インディーゲーム

Tagged
休憩:“死”をテーマにしたPS1風一人称サイコホラーゲーム『BVOID』
アスミック・エースより1998年にPlayStation 1でリリースされた、敵や味方どころか、目的さえも存在しない「夢の世界」をさまようという奇妙なゲーム性でカルト的な人気を誇る迷作『LSD』。 そんな『LSD』に多大な影響を受けた、一人称サイコホラーインディーゲーム『BVOID』のクラウドファンディングがIndie...
ソビエト連邦を舞台にする協力型ホラーサバイバルゲーム『DESOLATE』早期アクセスが開始(Steam)
Steamにて、ソビエト連邦を舞台とした協力型のホラーサバイバルゲーム『DESOLATE』の早期アクセス開始されました。本作の舞台はパラレルワールドのソビエト連邦を舞台としており、最大4人のチームで謎に満ちたオープンワールドを探索します。本タイトルは日本語サポート対応済みです。
DEAD DOZEN
先日アルファテストのローンチが延期となってしまった、FntasticスタジオによるPC向け新作ホラーアクションFPS『DEAD DOZEN(デッドダズン)』ですが、開発スタッフの宣言どおり開発進捗がアップデートされ、壁破壊システムのGIFが公開されました。
転生ゾンビホラーFPS『DEAD DOZEN』:アルファテスト開始時間になってもローンチされず、開発陣は沈黙
先日アルファテストローンチ時間を迎えた、FntasticスタジオによるPC向け新作ホラーアクションFPS『DEAD DOZEN(デッドダズン)』ですが、開始時間になってもローンチはいっこうにされず、アルファ開始から24時間後に延期の発表がされました。
新作ホラーFPS『DEAD DOZEN』アルファテスト開始日が延期、1月26日にテスト開始
『The Wild Eight』を開発したスタジオFntasticによるPC向け新作ホラーアクションFPS『DEAD DOZEN(デッドダズン)』ですが、アルファテストが1月26日午前4時(太平洋標準時)より開催されます。当初は1月18日からの予定でしたが「致命的なエラー」の発生により少しだけ延期となり、公式サイトでは...
デスするとグールになって人間を捕食する新作FPS『DEAD DOZEN』ゲームプレイ映像初公開、正式版では日本語対応
『The Wild Eight』を開発したスタジオ「Fntastic」は、PC(Steam)向けの新作ホラーアクションFPS『DEAD DOZEN(デッドダズン)』のゲームプレイ映像を公開しました。アイテムルート、バリケード作成、グールへの転生など、ゲームの主要要素を確認することができます。
DEAD DOZEN
『The Wild Eight』を開発したスタジオ「Fntastic」は、PC(Steam)向けの新作ホラーアクションシューティング『DEAD DOZEN(デッドダズン)』を発表しました。あわせてホラー風味のティザートレーラーも公開されています。
超マッチョなバイオレンスFPS『HELLBOUND』登場
アルゼンチンのインディースタジオSaibot Studiosが、「ゴア」「スピード」「グロテスク」を基軸にしたという新たなPC向けFPS『HELLBOUND(ヘルバウンド)』を発表しました。公開されたティザートレーラーでは、全身傷だらけで、丸太のような腕を持つ超マッチョかつ攻撃的に過ぎるキャラクターが確認できます。
SUPERHOT
先日PC版ローンチを果たした『SUPERHOT(スーパーホット)』ですが、キックスターターページが更新され、開発チームは今後さらなる追加コンテンツや、VR版『SUPERHOT』のリリースを予告しました。
devil daggars
1990年代のFPSとアーケードゲームをインスパイアした、異色のインディーFPS『Devil Daggers(デビルダガー)』がSteam上でリリースされました。深淵のアリーナで悪魔の軍団とエンドレスに戦う、ペースの早いFPSゲームです。
War of Rights
近年のFPS要素を排した、第二次世界大戦FPS『Battalion 1944』が大きな話題を呼んでいますが、未来設定の時流に逆らったFPSはまだまだ存在します。今回紹介するのは、1861年にアメリカで勃発した最初で最後の内戦、南北戦争をテーマにしたFPS『War of Rights(ウォーオブライツ)』です。