー)』公式アカウントが「ゲーム」と「同意」とそれぞれリプライを送ったところ、マクドナルドは「プレイヤー2(@Halo)がゲームに参加しました」と対応。

その他に、『Final Fantasy 7(ファイナルファンタジー 7)』の主人公クラウドとエアリスのカップリングを意味する”Clerith”や、『Among Us (アマングアス)』公式アカウントからのリプライにも反応しています。

世界有数のファストフード企業であるマクドナルドはオーダーが入ってから提供までのスピードを重視していますが、同社のSNS担当者も同じようにスピーディな対応を実現し、誰も損をすることなく自社も他社も宣伝して楽しめるTwitter大喜利となりました。

基本プレイ無料FPS『Destiny 2』の対応機種はPS5 / PS4 / Xbox Series X | S / Xbox One / PC。 5年目大型拡張コンテンツとなる「漆黒の女王」は2022年2月23日に発売。

Source: @McDonalds, @Destinythegame, @stonesandsnakes, @Halo

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    神対応

コメントする

*