[休憩] じゃあ本物の次世代AK47、「AK-12」を見てみよう

[休憩] じゃあ本物の次世代AK47、「AK-12」を見てみよう

第5世代AK小銃「AK-12」の動画が公開されました。基本的なメカニズムはAKシリーズを踏襲しつつ、各部のデザインが変更されています。アタッチメント用のレールがてんこ盛り。

Experts Test New Kalashnikov, AK-12

『AK-12』の主なスペック

  • 左右から操作できるチャージハンドル
  • 口径:5.45x39mm(AK-74など)・5.56x45mm(NATO諸国)・7.62x39mm(AK-47など)の各ライトモデル(7.62x51mm(FAL、G3など)を採用したヘビーモデルも予定)
  • ライトモデルは60発のクワッドスタックマガジンを装着できる
  • 小さな排莢ポート
  • 新型セイフティ
  • 新型射撃モードセレクタ(単発、3発、フルオート)
  • 従来より強化されたトップカバー
  • ピカティニーレール
  • 折り畳み式伸縮ストック
  • エルゴノミクスを考慮したグリップ
  • NATO規格準拠の22mピッチのネジを利用したマズルブレーキ
  • ライフリングの改良

AK-12が「第5世代カラシニコフ・ライフル」となっているのは、AK-47を第1世代と据え、第2世代をAK-74、第3世代をAK-74M、第4世代をAK-1xx、と位置付けているからとのこと。

ちなみに新型なのに数字が減って“AK-12”と命名された理由は、「2012年製造開始だから」という、なんだか豪快かつシンプルな理由です。

コメント0
CATEGORY :

コメントする