PS4は“買い”なのか?FPSプレイヤー視点でPlayStation 4をじっくりレビュー

PS4は“買い”なのか?FPSプレイヤー視点でPlayStation 4をじっくりレビュー

欧米ではすでにヒット中のPlayStation 4(PS4)ですが、日本では2014年2月22日に発売予定。いよいよその日が迫っています。そこで今回はPS3やXbox Oneとの比較レビュー動画の紹介です。PS4の主な特徴と言える、”高画質”と”新コントローラー”、そして新たに搭載される“SHARE機能”にもフォーカスしてみました。

FPSプレイヤーからみたXbox Oneとの比較

FPSではXbox系コントローラーの方が優れているとの声も聞かれますが、下の動画内では、FPSプレイヤー視点で画質やコントローラーなどをXbox Oneと比較しつつ簡単にレビューされています。
PS4のコントローラーはXboxのものに近くなっており、個人差はあるかもしれませんが、FPSで使用するには扱いやすい形状になっているようです。また、当然ながら画質は現行機にくらべ大幅に向上しています。

【Play Station4】ShouheiのPS4 簡単レビュー動画

コントローラーの高解像度の比較画像はこちらでどうぞ。
“PlayStation 4”と“Xbox One”コントローラーの高解像度比較画像

PS4 vs Xbox One 画質比較

『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』にて両機種の画質を比較した動画です。

Call of Duty: Ghosts in 1080p – PS4 vs. Xbox One Commentary

こちらは『BATTLEFIELD 4(バトルフィールド 4)』の比較動画。どちらかと言うと『CoD: Ghosts』は現行機メイン、『BF4』は次世代機に焦点を当てて開発されたとのことです。

Battlefield 4: Xbox One/PS4 Graphics Comparison

PS4 vs PS3 画質比較

PS4は“買い”なのか?FPSプレーヤー視点でPlayStation 4をじっくりレビュー
クッキリハッキリ

『Call of Duty: Ghosts』を題材にしたPS4とPS3の比較動画。PS4の映像はモデリングはもちろん、色彩にも深みがあります。

Ghosts: PS3 vs. PS4 Gameplay Comparison (Current Next Gen Graphics New Playstation 4 1080p HD)

オンラインマルチプレイヤー料金

PlayStation 4ではPlayStation 3と違い、オンラインマルチプレイヤーにはPlayStation Plusへの加入が条件となります。
PSPlus料金

利用料は月額500円で、年間なら5,000円。一方のXboxは月額819円で年間5,229円となっています。
PlayStation 3ユーザーにとっては、これまで無料だったマルチプレイヤーに利用料が発生するのは抵抗があるかもしれませんが、毎月たった400円余りでプレイし放題で、無料ゲーム配信や割引販売、先行体験や製品版体験、オンラインセーブに本体自動更新まで付けば安いもの!?

PlayStation®Plus | プレイステーション® オフィシャルサイト

録画機能はどうなの?

PS4が持つ、簡単に手元でプレイ映像を配信できる”SHARE機能”。Xbox Oneにも録画機能は搭載されていますが、FPSプレイヤーが使うならどちらが使いやすいのか。下の動画でその比較がされていますが、主な違いは以下のとおり。

PS4の録画機能

  • 最大15分録画可能
  • コントローラーに”SHAREボタン”内蔵
  • PS4で簡単な編集(トリムのみ)が可能
  • SkyDrive未対応のため、PCへの動画の移行に一手間
  • YouTubeに直接UPできない。Facebookのみ対応
  • 生放送は”ニコニコ生放送”、”Ustream”、”Twitch”に対応

Xbox Oneの録画機能

  • 最大5分録画可能
  • 「Xbox Record That」としゃべると30秒間さかのぼっての録画が可能(要キネクト)
  • Upload Studio(無料)で簡単な編集が可能
  • YouTubeへ直接のアップロードは不可
  • SkyDriveを利用して動画を簡単にPCへムーブ可能
  • 生放送は”Twitch”に対応

FPSの試合の実況には15分の録画が可能なPS4が有利で、生放送に関しても複数のサイトに対応しているPS4の勝利と言えるでしょう。
一方、モンタージュ作製などの動画の編集は、ある程度の編集機能があり、編集したクリップをPCに簡単に移せるXbox Oneが向いていると言えそうです。

【PS4とXbox Oneを比較】次世代機のゲームキャプチャー&編集機能を比較してみる

なおゲーム実況にはこちらのアイテムも人気です。
ゲーム実況に最適?PC不要、ボタン1つで録画してYouTubeへアップロードできる“AVT-C285”

『BATTLEFIELD 4』の64人対戦も可能に!

現行機では不可能だったBF4の64人対戦や、CoD:Gでのグランドウォーも、新世代機なら可能になります。
待ち遠しい多人数対戦も、北米版ですでにプレイしている実況者さんがおられます。その様子がこちら。

[PS4版] これが64人対戦だ!!!バトルフィールド4 マルチプレイ #1

FPS好きとしては、注目タイトルである『Titanfall(タイタンフォール)』がPS4で発売されないことが不安材料ではありますが、『DESTINY(ディスティニー)』や『Killzone: Shadow Fall(キルゾーン: シャドーフォール)』などの期待タイトルがプレイできます。

また、ライバル機“Xbox One”に対して低価格で、簡単に手元でプレイ映像を配信できる”SHARE機能”を搭載。スマホやタブレットをセカンダリスクリーンとしての使用やPlayStation Vitaでのリモートプレイなどの優位点もあります。

みなさんはどっち派ですか?PlayStation 4?Xbox One?両方?PC?

関連エントリ:
2013年実売台数:PS4 420万台、Xbox One 300万台。PS4は「爆発的な普及」