VCT:選ばれし「VALORANTインターナショナルリーグ 2023」全30チーム発表、日本からはZETA DIVISIONとDetonatioN Gaming選出

VCT:選ばれし「VALORANTインターナショナルリーグ 2023」全30チーム発表、日本からはZETA DIVISIONとDetonatioN Gaming選出

ライアットゲームズは無料タクティカルFPS『VALORANT(ヴァロラント)』のeスポーツ「VALORANT Champions Tour」で2023年に新設される、VALORANTインターナショナルリーグのパートナーに選出された30チームを発表しました。

インターナショナルリーグ パートナーチーム

VCTでは2023年からインターナショナルリーグが開始され、パートナーに選ばれたチームは参入初期費用なしでリーグに参加できます。一部報道によれば参加チームには最高100万ドルの奨学金とゲーム内スキンが用意されるとされています。2023年のスプリットは3月に開幕し、5月に各リーグの王者が決定します。

各地区で選ばれたチームは以下の通り。

アメリカリーグ

  • 100 Thieves
  • Sentinels
  • Cloud9
  • NRG
  • Evil Geniuses
  • FURIA
  • LOUD
  • MIBR
  • KRÜ Esports
  • Leviatán

EMEAリーグ

  • Fnatic
  • Team Vitality
  • Team Liquid
  • Karmine Corp
  • Team Heretics
  • KOI
  • Giants
  • Na’Vi
  • FUT Esports
  • BBL Esports

パシフィックリーグ

  • ZETA DIVISION
  • DetonatioN Gaming
  • Gen.G
  • T1
  • DRX
  • Team Secret
  • Paper Rex
  • Rex Regum Qeon
  • Talon Esports
  • Global Esports

2023年シーズンは2月に行われるVCT史上最大の国際トーナメント「キックオフトーナメント」で幕を開けます。全パートナーチームがブラジル・サンパウロに集まり、3月上旬に王者が決定します。

VCT 2023のスケジュール

一方で選定から漏れた名門チームも

ライアットゲームズによると、新VCTのパートナーチームに求めた条件は以下の通り。

  • 「常にファンを最優先し、多様性豊かなコミュニティーを称え、プロ選手の支援に全力を尽くす」という私たちのビジョンに賛同する組織
  • 優れたコンテンツ、魅力的なブランド、求心力のあるロスターを持続的に展開することでファンとの深いつながりを築いてきた組織
  • 長期的視点を持ち、事業継続性を意識した経営をしている組織

反対に、過去の競技成績は決定的要因とはしていないとのこと。実際に「VALORANT Champions 2022」で準優勝のOpTic Gamingや4位のFunPlus Phoenixなどが選定から漏れており、ファンからは動揺が広がっています。

今回選ばれなかったチームもChallengersとアセンショントーナメントで勝利すれば、翌年以降のインターナショナルリーグに2年間昇格する権利が与えられます。しかし初年度からチームへの支援がなく賞金も低下する影響は大きく、Ghost Gamingのように撤退を表明するチームが今後出てくると予想されます。

同じくパートナーに選ばれなかったCrazy Raccoonも、解散を含めて今後を検討すると報告
  • タイトル:VALORANT(ヴァロラント)
  • 発売日:2020年6月2日
  • 対象機種:PC(Riot Games
ソニー(SONY)
¥10,830 (2022/09/28 22:44時点 | Amazon調べ)

Source: Valorant Esports

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    Opticとかの海外チームはまだしも、CRって言っちゃ悪いが配信人気のチームってイメージだからなぁ
    選考理由見る限り、競技シーンとしての長期運営考えてるって事だから、いつ凋落するかも分からない不安定な配信人気だと仕方無い気もする

コメントする