『レインボーシックス シージ』”野良連合”代表あきどっぐ氏インタビュー:大炎上事件の裏側 / アナリストの仕事 / チームの今後など

『レインボーシックス シージ』”野良連合”代表あきどっぐ氏インタビュー:大炎上事件の裏側 / アナリストの仕事 / チームの今後など

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー5シーズン4「オペレーション・ネオンドーン」が進行中。

今回EAA!!では、シージeスポーツ競技シーンにおけるAPAC North出場チーム野良連合から、代表のあきどっぐ氏にインタビューの機会をいただきました。シーズン2021に向けての展望や、あの炎上事件の“真相”、シーズン2020当時の出来事などについて、「現時点で話せる範囲」という前提付きでさまざまな話を聞かせていただきました。

野良連合 あきどっく氏 インタビュー

チーフアナリストからチーム代表へ

EAA!!:本日はお忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございます。あきどっぐさんは元々チーフアナリストを務めていて、野良連合の中でも古株のスタッフとうかがっています。元選手やコーチではなく、アナリストからチーム代表になられたのは素晴らしいことだと思います。

あきどっぐ:いえいえ、野良連合は元からデータを重視しているチームですからね。G2 Esports(EU地域のプロチーム)のコーチであるShasさんに感化されたことがきっかけなんですが、世界ベスト4の成績を残した「シックスインビテーショナル2019」でも、アナリストチームが収集したデータをフル活用していました。データをベースに選手たちに作戦を話し合ってもらって、あとは個々のスキルに任せるというのが野良連合の目指すスタイルなんです。

EAA!!:インビテーショナル2019での活躍は、日本のシージ界全体にとって歴史的な成功でしたね。ちなみに、その後の成績が振るわなかった背景にはどんな原因があったと見ていますか?

あきどっぐ:考える人間がどこにいるかというのがポイントですね。アナリストにできることは、100%の戦術を考えるうえでの、10%か20%のピースを出す程度なんです。そのデータを試合中にどう活かすかはコーチや選手たちに任せるしかない。Wokka(元野良連合所属選手で、チームを世界ベスト4に導いた立役者の1人)がいたときは彼がチームの頭脳になっていました。データを与えて、「この対戦相手はこの防衛地点が強く、こんな風に守ってくる」と説明すれば、「ならこっちの作戦こうしよう」といった話が選手同士でできていた。もちろんその後は何も考えなくなったという意味ではないんですが…。インビテーショナル2019のときはコーチと選手、それぞれが戦術の引き出しを用意できていたのが結果につながったんだと思います。

EAA!!:あの頃の野良連合の戦いには、私も配信画面にかじりつく勢いで熱中していました。ところで、現在はシージチームに選手がいない状態です。しかし野良連合はAPAC Northの出場ライセンスを保有していますので、シーズン2021のAPAC Northに向けてこれから新選手を獲得するということでしょうか。

あきどっぐ:申し訳ないのですが、それについては今はお話できません。

EAA!!:分かりました。もしロースターを新しく登録できれば、現在は幻のスキン扱いになってしまっている野良連合の武器スキンもストアに復活するでしょうから、EAA!!としても良いニュースを楽しみにしています。

野良連合のR6 SHARE武器スキン(MP5用)

次ページ:ライセンスの誤解▼

コメント

  • Comments ( 34 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    見るに堪えないインタビュー
    炎上工作云々は情報が開示されてない以上、現状はただのノイズ。そういった情報を我が身可愛さで溢すのは代表として口が軽すぎでは?

  2. By 匿名

    理解できないな
    他の企業が炎上工作してたとか話す場所とタイミング間違えてんじゃないの
    貴族が炎上した時もまず訴訟をちらつかせてたよね
    指摘があったら普通は「調査します」から始めるでしょ
    もう動き方が半●レのそれなのよ

  3. By 匿名

    そのうち脳にチップ埋め込まれて操作されてるとか言い出しそう

  4. By 匿名

    ひでえ記事だな
    自分の非を認めてるように見せかけて要望や非難だけ
    結局自分たちの主張しかしないんだからな

    スポンサー企業やファンの地位評価を下げるだけ下げて最低限の賃金すら払ってなかったってんだから、eスポーツチームとしては論外、ましてやその代表なんか平謝りするしかねえだろうに逆ギレからの「炎上騒動は工作、証拠・詳細はいつかだすよ」なんて誰が信じるんだ?w

  5. By 滝ガレ最高

    滝沢秀明も言ってたけど
    沢山の信頼があっても一度失ったら
    ガンバッても取り戻すのは難しい。しかし
    レインボーシックスシージには熱い
    ソウルを持った野良連合が
    参加して欲しいです。
    上記に書いてあるのは全て心からの本心です。

  6. By fuck

    くだらない記事ですね
    反吐が出る

  7. By 匿名

    火消にもならないクソ記事だな
    買収先の企業の陰謀とかいってるけどその企業から逆に訴えられるだろ
    そんな企業は存在しないだろうからそんなふざけた発言できるんだろうけどな
    こんな記事で火消ししようとする貴族とその犬とこのサイトの正気を疑うわ

  8. By 匿名

    もうどうしようもないな
    早く解散してくれ

  9. By 匿名

    企業云々の話ここで出して大丈夫なんかこれ

  10. By GOATme

    3ページ目にある「とある企業が裏で工作をしていた」
    なんて口が裂けてもこういったインタビューの場で発言すべき
    ではないでしょう。弁護士が立ち会ってる中での話し合いの
    内容なら尚更です。野良連合の現代表の方も社会人なら
    「被害者は私達でこんな酷いことをされました!」なんて
    言うべきではありません。私をはじめとしたファンへのイメージダウンにも繋がりかねます。もっと冷静に、そしてクレバーにチームを建て直して欲しいです。もうイメージは払拭出来ないかもしれません。しかし新しいイメージを定着させる事は可能です。応援しています。

コメントする