レインボーシックス シージ:「オペレーション・シャドーレガシー」スタート、テストサーバーの変更点まとめ

レインボーシックス シージ:「オペレーション・シャドーレガシー」スタート、テストサーバーの変更点まとめ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではいよいよ新シーズン「オペレーション・シャドーレガシー」がスタートしました。

今回は、新シーズンのコンテンツ発表後に、テストサーバーを経て変更が加わった部分について紹介していきます。

Zeroのオペレーターカードが変更

「オペレーション・シャドーレガシー」では、Ubisoftの『スプリンター・セル』シリーズでおなじみの主人公サム・フィツシャーが、新オペレーターのZero(ゼロ)として登場します。

彼のオペレーターカードは、テストサーバー中に発表時のものから変更されました。正面を向いたことで、その面立ちや胸元に見えるスーツから、『スプリンター・セル』のプレイヤーなら彼と気付けるようになっています。

Zeroのロードアウトや、強力な情報系ガジェット「アーガスランチャー」については以下の記事をご覧ください。

レインボーシックス シージ:「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(1/5)、新オペレーター”ZERO”ことサム・フィッシャー参戦、アーガスカメラで情報戦を支配せよ

新しいサイト構成

新たに追加された「1.5倍サイト」や「新型ホロサイト(MH1)」などの情報はこちらの記事をご覧ください。

レインボーシックス シージ: 「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(2/5)、「山荘」リワーク/新型サイト/マップBANシステムなど

「シャドーレガシー」ではほとんどの武器のサイト構成が変更され、公式サイトでその一覧が公開されていましたが、現地時間9月1日付TTSパッチノートなどによってさらなる調整が入っています。

  • 新型ホロサイトを旧型(NATO)に戻す
    • Wamai(ワマイ): AUG A2
    • Oryx(オリックス): Mp5
    • Pulse(パルス): Ump 45
  • 旧型ホロサイトを新型と交換
    • Castle(キャッスル): Ump45
    • Doc(ドク): Mp5
    • Echo(エコー): Mp5SD
  • Nonad(ノーマッド)の武器のサイトについて
    • ARX: 1.5倍サイトを削除し2.0倍サイトを追加
    • AK: 2.0倍サイトを削除し、1.5倍サイトと2.5倍サイトを追加
  • その他の追加
    • Mozzie(モジー)のP10 Roniに1.5倍サイトを追加
    • Alibi(アリバイ)のACS12に1.5倍サイトを追加
    • Maestro(マエストロ)のACS12に2.0倍サイトを追加
    • Hibana(ヒバナ)のType-89に2.5倍サイトを追加
  • 1.5倍スコープについて
    • サイズ減少
    • 武器によってはADS時にアイアンサイトのフロント部分が邪魔になっていたのを改善。位置を高くした
  • 新型ホロサイトについて
    • レティクルのサイズ減少

感度設定について

サイトの種類が増えたことに合わせて、サイトごとに感度設定が行えるようになりました。

しかし「どうやって調整すればいいのか分からない」という方のために、Ubisoft公式からは簡易な「感度計算機」も公開されています。スプレッドシートをコピーして入力してください(左上の「ファイル」から「コピーを作成」)。

もっと厳密に計算がしたいという方には、(三角関数の知識が必要ですが)Ubisoft公式からエイム感度の詳細な公式が紹介されています。

ピン2.0

新たにピン2.0が実装されたことで、マップ上のガジェット情報を味方に共有できるようになりました。

レインボーシックス シージ: 「オペレーション・シャドーレガシー」新コンテンツまとめ(3/5)、ピンシステム2.0/補強ルール変更/サッチャー仕様変更など

これにより、偵察ツール画面でも画面中央に「ピンの照準(白い点)」が出現するようになります。これまでショックドローンなど一部にしか採用されていなかったピン照準が全ドローンに表示されるようになったことで、正確に対象にピンが立てられるようになります。

設定の「全般」タブにある「インターフェース設定」で変えられる

また非ADS時にも同様にピン照準が表示されます。これらのピン照準は「インターフェース設定」から非表示にすることもできます。

バリケードの仕様調整

これまでバリケードは「1回のパンチで破片を6つ破壊して跳び越える」という小技がありましたが、テストサーバーではこの仕様が変更されていました。

最低でも2回殴らないと「跳び越える」が出なくなった

たとえ1回のパンチで破片を6つ破壊しても今後は「跳び越える」が表示されなくなり、2回殴って跳び越えるか、3回殴って破壊する必要があります。

爆弾のデザイン変更

「爆弾」モードに登場する爆弾のデザインに微調整が入りました。

爆弾のフレーム部分が塞がれた

これまではフレームのすき間から覗き見ができたことで、全マップ共通の便利なオブジェクトとして活用されていましたが、これが塞がれたことにより、今後は主に遮蔽物としてのみ使うことになりそうです。

他にも、ゲームプレイに直接の影響はありませんが、ビジュアル・演出面でさまざまな細かい変更が加えられて言います。ぜひ新シーズン「オペレーション・シャドーレガシー」をプレイし、新しくなったさまざまなコンテンツに触れてみてください。

レインボーシックス シージ: リワーク「山荘」攻略 -プロeスポーツチームNORTHEPTIONコーチamenbo監修-

Source: Rainbow Six Official

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
おまえ
おまえ
9 日 前

爆弾は上部まで黄色いボックスで覆って四角いオブジェクトのようにするべきだった。
今更ながら守るべき爆弾なり人質なりを盾に使うのはおかしい気がする。