レインボーシックス シージ:世界大会”SIX JÖNKÖPING MAJOR 2022″グループステージDAY2結果 / CAG執念の1勝でグループ突破に望みつなぐ

レインボーシックス シージ:世界大会”SIX JÖNKÖPING MAJOR 2022″グループステージDAY2結果 / CAG執念の1勝でグループ突破に望みつなぐ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』競技シーンでは、11月21日より世界大会SIX JÖNKÖPING MAJOR 2022(以下、ヨンショーピングメジャー)が開催中。この記事ではグループステージDAY2の結果をお届けします。

ヨンショーピングメジャーが開催中

日本語配信
日本語配信の日程(Twitch

ヨンショーピングメジャーは、年に3回行われるシージ競技シーンの世界大会「シックスメジャー」の1つで、2022年度最後のメジャーとなります。今回はスウェーデンのヨンショーピング市にて、現地のeスポーツイベントである「DreamHack Winter」内で開催されています。

日本チームCYCLOPS athlete gaming(CAG)も、2大会ぶりにメジャーに出場中。世界4地域のベスト4チーム、計16チームがチャンピオンの座を懸けて激突します。

  • グループステージ:21日~23日(ストックホルムにて無観客開催)
  • プレイオフ:25日と26日(ヨンショーピングで開催の「DreamHack Winter」にて有観客開催)
  • グランドファイナル:27日(同上)

アジアチームの苦戦続く

初日の2試合をオーバータイム2敗で終え、グループAで最下位となったCAG。DAY2では、北米チームSoniqsとの対戦からスタートしました。

「クラブハウス」で攻撃から入ったCAGは、Soniqsのハードピークや果敢なエントリー勝負にどうにか対処しつつ、3-3と十分なスコアで防衛に回りますが、Soniqsのスピードに徐々に押し込められる形となりました。防衛で逆に劣勢となり、最終スコアは4-7で敗北。これで3敗目となったことで、グループステージ突破に暗雲が立ちこめます。

DAY2の前半は他のAPAC勢も振るわず、韓国のSANDBOXはヨーロッパのHeroicに1-7とほぼストレート負け。タイのFURYも北米のSpacestation Gamingに1-7で完敗。そして台湾のDire Wolvesも、ヨーロッパの「オオカミ」チームであるWolves Esportsに2-7で敗北と、他の地域にひたすらポイントを献上し続ける苦しい展開が続きました。

その他の試合では、フランスの優勝候補チームであるBDSと、ブラジルの筆頭チームであり、同国で今最も勢いのあるw7mの対決に注目が集まりました。「高層ビル」で行われた直接対決は、w7mが7-5で勝利。統計上は防衛有利とされるマップでしたが、どちらも攻撃でラウンドを取り合っていました。

CAGまず1勝、グループAは混戦に

DAY2の後半で、CAGはブラジルチームBlack Dragons(BD)との2戦目を迎えます。ここでオーバータイムなしで敗北すると、グループステージ突破の可能性は1%。ほぼ敗退が決定するという厳しい状況でした。

しかし対戦マップがDAY1と同じ「銀行」に決まり、さらにBANオペレーターもDAY1と同じという、まるで昨日の続きのような興味深い試合が始まります。

CAGは情報の優劣で差をつけられたDAY1での課題をこなしつつ、さらにAyagator選手も防衛で器用にマップを駆け回り、高いスタッツを叩き出します。前日の反省会という側面もあったこの試合で、CAGは見事に修正力を発揮し、BDに対して7-5とリベンジに成功しました。

並行して行われていた試合では、SoniqsがMNMに勝利して3ポイントを獲得したことで、グループAは2~4位のチームが5ポイントで同数となりました。大勢の見えない混戦模様となった中、CAGはグループ突破を懸け、明日のDAY3に臨みます。

アジアチームからの朗報はこの後も続き、台湾のDire Wolvesが奮起します。DAY1で1-7と惨敗したメジャーチャンピオンFaZeを相手に、再び「高層ビル」で対決。今回は「MMR1万の男」こと、大会唯一の中国人選手であるReeps96がついに実力を発揮します。14キルでエントリー勝負も4連勝という好パフォーマンスでFaZeを退けることに成功し、7-3で勝利。彼らもプレイオフ進出への望みをつなぎました。

グループステージはクライマックスへ

groupA
グループA順位(DAY2終了時点)。2~4位がポイントで並ぶ

DAY2が終わった時点で、全グループで最高のポイントを獲得したのは、オーバータイムなしでの4連勝に成功したブラジルのw7mとTeam Liquidでした(共に12ポイント)。昨年の半ばまではブラジルが覇権支配していたシージ界ですが、スウェーデンで再びこの国の強さが証明されるのでしょうか。

SiegeGGのスタッツでも、w7mのエースKheyze選手が、レーティング、キルデス比、エントリー勝数を独り占めしています。

日本チームCAGはDAY3の初戦で、MNMと再戦します。DAY1でラウンドスコア1-5からの逆転敗北を喫した相手ですが、チーム初のグループ突破を目指し、リベンジを果たしたいところです。

グループステージは、A配信B配信に分かれて行われます(ともに英語。日本語配信はこちら)。CAGの試合日程は、日本時間で以下の通りです。

  • 23日午後6時30分:vs MNM(2回目、B配信+日本語配信)
  • 23日午後11時50分:vs Soniqs(2回目、B配信+日本語配信)

イヤー7シーズン4コンテンツが発表

ソリス外観
Y7S4では新防衛オペレーターとしてSolis(ソリス)が登場する

グループステージの配信内で、次回の大型アップデートであるY7S4「オペレーション・ソーラーレイド」の全情報が公開されました。

「防衛側IQ」として高いポテンシャルを持つ新オペレーターSolis(ソリス)や、競技向け新マップ「ナイトヘイヴンラボ」など、新コンテンツの全貌は以下の記事をご覧ください。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Ubisoft (ユービーアイソフト)
¥3,850 (2022/09/10 12:18時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
Rakuten

Source: Twitter

コメントする