リアル

Tagged
【恐ロシア】ロシアの銃制作会社、向かい合って射撃など狂気の生配信デモンストレーション
ロシアの銃器製造会社、カラシニコフ・コンツェルンが行った狂気のデモンストレーションを収めた動画が公開。実弾を使用しているのにもかかわらず、人に的を持たせたり、人質役を人間にやらせるなど、正気の沙汰とは思えない内容が話題となっています。まずは映像をご覧ください。
北朝鮮 EMP
北朝鮮が、EMP爆弾の開発を表明しました。『CoD』シリーズでも登場したためその威力をご存知のゲーマーもいるかもしれませんが、EMP(電磁パルス)爆弾攻撃を受けると、電力網や通信機器の機能が麻痺し、日本全体のインフラを一瞬で破壊。国民生活に甚大な影響が及ぶ恐れがあります。
Full Conceal M3
相手にバレないように銃を隠し持つことを「コンシールドキャリー」と言いますが、スパイ映画ではどこからともなく銃をスッとだし相手を一網打尽にするシーンをよく目にします。今回はそんな「コンシールドキャリー」に最適なロマンあふれる銃をご紹介。まずは映像をご覧ください。
ドローンを運用不能にする銃「Stupor」がお披露目、国際軍事フォーラム2017にて話題に
軍では偵察から攻撃まで、民間では撮影や宅配便、操縦技術を競うレースまで様々な用途での活用が進む無人航空機「ドローン」。近年ではドローン技術が急速に発展をとげており、以前と比べ500m上空を航空するようなドローン製品も個人で簡単に所有できる時代になりました。 2017年にはISIS(通称イスラム国)が一般向けのドローン製...
AK-50
構想から約3年、全AKファンの夢が現実へと一歩近づきました。「世界で最も多く使われた軍用銃」としてギネス世界記録も登録されている「AK-47」の50口径化が着々と進み、初の射撃実験に成功したようです。
overwatch-cosplay
海外で流行の兆しを見せている、お金をかけずにアイデアとノリだけでコスプレを行なうサブカルチャー「バジェットコスプレ」。 『Overwatch(オーバーウォッチ)』にもその流行の波が到達し、ゲーム内のプレイ・オブ・ザ・ゲームをリアルで再現した映像が120万再生を突破するなどかなりの人気動画となっています。
e-Sports スポーツバー
ワールドカップやオリンピック、サッカー観戦、野球観戦、アメリカンフットボール、ラグビー、テニスなどなど、多くの観客と一体となりスポーツ観戦ができることが魅力の「スポーツバー」ですが、なんとe-Sports観戦専門のスポーツバーが、2016年5月に東京は池袋にオープンするとの情報です。
『オーバーウォッチ』の女性キャラ“トレーサー”の完璧すぎるコスプレ登場
先日、勝利ポーズが性的すぎると指摘され、ポーズが変更されることとなった『Overwatch(オーバーウォッチ)』の主要キャラクター「トレーサー」ですが、海外のコスプレイヤーが完璧すぎるコスプレを披露しています。
約4万5千円の“スマホ型拳銃”登場「日常に溶け込む」
アミネソタ州のIdeal Conceal社が、スマートフォンの形をした38口径ハンドガン「Ideal Conceal(理想的な潜伏)」を2016年の中頃に発売すると発表、全米で賛否両論の大きな話題となっています。 銃は2連式の38口径で、サイズはスマートフォンと同様にポケットに入れられる薄さ。価格は395ドル(約4万4...
米軍、脳とコンピューターを接続する技術に70億円投資へ
CNNはアメリカ軍が、人間の脳とコンピューターを繋ぐためのインプラントの研究に6,200万ドル(約70億円)の資金を費やす予定であるという、まるでFPSゲーム『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』の架空の設定が現実となったようなニュースを報じた。
HITMAN REAL LIFE
プレイヤーが現実世界で実際の人間を、ゲームに見立てて操作するという、一瞬なんのことか分からない動画で有名なRealmPicturesが、様々な方法で標的を暗殺していくステルスゲーム『HITMAN(ヒットマン)』版を公開しました。プレイヤーの戸惑いと、プロの暗殺者ならではの殺害方法が楽しいと話題となっています。
キアヌ・リーヴス、実銃でマトリックス並みの戦闘能力を披露
映画「マトリックス」シリーズや「コンスタンティン」に出演し不動の人気を得たものの、東京都内各所でふらついてる姿が発見されるなど、ぼっちエピソードにもことかかないキアヌ・リーヴスですが、リアルに殺人術を身につけているようです。アサルトライフルからハンドガン、ショットガンを次々と切り替え的を破壊、さらには敵に見立てた人形を...