SteelSeries 最新ワイヤレスヘッドセット「Arctis 7P+」徹底レビュー: 多機能な専用ソフトと万能ゲーミング性能、見た目もGOOD!

SteelSeries 最新ワイヤレスヘッドセット「Arctis 7P+」徹底レビュー: 多機能な専用ソフトと万能ゲーミング性能、見た目もGOOD!

「Arctis 7P+」のいまいちなところ

  • ダイアル操作が緩く、少し触れただけで回転してしまう
  • Pモデルと通常モデルでサイドトーンダイアルの機能が異なる
  • マイクは本体に閉まっていても機能するのでミュートを忘れやすい
  • いじれる機能が多すぎて上級者向け。取扱いに気を使う必要がある
  • イヤーパッドの高さが短いので耳が大きいとスピーカー部分に接触するため肌を擦る感触が常に残る
  • 初期装備のイヤーパッドは他の密閉型(レザーのイヤーパッド)に比べて周囲に少しだけ音が漏れている
  • 割と重い354g
  • 付属品のアナログ接続用オーディオケーブルは短い
  • 「SteelSeries GG\Sonar」起動時に必ずサウンドの規定デバイスがGG関係に更新されてしまう

Arctis 7P+のダイアルはどれも緩く、少し触れただけで回転してしまいます。なので装着時や取り外し時、マイクのミュート時に誤操作してしまうことが多くあったので気を使う必要があります。

今回レビューしたPモデルと通常モデルは一部機能に差異があります。PSカラーではない「Arctis 7+」というモデルがあり、こちらはサイドトーンダイアルの代わりにChatMixダイアルが搭載されています。ChatMix機能はPC(Macを除く)以外のプラットフォームだと活かすことができないため7P+だけ仕様変更されたと思います。今後のArctisシリーズは専用ソフト「Sonar」を活かした設計になるかもしれません。

Arctis 7P+のマイクですが、マイクの状態による自動ミュート機能はありません。マイクミュートボタンが飛び出ている状態がミュートオン、押し込まれていればミュートオフです。ミュートオフでマイクをArctis 7P+から伸ばしていないとスピーカーのそばに配置されるのでゲーム音を拾ってしまいます。ミュートを忘れて通話相手に迷惑をかけてしまわないようマイクには気を付けましょう。

ミュートボタンが飛び出ていればミュート状態

専用ソフトを含めてとにかく多機能なワイヤレスヘッドセットなので、ゲーミング性能は素晴らしいのですがPC初心者には使いこなすのは難しいかもしれません。

イヤークッションですがスピーカー部分に筆者の耳が僅かに接触します。調べたところによると前バージョンより高さが増しているそうですがイヤークッション自体の奥行きが短いので人によっては肌を擦る感触が不快に感じるかもしれません。密閉型ですがAirWeaveイヤークッションはレザー製のクッションと比べて装着時に多少音が漏れ出ます。通気性の代償になりますが、どうしても気になる方は公式サイトから3種類のArctis専用イヤークッションを購入できます(価格はどれも$14.99)。

イヤークッションは取り外し可能。公式サイトで別素材のイヤークッションが販売されている

公称本体重量が記載されていなかったので測定してみた所、Arctis 7P+の重量は354gと重い部類に入ります。サスペンションバンドのおかげで装着感は良いですが軽いヘッドセットを探している方は候補から外れてしまうでしょう。

軽いとは言えないレベルの重量級

付属品のアナログ接続ケーブルは1mの長さしかなく据え置き型ゲーム機の位置によっては長さが足りなくなり別途延長ケーブルを購入する必要があります。どうしても有線でプレイしたいゲーマーは用意しておきましょう。

サウンドコントロールパネルの設定で「既定デバイス」がSteelSeries GGのSonar起動時に自動で毎回変更されてしまいます。特に録音のマイクまで変更されるため通話アプリの録音サウンドを「既定」に指定してる方は混乱してしまうかもしれません。今後のアップデートで更新されないオプションを実装してほしい所です。

Sonar起動で自動的に規定デバイスが変更されてしまう

最後に値段設定ですが、ゲーミングと名付けられたワイヤレスヘッドセット場で20,000円台はミドルハイエンド帯に入ります。有名メーカーと比較しても安価とは言えませんがArctis 7P+は機能面から見れば間違いなく完璧のゲーミング環境を使用者に提供してくれます。

PS5コントローラーとArctis 7P+は映える
PS5にかけても映える、とにかく見た目がGOOD!

総括:ゲーミングに必要な性能は全て持っているワイヤレスヘッドセット、あとは使い手次第で化ける

ゲーマーとして欲しいと思った要素は完備してると言って大丈夫なぐらいに多機能なワイヤレスヘッドセット。PCでは専用ソフトでサラウンドとイコライザー対応、さらにミキシング機能まで使えるので収録用途でも困りません。SonarはArctis 7+または7P+利用者限定のアーリーアクセスですが、今後のアップデートでさらなる改善が楽しみです。

初めてワイヤレスヘッドセットをお探しの方は勿論ですが、ゲーム用途で複雑な機能を使いこなせる自信のある方にArctis 7P+」はその要望に応えられるヘッドセットとしてオススメできます。

「SteelSeries Arctis 7P+」製品仕様

製品名SteelSeries Arctis 7P+
型番61471J
モデルラグフリーワイヤレスゲーミングヘッドセット
本体色白(ホワイト)
発売日2022年2月11日(金)
ヘッドホン部サラウンドサウンド:DTS Headphone: X v2.0
ヘッドホンタイプ:オーバーヘッド
イヤーパッド:AirWeaveイヤークッション
ヘッドホン構造:密閉型
ドライバーユニット:S1 オーディオドライバー
ドライバーユニットサイズ:40mm ネオディミウムドライバー
感度:98dB
周波数特性:20~20,000Hz
インピーダンス:32
コントローラー:音量コントロールオンイヤーカップ
マイク部マイクタイプ:SteelSeries ClearCast マイク
マイク集音特性:双指向性
マイク周波数特性:100~6,500Hz
マイク感度:-38dBV/Pa
マイクロフォンインピーダンス:2,200Ω
マイクロフォンの位置:格納式
ノイズキャンセリング機能:有
マイクコントローラー:ミュートトグルオンイヤーカップ
保証期間1年間
本体サイズ(幅×奥⾏×⾼さ)未公開
本体重量354g
接続I/FワイヤレスUSB-C/3.5mm(4極)プラグ
ワイヤレス操作距離(m)40フィート/12m
無線方式2.4Ghz
バッテリー寿命30時間持続可能
ソフトウェアSteelSeries GG / Sonar
必要システムWindows® 10以降、Mac、Xbox Series X|S、 Xbox One、PlayStation® 5 または PlayStation® 4
3.5mmポートを搭載したモバイルデバイス
Dolby Atmos、Windows Sonic、Tempest 3D Audio⽴体⾳響に対応
同梱物Arctis 7P+ 本体、 製品ガイド、 USB-C ワイヤレストランスミッター
USB-C to USB-Aアダプター(本製品専用)、 モバイルオーディオケーブル、 USB充電用ケーブル
価格(オープン)23,070円(税込)

コメントする