レインボーシックス シージ:新オペレーターは3人目の日本人? “イヤー7シーズン1″ティザー公開

レインボーシックス シージ:新オペレーターは3人目の日本人? “イヤー7シーズン1″ティザー公開

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー6シーズン4「オペレーション・ハイキャリバー」が進行中。日本時間2月13日にはシージ公式Twitterより、次回のイヤー7シーズン1のティザー画像が公開されました。

イヤー7シーズン1のティザーが公開

日本時間2月13日、シージ公式Twitterより意味深なgif画像が投稿されました。過去のシーズンの傾向から、今年から始まるイヤー7シーズン1のティザーであると思われます。

一方で非常に気になるのは、日本モチーフに見える点です。「鬼面」という文字の内側には金箔風の背景に鶴が描かれており、室町時代以降の花鳥画を連想させますが、日本人オペレーターとしては既にHibana(ヒバナ)とEcho(エコー)の二人がいます。イヤー7にして3人目の日本人オペレーターが登場するのでしょうか。

イヤー7の新コンテンツは?

過去の開発スタッフの発言などを振り返ると、現時点では以下のアップデートが保留のままとなっています。多くは実装時期不明ですが、イヤー7ではこれらの幾つかが実装されるものと思われます。

  • ADS速度のリワーク(Y6S4プレシーズンデザイナーノート
  • Goyo(ゴヨ)リワーク(Y6S4プレシーズンデザイナーノート)
  • 「射撃練習場」の実装(21年のAMA
  • 「アタッカーリピック」の実装(21年のAMA)
  • ウォーミングアップモードの実装(テスト済み)
  • Valkyrie(ヴァルキリー)のブラックアイ弱体化(延期されていた変更
    • チーター対策に関するアップデート(継続事項)

他にも、新イヤーでは事前のヒントがなかった新コンテンツがサプライズ発表されることも珍しくありません。

2月20日と21日に全貌公開

気になるイヤー7シーズン1の全情報、そしてイヤー7全体のロードマップは、現在開催中の世界大会「シックスインビテーショナル2022」の配信を通して、以下の日程で発表が行われます。この日に向けて次は新オペレーターの紹介が行われることが予想されるため、引き続きシージ公式Twitterのチェックをお忘れ無く。

  • 日本時間2月20日午前0時30分:新シーズン(イヤー7シーズン1)発表
  • 日本時間2月21日午前1時:「イヤー7」全体のロードマップ公開。eスポーツの今後の展開についても新発表

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    カジュアルは3ラウンド先取に戻してほしいな
    サクッと遊びたいのに長丁場になるのはなんだかね

  2. By 匿名

    ヒバナのダンスイラッとする

  3. By 匿名

    キーマウ解禁してクロスプレイは?

    • By 匿名

      PCでやれ

  4. By 匿名

    アタッカーリピックはやめてくれ…

  5. By 匿名

    射撃訓練場実装待ってやす。

  6. By 匿名

    カジュアルからタワーやヨット等を消してほしい。

  7. By 匿名

    CSとのクロスセーブまだ?

  8. By 匿名

    気づけばもうイヤー7なんだな、早く次の情報が見てみたいな

  9. By 匿名

    新しいマップとマッププール変更が楽しみだ
    ゴヨは使い物になるガジェットであることを祈るばかりだ

コメントする