Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area  F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

ユービーアイソフトは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』を丸パクリしたと巷で話題となっている『Area F2(軍事地域F2)』をストアで配信しているとして、AppleとGoogleを提訴しました。

ユービーアイ、動きます

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

eスポーツ界隈の看板作品の一つに名を連ねる『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ですが、これまでも様々ないわゆる「コピー品」と呼ぶしかないスマートフォン用アプリが登場してきました。中国のアリババグループが買収した香港を拠点とするEjoy.comが開発した『Area F2』は、先月4月16日にオープンベータを開始。

こちらもどうみても『レインボーシックス・シージ』の「パクリ」としか言えない作りとなっており、オープンベータが開催されていない日本でも話題に上るほどでした。

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area  F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

当然、自分たちが5年もかけて育ててきたタイトルを丸パクリされて喜べるはずがないユービーアイソフトは、『Area F2』をそれぞれのプラットフォームで配信しているAppleとGoogleに取り下げを要求しました。 しかし、両社がその要望を断ったとして、ユービーアイソフトはアメリカ時間の5月15日金曜日に、ロサンゼルスの裁判所にて両社を相手取り提訴しました。

UBIのコメント

Bloombergは、ユービーアイソフトが提訴の際に提出した資料に記されていた言葉を以下のように報じています。

アリババグループ擁するEjoy.comによって開発された『Area F2』は、異論を挟む余地もなく『レインボーシックス・シージ』の「ほぼ丸パクリ」です。 『レインボーシックス・シージ』は世界で最も人気のある対戦型マルチプレイヤーゲームであり、ユービーアイソフトの最も価値のある知的財産です。『Area F2』はオペレーターの選択画面から最終スコアのリザルト画面まで、その間のありとあらゆる全ての要素を実質的にコピーしています。

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

Bloombergがこの件についてGoogleにコメントを求めたところ、緊急コメントはなし。Appleとアリババにもコメントを求めたものの、営業時間外だったのでコメントはなしとのこと。

Ejoy.comがまさかの反論

一方、ゲームアナリストのDaniel Ahmad氏がツイートした内容によると、『Area F2』の開発元Ejoy.comは以下のように公でコメントしているとのことです。

「Area F2は独自に開発されたものであり、これまでに2年間もかけて開発しています。著作権侵害は犯していません。当社はユービーアイソフトをリスペクトしており、当社のリーガルチームはすでに彼らと話し合いを始めている」

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
独自に開発されたArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
著作権侵害はしていないArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
リーガルチームが存在するArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
ユービーアイソフトをリスペクトするArea F2

『レインボーシックス・シージ』のグラフィックやルールどころか、ドローンや銃のリコイル、キャラクター、ラペリングなどまさにありとあらゆる要素が丸パクリしたと言うしかないほど似通っている『Area F2』。果たしてこの裁判は一体どのような着地を迎えるのでしょうか。

プレイレビュー

なお、『Area F2』は当サイトEAAでも実際にプレイしてレビューしているので、気になった方はぜひご一読ください。

レビュー:どこかで見たようなタクティカル・モバイルFPSゲーム『Area F2』をプレイしてみた

続報

[速報] モバイルタクティカルFPS『Area F2』が突然のサービス終了を発表

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Bloomberg, @ZhugeEX

コメント

  • Comments ( 65 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    画像の説明文に悪意があるぞイーサン

  2. By 匿名

    そもそも競合してないんだから良いじゃん。モバイルで出す気ないんだろ。

  3. By 匿名

    かつて家ゲーにも、戦国BASARAとかいう無双シリーズのモロパクりがあったな。
    しかし、無双のコエテクは訴えないどころか、BASARAやり方を猿真似までしていた。
    その結果、あろうことかBASARAのカプコンに逆に訴えられて、猛将伝シリーズを潰されたっけ。
    無双シリーズみたいにならない為にも、悪質なパクりは積極的に訴えていったほうがいいゾ。

  4. By 匿名

    どうなんだろうね?荒野行動とpubgはバトルロイヤルというジャンルの独占になるからって突っぱねられたけど今回は若干違う争点になるのかな?
    UBIも訴えるからには何かしら勝算があるんだろうけどね

  5. By 匿名

    アウトに決まってんだろこれで丸パクリじゃないとかどんな目してんだ
    荒野行動とかも結局チャイナマネーと双方の都合次第でしかない

  6. By 匿名

    有名実況者も言ってたことだけど、本家が現状スマホ版を出してるわけでもなく、今後出す予定があるのでなければ、パクリゲーからでも興味をもって本家に流れてくるのを期待する方がUBIにとっても得なのでは?

    • By 匿名

      興味ある人なら無料期間にやってるよ
      こんなクオリティの低いスマホゲーにハマるのなんてゲーム機やPCを持ってない人だけだから意味ない
      それにこれを許してたら余計やりたい放題になる事をその有名実況者さんは分からなかったんだろうね(笑)

  7. By 匿名

    荒野行動もあのままだしこういうのはどうにもならないんだろうな。そしてPCコンシューマーゲーは後から盗みに来たスマホゲーに盗まれ廃れ、スマホゲーは盗む先がなくなり廃れゲーム文化は消滅する

  8. By 匿名

    パクりだけど、バグを直さないUBIのシージと比べると、ねぇ…
    結局UBIもシージよりAF2の方に人を取られるかもと思ってやってるわけだし、バグとかチーターとかの対処しないUBIの自業自得な面もあると思うな

    • By 匿名

      論点が違いすぎる
      こういう奴が返金返金騒いでんだろうな

  9. By 匿名

    マッチ開始からリザルトまで流れもUIもほぼ一緒。
    銃のデザインもシージからパクった物。
    チーム分けの色も橙と青。
    オペレーターの能力もほぼ一緒の物が多い。
    モードも爆弾に限っては完全に一緒。
    エフェクトだのサウンドだのが違うからパクりじゃないとかこんなレベルでそんな屁理屈通るか。

  10. By 匿名

    まぁ本家がモバイル版出してないときに出しているのと単純にモバイル版にまとめている点で技術的には優れているから丸パクリではないのでセーフになりそうですけどね

    • By 匿名

      じゃあとあるアニメのシナリオをパクって実写映画を作ったら技術的には異なるし実写だからでセーフになると思うか?
      荒野の場合はテンセントが関わってるから許されてるのであってモバイル出す予定もないUBIからしたらただのパクりゲーという認識でしかないわ

コメントする

*